スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼崎大覚寺で奉納狂言 「節分厄払」


今年の節分は 暖かかったですね
一昨年は 雨の中 宝塚中山寺で歌劇団の節分歌劇を楽しみ 昨年は 神戸長田神社で 古式ゆかしい追儺式 松明を持った鬼の舞いを見てきました とっても寒い日でした

今年はどこへ行こうかなと ネットで検索してみました
すると お隣の尼崎市で節分に狂言を奉納するお寺があるのを知りました

近いです バスで15分ぐらいで行けます 
で 今年は尼崎の寺町にある大覚寺に行くことにしました

まず 地図を見てね


大きな地図で見る

尼崎市といえば工業都市 それも重工業で煙もくもくというのが私の子供時代の尼崎でした
私は 尼っ子でした といっても一番北部 小学校のすぐ裏手は伊丹市で 郊外の住宅地でした

尼崎は 江戸時代 尼崎藩で 城もありました 琴浦城ともよばれた美しい城だったのです
明治になり廃藩置県で尼崎城は廃城となりました

城のすぐ北に寺の集まった一角があります 寺町と呼ばれています
その寺町でも一番古い寺 大覚寺に行ってきました

阪神尼崎駅の南側の西に寺町はあります

大覚寺は 立派な能舞台を持ったお寺でした

大覚寺狂言コラージュ

では 続きで 「節分厄払い」という狂言の動画をアップしますね

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!

続きです

大覚寺の狂言は セリフのない身振り狂言です
普通狂言は 面(おもて)をつけませんが ここの狂言は面を付けています
セリフがなくて 鉦と太鼓で演じるのです

狂言は 江戸時代に行われていたのですが長い間 途絶えていたのです
それを現住職の祖父にあたる先々代が 昭和28年 戦争に疲れ果てた人たちに潤いをと復活に取り掛かられたのだそうです
京都の壬生狂言の宗家がお弟子さんを連れて3年間 檀家有志に教えに来られ みっちりと稽古をつけられたのだそうです
現在 狂言師は 22名 3代目4代目もいるそうです
演目によっては 子供たちも出るのです 子役はその日は学校を休むのです

では 節分にふさわしい「節分厄払」です

鬼が 後家の家に入り込み 打ち出の小づちを出して 着物やいろいろと与えるのです 
女は 鬼に酒を飲まして油断させ 鬼は寝てしまいます 宝物はとりあげ 豆を投げて鬼を追い払うというストーリーです

最初の部分は 静止画をつないでいます 途中から動画です



演目は 全部で5つ
『節分厄払』 弁慶と牛若丸がであう『橋弁慶』 船弁慶をもとに創作した『大物の浦』 『十王丸』『閣配庁』です

弁慶 義経が多いのは 義経主従が吉野へとのがれるのに船を使いますが その船は 摂津の国大物(だいもつ)からでたのです
大物は尼崎市 寺町からも近いのです
で 義経物が2本ありました

「橋弁慶」「大物の浦」は 次回ご紹介しますね



ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot S95
撮影日時 2011/01/05

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 伝統行事 | Genre: 写真

コメント

NoTitle

この前はコメントが承認されず参りました
今日はどうなのかな?

尼崎に立派な能舞台のお寺が有ったのですね
何時も通っていて場所は知っているのですが
節分にねぇ~
昔、能舞台を組み立てるのにアッチコッチの舞台を見に行ったことが有ります。
料亭のお庭に文化交流のための簡易舞台を!
音響効果を出すための装置の研究もしたけどね。
第一回目の組み立ては、朝日放送から三百年も昔から使っている所作台を借り、演じたのは某人間国宝の人達!
青空舞台だったので天気予報に気がすり減ったことが有ります。衣装に所作台!雨が一番の禁物!終わるまで生きた心地がしなかったのを思い出します。

2011/02/06 (Sun) 10:32 | 栄ちゃん #- | URL | 編集
栄ちゃんへ

今度は私がうまく書き込めなかった
進まないでIEでは表示できませんになって書き込めていなかった

能舞台 三田屋本店にもありますね
以前に颯爽JAPANがディナーショーをしたことがあるのですよ
三田まで どないしていったらいいのかわからなかったから行っていないけれど・・
尼崎のお寺で 立派な舞台を作って続けておられるのはすごいですね
来年もまた見に行きたくなりました

2011/02/06 (Sun) 17:51 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
尼崎市

最近、尼崎市も工業地帯から脱皮しつつありますね。JRの駅前などもそうです。
我が家は、妻と娘が、宝塚歌劇の戦略にはめられて、観劇にとどまらず、有線TVまで契約。わたしなど隅っこに押しやられています。

2011/02/07 (Mon) 01:47 | なりひら #SIg7oyDA | URL | 編集
なりひらさんんへ

奥様と娘さん 歌劇お好きになられたのですね
私は阪急沿線育ちだったので小さいころから宝塚の生徒さんたちを近くで見ることも多かったです
中学の頃 友達同志でみにいっていました

尼崎から工場が撤退していっていますね わが西宮市もアサヒビールがなくなります

2011/02/07 (Mon) 13:36 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。