スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉱石の道の旅 最後に 1円電車に乗りました



兵庫県生野銀山を中心とした鉱石の道をたどる旅 いよいよ最終章です
乗り物好きにマニアックな人気のある明神電車 通称 「1円電車」に乗せてもらいました

一円電車(明神電車)とは

乗車料金が1円なので「一円電車」の名前で親しまれた。正式名称は明神電車である。
昭和20年(1945年)に、鉱山従業員の通勤用として運行を開始。昭和62年(1987年)明延鉱山の閉山によって廃止された。
客車には、「くろがね」「白金」「赤金」などの名前がつけられ、明延鉱山から神子畑選鉱場までの約6kmの区間を運行していた。
平成19年(2007年)11月30日公表の近代化産業遺産認定遺産リスト(経済産業省)において、「明神電車と蓄電池機関車」が選定されている。
同年に開催された「第1回 ふるさと明延まつり」では、一円電車用に仮軌道を敷設し20年ぶりに運転を行い、好評を博した。
あけのべ自然学校HPより引用



2010年秋より常設展示がされ 月一回の定期運行を始めています
この次は 7月3日 です 詳しくは こちらを見てね 

1円電車

この電車は 鉱山から選鉱所まで鉱石を運ぶん尾が主目的で 通勤の労働者も乗せ通学や買い物に行く家族も乗せるようになったのです
1円というのは 運賃ということでなく 何人乗車したかわかるように1円ということになったそうです

当時と同じ硬券が用意されていました もちろん1円払っていただきました

朝からいろいろなところを見て回り時間が押してきて 此方に到着したのはもう5時前 冬の陽は もうほとんど山の端に・・

みんなもう乗りたくてたまりません 大はしゃぎです



この日 新しく用意したカメラPowerShot S95には 予備バッテリーを一つ用意していたのですが この時点でなくなってしまいました
で 其れまで使っていたG10も持って行っていたので G10で撮影しています
S95ha小型軽量化するためにバッテリーも小型になり G10のバッテリーの半分の容量しかないのです

かえってすぐにもう一つバッテリーを買いました

アルバムに写真を入れています
見てくださいね

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!




いかがでしたか
世界遺産石見銀山も素晴らしいですが 兵庫県にもこんなに立派な鉱山があったのです
いま 兵庫県は鉱石の道 銀の馬車道と産業遺産を観光資源にといろいろ考えて企画しています

このツアーも県からの委託で開催されたのでした

公共交通手段ではちょっと行きにくいところですが 車のある人は 夏休みなどお子様といかがですか

素晴らしい旅行を企画してくださった 「J-heritage」さん 有難うございました
また 楽しい企画お願いしますね

興味ある方は HPご覧くださいね MIXIでも 近代化産業遺産・廃墟J-heritage というコミュがありますから そちらからどうぞ

では これで鉱石の道をたどる旅 全7回 おしまいです
最後まで衛見てくださってありがとうございました
 
次は何をアップしようかな 
尾道の旅もそのままだなぁ・・


カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2010/12/05
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 兵庫県 | Genre: 地域情報

コメント

NoTitle

まだまだ続く取材写真日記ですね(^0_0^)
次が楽しみ!

2011/06/18 (Sat) 04:49 | えいちゃん #- | URL | 編集
NoTitle

今でも1円電車なんですね。これだけ豊富な写真で紹介いただけると、自分も行ったような気分になりますよ。

2011/06/18 (Sat) 22:52 | なりひら #SIg7oyDA | URL | 編集
お返事です

えいちゃんへ

次は世界遺産 奈良の薬師寺です 行きたいと思いながらいっていなくて やっと昨年の秋に行ったのでした
近鉄沿線は本当に私のところからは遠いのだわ

なりひらさんへ

一応1円電車です でも カンパ箱があったと思います
私2回も乗りましたよ 楽しかったです

2011/06/20 (Mon) 20:04 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。