「鉱石の道」をたどる旅 生野の街並み散策1

今月初めのことですが 「鉱石の道」をたどる小さな旅してきましたた

鉱石の道とは 生野 神子畑(みこはた) 明延を結ぶ 鉱石を運んだ道で 生野 神子畑は現在は 朝来市に属し 明延は 養父市になります

生野銀山の歴史は古く 大同2年(807年)に銀が出たと伝えられています 室町時代以後 織田信長 豊臣秀吉の直轄時代を経て 徳川時代 「佐渡の金山」「生野の銀山」「石見銀山」とならんで天領として 徳川幕府の財政を支えてきました

明治元年 官営鉱山第一号となります
明治政府は近代化を進めるため  外国人技師を雇い入れ 製鋼所を建設 生野は日本の近代鉱山第一号になるのです

明延 神子畑 生野が 鉱石を運ぶ道(馬車道)で結ばれ 国内のスズや銅の主力産地として 日本の近代産業を支えました

いま 鉱山は閉鎖され 街は静かなたたずまいですが 華やかに栄えた時代の名残もそこかしこに見ることができます

今回 近代化産業遺産の訪ねる旅 ヘリテッジツーリズムをする NPO法人「J-heritage」の企画で 「鉱石の道」生野 神子畑 明延をめぐるミニ・ツアーが 催されることを知り 参加しました
「J-heritage」とは 9月の神戸街歩き 生絲検査所でのイベントで知り合いました
その時にこのツアーの企画を知り ぜひ参加したいと思いました
40人募集のツアーは 満席で神戸を出発しました はるばる九州から参加された人もおられました

ツアーの行程は以下です

08:00 全但バス神戸(県庁前)バス停
09:30 ◎銀山まち歩き
11:45 マロニエにて昼食(生野ハヤシライス)
12:30 生野エリア出発→神子畑エリアへ移動
13:00 ◎神子畑選鉱場跡見学(シックナー内部見学、鋳鉄橋、ムーセ旧居)
14:10 神子畑エリア出発→明延エリアへ移動
15:00 ◎明延鉱山跡見学(小休憩、探検坑道、1円電車)
17:00 あけのべ自然学校(終了の挨拶、アンケート記入)
19:30 全但バス神戸(県庁前)バス停

鉱山があるのは 姫路からまっすぐに北へ上がり 県の中央部 背骨の部分です
海抜300mあたりです

地図です
青いマークが 生野銀山街歩き 中央の赤いや黄色が神子畑(みこばた) 青い押しピンが 明延鉱山跡です


より大きな地図で 鉱石の道 生野 神子畑 明延をめぐる を表示

8時に神戸を出発するには がんばって早起きして 行きました

9時30分過ぎに生野着 駐車場には  ボランティアで銀山街歩きの案内をしてくださる朝来市職員の方が待っておられました

生野は江戸時代と明治の洋館建築が 程よく残っている落ち着いた小さな町でした
この建物は 今井邸 江戸時代の地役人の住居です

銀山街歩き 今井邸

お昼まで2時間ほど 街歩きをします

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!

続きです

J-heritageでは 立派な案内リーフレットを作成して配ってくださいました
このリーフレットに沿って 近代化遺産を巡るツアーは進んでいきました
4枚の画像をそれぞれクリックすると 大きく拡大されます

パンフ表紙 パンフp2パンフp3パンフp4

この白くてかわいい建物は 明治19年(1886年)夏 生野警察署として建てられました 
現在は1区公民館として使われています

旧生野警察署

生野の街を歩いていて 驚くのはお寺の多さです
城下町でもない山間の街に 石垣をめぐらした各宗派の寺が連なる寺町の一角があります
日本全国から労働者が集まってきていましたので いろいろな宗派のお寺がたてられたのです

来迎寺

山裾に石垣が続きます

石垣

石垣に見たことのないてかてかと光る黒い石が混じっています
この黒い石は カラミ石と呼ばれ 鉱石を製錬した後に残る滓(おり)を固めたもので 金属をふくんでいるのですごく重いものです 1個100㎏をこえているとか・・

絡み石の石塀

カラミ石は 明治時代中期に多く製造され 1個2銭で売り出されて建築資材として 塀だけでなく敷石や瓦などにも使わていました
青い部分は緑青 銅の錆です
このカラミ石は古い時代の精錬の残滓ですので 最新の技術でもう一度精錬をすれば レアメタルが含まれているかもしれませんよ  

カラミ石

生野の町には 川が流れています その川沿いに大正9年に建設されたトロッコ軌道跡が残っています
鉱石や物資を輸送するため大正9年(1920)に建設された電車(トロッコ)専用道は、生野鉱山本部~支庫(旧生野駅)間の軌道のうち、姫宮神社周辺の市川右岸に面影を残しています。
生野代官所で使われていた石垣の石が市川沿いのトロッコ道に転用されており、連続したアーチは土木遺産として専門家の間で高い評価を受けています。3連のアーチが連なる美しい光景です

トロッコ道

この川も鉱山操業中は緑に濁り魚も住めない川だったのですが 今はオオサンショウウオの住む川になっています
姫宮橋上流の景色です この場所よりももっと上流に鉱山はあるのです

市川流域

生野には日本最初の社宅が現存しています
官営鉱山として運営されていた生野鉱山には東京から官吏が赴任してきていました
明治初期 市内各所に社宅は作られました
生野口銀谷地区に明治9年建設された通称甲社宅は現存しており 解体復元を経て「朝来市旧生野鉱山職員宿舎」として公開されています

今 復元された住宅は 甲7号8号9号 19号の4棟です
7,8,9号棟は 官営鉱山であった明治9年に 19号棟は 三菱の社宅として明治29年に建てられました

この甲社宅で 世界的に有名なあの名優が生まれていたのです
黒沢映画には欠くことのできない名優 志村喬さんは 明治38年ここ生野の甲社宅で生まれました
彼の父親は 鉱山に冶金技師として明治時代から大正時代にかけて勤めていました
彼の生家は今は取り壊されていますが 甲7号社宅を「志村喬記念館」になっています
甲7号棟は志村さんが幼少期を過ごした大正期の造作に復原され、やんちゃな志村少年が暮らした往時の雰囲気を感じることができます。

記念館には、志村さんの生い立ちや代表作、遺品などを展示しています。

志村喬記念館

ここでもボランティアさンが丁寧に解説をしてくださいました
時間がなくて 屋内に入ることができず残念でした

ほかの建物 8号棟は明治時代の建築当初に復元され ガラス窓はありません 9号棟は昭和の設定で懐かしい道具類が置いてありました
19号棟は三菱社宅で 瓦に三菱のマークが入っていました

甲社宅コラージュ

ほかにも興味深い建物を見学してきましたが 今日はこの辺で
続きは明日 生野の街づくり工房 他をご案内します

新聞記事追記

この日 神戸新聞の取材が入っていました 街歩きに記者が同行して 写真を写していました
6日の朝刊に掲載されたそうです
私は新聞を買わなかったので知らなかったのですが 同行した人がMIXIのコミュに載せてくれていました。
ばっちり写っていました お~ はずかし~~


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot S95
撮影日時 2010/12/05



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 兵庫県 | Genre: 地域情報

コメント

NoTitle

リンクさせていただきました、ありがとうございます!
生野銀山へは夏に行ったことがあります。
真夏でも中は13℃、ひんやりとしていました。
バイク(後ろに乗っけてもらって)だったので、町は素通り、惜しいことをしました。今度またゆっくり歩いてみたいものです。
志村喬記念館、行きたいです。
特に7人の侍、何度見てもいい映画ですね!

2010/12/21 (Tue) 19:33 | mogumogu #- | URL | 編集
mogumoguさんへ

史跡生野銀山にいかれたのですね 私はあそこはレストランマロニエで生野のB級グルメ ハヤシライスを食べただけで 坑道は 明延で入りました やはり中は年間12度とか言っていて お酒やしょうゆを保存していましたよ
明延や神子畑は鉱山関連の遺産以外何にもないですが 生野は街並みが残っていていい街です
ぜひいかれるといいですよ 
この社宅以外にも整備して復元して資料館などになった町屋がいくつもありました

2010/12/22 (Wed) 13:47 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
行ったことあるよ♪

小学生の時に林間学校の途中だったかに寄って鉱山跡を見学しました。

周りにもいろいろあるんだね~♪

2010/12/22 (Wed) 23:03 | kuu #ocvBXDC. | URL | 編集
NoTitle

生野銀山、素敵な建物が保存されていて、いいですね。そして、銀山があったころには濁っていた渓流が、今は信じられないくらい美しくなっていますね。

レトロで純朴な風景に心が洗われました。TOSSYさんのお姿を見ることもできましたし♪

2010/12/22 (Wed) 23:42 | ノエル #JalddpaA | URL | 編集
お返事です

kuuさんへ

鉱山跡に入られましたか
私の小学校の時はまだ操業中で 社会科で 習いましたね 生野は鉱山で 豊岡は鞄 龍野はしょうゆとソーメンとかね 
小学校兵庫県でしたから地場産業のこと習いました

ノエルさんへ

私も行くのは初めてで この先にスキー場があるので通り過ぎる街だったのです
生野の公害というか 鉱毒はいろいろ聞いたような記憶があります
案内してくださった方はまだ若い人でしたが その人も小学校の頃は川は濁っていたといっておられました
今は 大サンショウウオが住む川です
川はきれいになりましたが 産業がなくなったわけですから 人口はずいぶんと減ってしまいました 
いま 観光にずいぶんと力を注いでおられます 書くことでお手伝いっできるかなと書いています

恥ずかしげもなくお見苦しい姿をさらしております

2010/12/23 (Thu) 00:48 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
J-heritageの前畑です

ツアー参加ありがとうございました!
あの強行ツアーでこれだけ素晴らしい写真を撮られるなんて、素晴らしい。
今後も鉱石の道ツアーを開催したいと思います。
また、来年度は水・電力系ヘリテージも実施したいと思いますので、ご参加ください。

2010/12/23 (Thu) 05:22 | Jheri_maefa #- | URL | 編集
Jheri_maefaさんへ

できれば一週間以内にアップという事でしたがこんなに遅くなってしまいました
このシリーズできれば年内にアップしておきたいのですが ちょっと無理かもです
写真の多さは もう 早打ちTOSSYと名乗っています

ヘリテッジツアー 大変楽しいでした 足手まといにならない程度のコースなら また 参加したいと思っています
よろしくお願いします

2010/12/24 (Fri) 23:46 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する