スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治の赤レンガ 尼信記念館


明治時代の小学校に続いて 今日はお隣の市から 明治時代の赤レンガ建築です

尼信記念館正面

この小さなレンガ造りの建物は 尼信記念館
尼信とは 尼崎信用金庫 大正10年に創業した当時の本店です。
明治時代に建築された当初の赤煉瓦をそのまま使って、昭和47年に復元したもので、尼崎に3つしか残っていない、明治時代の赤煉瓦建築の一つです。

平成2年1月5日「尼崎市都市美形成建築物」に指定 されています

節分に狂言を見に行った寺町の近くにあります

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

明治時代の赤レンガ建物
尼崎市の都市美形成建築物に指定されています

尼崎都市美形成建築物

尼信の創立は大正10年 その当時の本店です
創立は大正10年で 記念館のHPに 建物は 明治時代に建築されたと書いてあります

では 信用金庫はありものの赤レンガ建物を利用したのでしょうか

その答えは ここに書いてありました

プレート

真ん中のプレートに由来が書いてありました

大正10年6月6日 有限責任尼崎信用組合(現尼崎信用金庫)創業時の本店事務所。
初代組合長 小森純一翁所有の建物であったが 戦後尼信所有となり 創業時をしのぶ記念館とした。
当初、現在の約50m南に立っていたが 新本店(当時現本店別館)建設に伴い 昭和47年 現在地に写し再建した。
建設時期は明らかではないが、地元の古老の記憶になどによれば 明治30年代にはすでに小森家の建物の一部として建てられていたようで 尼崎に現存する数少ない明治時代の煉瓦造りの建物として貴重な歴史の証人である 引用



小森氏はどういう実業家だったなのでしょうね 個人でこんな建物を建てていたなんて すごいですね

この煉瓦の積み方は 煉瓦の長手の部分を表面に出しての摘み方 長手積みですね

レンガはどこで焼いたものでしょうね

尼信記念館 窓

尼信記念館 側面

尼崎は 大阪に隣接する工業都市というとらえ方をされますが 城下町だったのです

城はもう残っていませんが 別名琴の浦城といって 大阪湾に浮かんでいるような美しい城だったそうです

先ほどの説明版の一番下のプレートです
尼崎城名残の石画おいてあるのですね

名残の石 プレート

あぁ この石ですね

城の石

この説明のプレートの建造した方の名前 川田正夫となっていますが この方名前だけは知っています
小学校時代の友達のお父様で 私の高校の先輩です

たしか醤油関連の仕事をなさっていた人です

尼崎は 江戸時代から 明治 大正にかけて 有名な醤油の産地で 船弁慶の舞台 大物の浦 あたりで盛んに作られていたようです 
当時、尼崎の醤油は「尼の生揚げ」と呼ばれ、独特のウマ味と高い香気を持つ優れたものでした

太平洋戦争後 いつしか作られなくなってしまいました

昭和60年 それを惜しんだ人たちが保存会を作り 幻の醤油を「尼の生醤油」として復活させました

そういう醤油の歴史を書いた本「日本の醤油」「尼の生揚ものがたり」という本を書かれたのがか川田さんでした
震災の少し前でしたが その頃勤めていた店の社長が ライオンズクラブで講演を聞き その本を買ってきて持っておられたので お借りして読みました

尼の生醤油は 色は薄いめですが しっかりとした香りのあるおいしい醤油です
 
尼の生揚は、「寒」に仕込み、愛染祭から土用にかけて搾取する低温短期で、腐造すれすれの塩分で仕込みます。
現在実際に製造に携わっているのは龍野のヒガシマルのようです

以前は 猪名川町にある尼崎市の高原ロッジによく行っていたので そこの売店で買ってきて使っていましたが 高原ロッジも財政難で売却され 行くこともなくなって 生醤油 しばらく使っていないですわ

ちょっと脱線してしまいました

この記念館の中には入れませんでしたが この建物の後ろに 尼信博物館があります

尼信博物館

ここ 2階では 城下町尼崎展、およびコイン・ミュージアムは常設展示しています

戸田氏によって築かれた尼崎城はその後青山氏4代 そして 正徳元年(1711年)桜井松平忠喬(ただたか)が4万6千石で入り、以後桜井松平家の支配が7代と続き幕末を迎えた。最後の藩主は忠興(ただおき)です
桜井氏は 松平氏の出で 徳川の一門なのですね

尼崎城城主展
 
桜井氏系図尼崎のお城は 明治の廃城令で 取り壊されました
桜井氏歴代城主を祭る桜井神社というのが市内にあります

所で 展示場の写真の中央に写っている家紋 九曜紋ですね
これ 私の実家と同じだわ

桜井氏ゆかりの分家の方と知り合いだったのですが その方曰く 「団子三つもらって分家した」
どういうことかよくわからなかったのですが 本家は九曜紋で 分家は 三ツ星だったのかな

松平家は葵の紋章だけれど 桜井家は 九曜を使っていたのですね
九曜は戦国大名では細川氏の紋だったと思うけれど 私のところは細川氏とも桜井氏とも関連なしですわ
そうそう 美智子皇后の正田家も確か九曜 そうそうたる名家が九曜なのに 我が家は・・・紋だけが立派だった





ずいぶんと脱線だらけの記事になりました

尼崎城は 明治にきれいさっぱりと壊されて 今はほとんど当時をうかがわせるものは残っておらず わずかに城内という地名があり 城内中学校があります

一度城跡と桜井神社に行ってきたいと思っています


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね




カメラ機種名 Canon PowerShot S95
撮影日時 2011/02/03



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。