鳥居本宿場まつり3 鳥居本宿の合羽


とりいもと宿場まつり vol.3です

昔 中山道を旅する旅人に人気のあった 赤いものが3つ 鳥居本にはあります
一つは 鳥居本宿の雨合羽
カッパという言葉は 漢字で書くと 合羽 これはポルトガル語の capaからきた言葉です
宣教師がまとっていたケープですね

当初は ラシャ(羊毛の生地)を使った豪華なもので 新いもの好きの織田信長も着ていたそうです

ここ鳥居本で作られていたものは 雨合羽 
糸をすきこんで丈夫にした和紙をくしゃくしゃともんで柔らかくし 柿渋で防水を施したもので 雨の多い木曽路に向かう旅人に大変喜ばれて旅の必需品でした

最盛期には 25軒のカッパ製造販売業者が軒を並べていました
明治に大賞になっても全国に出荷をしていたそうです
その時は このかわいい駅舎から 荷物は出て行ったのですよ

そんな カッパ製造のお店だった天保3年創業の木綿屋さんには 合羽の形をした看板がありました

この道が旧中山道(きゅうなかせんどう)です 1日中山道ではないですよ 読み間違えないでね

木綿屋

軒下に番傘のような形のものがぶら下がっていますね あれが看板です

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!



続きです

こんな説明版がありました 街道歩きの人が増えて 案内板も整備されてきています

NHKの「てくてく街道歩き」の番組で一番最初に歩いたのが 中山道 スケートのテッシーさんでした
あれを見て 私は中山道の宿場を訪ねるきっかけになったのでしたわ

木綿屋 案内札

隆盛を極めた合羽製造業者さんも 戦後はビニールなど化学製品の登場で あっという間に 廃業
昭和33年には 完全に消滅し 今は看板が残るだけになりました

今は出版の仕事をしておられる木綿やさんの中に入れていただきました

木綿屋2

ここ木綿やさんはシートのようなカッパを製造されていたそうですが 中に当時のものが展示してありました

この道中着 昔のものだそうです
ぴかぴか 和紙でできているなんて信じられない美しさです

雨合羽

着物のかたち 現在の道行きコートの形のものは武士階級が着用し 縞柄のケープは 遊び人 あんかけの時次郎や 「あっしにはかかわりはございやせん」の木枯らし紋次郎がきていましたね

百姓などは 藁のカッパ 町人も 簡単なカッパを来たようです
こんなのを ほかの元カッパやさんで展示していました 複製でしょうね

画像の上にマウスを重ねてください 裏側の画像に代わります




再び木綿やさん
江戸時代の宣伝 引き札や 雨の日の旅人を描いた浮世絵などが展示してありました

引き札

合羽やさんの看板は 正しくは 屋根の上にあげて目立つようにしてあったのだそうです
こんな具合にね

合羽看板 松屋

この看板は現役です 看板には 包装資材 包み紙紐荷造り材料一式と書いてありました

この松屋さんの写真は以前に移していた分です 今回 ここは写していませんでした
今年は宿場まつりとテーマカラー 赤い布でかざっていました

鳥居本と赤は 切っても切れない中なのです

江戸時代 3つの赤が名物でした 「鳥居本宿の三赤」といわれていました

一つは 柿渋で染めた赤い雨合羽 鳥居本スイカ そしてもう一つ 頼りになる旅のお供 赤玉神教丸 です
赤玉神教丸は 鳥居本で 今も製造販売されている胃腸薬です

次回は 神教丸の有川家をはじめ 古いたたずまいの宿場町 ご案内しますね

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2010/10/03


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 滋賀県 | Genre: 地域情報

コメント

色々勉強になります!
でも頭が悪くてすぐにわすれちゃう…
鶴の飾りもの?何て云うのかな?
初めて見ましたが昔からそんな風習があったのでしょうか
木綿やさんの屋号かな?

2010/11/30 (Tue) 18:57 | ダイナ #- | URL | 編集
ダイナさんへ

大きな折りヅルをつないで飾ってある分ですか
奈良の庚申さんの身代わり猿を連想させられますね
この折りヅルを飾っていたのは 寺村さんです 旧本陣と同じ苗字ですね
木綿屋というのは屋号だと思います
この家の紋は暖簾のものですね 見たことのない紋です

2010/11/30 (Tue) 19:48 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

なんだか遠い昔が忍ばれる風景ですね。今なら一足飛びの旅でしょうが歩いて旅する醍醐味が想像できますね。
おおきに!(*^_^*)

2010/12/02 (Thu) 04:25 | 栄ちゃん #- | URL | 編集
栄ちゃんへ

今もてくてくと歩く人が最近は増えているようです
私は宿場だけをちょっと歩きます

今度は草津宿に行ってこようと思っています
以前に行った時はハスの花を見に行っただけで町並みには行かなかったから・・

2010/12/02 (Thu) 17:40 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
NoTitle

鳥居本の木綿屋です。いろいろご紹介嬉しく存じます。暖簾には家紋を染めており、「ならびへいし」という紋で二つの酒器(とっくり)がデザインされたものです。我が家は家紋どおり、皆日本酒好きです。

2010/12/08 (Wed) 09:13 | 木綿屋嘉右衛門 #- | URL | 編集
木綿屋さんへ

、「まるにならびへいし」 珍しい紋章ですね
ご先祖様も お酒をお好きだったのでしょうか

孔版画 ここで紹介できませんでしたが素敵でした
とっても暖かいですね
孔版って いわゆるガリ版ですよね
プリントごっこで年賀状を作っていたのを思い出しました
あの宣伝ポスター類は実際に使われたものなのでしょうか とってもモダンです

2010/12/09 (Thu) 00:50 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する