淀川河畔風景


前回 淀川河川公園のコスモス園のご紹介をしましたが 今日は コスモス抜きの河畔風景です

淀川は 琵琶湖を水源とし 大阪湾に注ぐ一級河川で 昔は 大川 中津川 神崎川と3つに分かれて大阪市内を流れていたのですが 大川の氾濫で大阪市内がの被害がひどかったので 明治中期に毛馬洗堰を建設して大川を堰から分流 中津川にまとめたのです それが現在の淀川 新淀川という呼び方もします

現在の十三大橋がかけられたのは 1932年(昭和7年) 白いアーチの美しい鉄橋です

左側が十三大橋 右側はNTT十三専用橋 通信線専用橋です

十三大橋とNTT専用橋

ところで 十三と書いて じゅうそうとよみます
亡くなられた藤田まことさんの歌で 「十三のねえちゃん」というのがありますが 十三は下町の歓楽街なのです

続きで そんなところも少し紹介しますね


続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!

続きです

前回 ご紹介したように ここに橋のかかる前は 渡しがありました
初代の橋が架かったのは 1878年 木橋で中津川にかけられました
その頃は こんな幅のある川ではなかったのです

十三渡しの跡

ここには こういう風にかいてありました

十三の渡し跡

大阪から西に向かう中国街道沿いに十三はあります
十三には 街道を通る人たちが淀川を船で超えるために利用した渡し場があり、十三渡しと呼ばれていました。ここは川のきたがわの乗り場があったところで、渡し舟を待つたくさんの人でにぎわいました。
休憩す売るための茶店などもあり、今も残る十三焼餅は、当時のにぎやかな様子を伝えてくれます。
明治11年(1878)に 十三橋という木橋ができたため渡しはなくなりました。 さらに 明治42年(1909)に完成した淀川の大改修で川幅がひろがったため 川の南側の乗り場は川底になってしまいました 



古い地図です 現在の川幅部分を水色に塗っていますが 随分とひろがったのですね
曲がっていた川をまっすぐに付け替えたのですね

古地図

橋がかかるまでは 船での渡しで その渡しが摂津の国にはいっての淀川水域での上流から13番目の渡しだったので十三という地名になったという説があります
もう一つの説は 古代の条里制で13番目というものですが はっきりしないのです

十三大橋の親柱です 欄干には 歯車をモチーフがのこっています
十三大橋は 巾員は20m 中央部には市電も通せるえっけいになったいるそうです
作られた当時は ものすごく大きな幅の広い橋だったのですが モータりーぜーしょんの時代には ここは 大坂旧市内に入るネック部分で絶えず交通渋滞を起こし 現在は南行きの一方通行になっていて 北行きは 新十三大橋(十三バイパス)が少し下流にかかっています

十三大橋 欄干

この橋の少し下流に我が母校があり 冬には堤防を走るマラソン大会を昔からしています 私の走った年度はこの十三大橋 下流の淀川大橋を渡り 両岸を走るコースで この橋を走って渡ったのを覚えています
今は対岸には渡らず 河川敷のコースの折り返しでしているようです
マンガの神様手塚治虫も 橋下知事も 有働アナも走ったのです
偶然今夜 クイズヘキサゴンんに現役生が出ていましたわ 

淀川河畔には 自然が残っていて珍しい野鳥なども見られますし 対岸のビル群も眺めることのできる眺望スポットです

毎年夏には大掛かりな花火大会が開かれ 40万人からの見物客で河川敷は両岸ともひとで埋まります

河川敷では この日も 少年野球チームが練習をしていました
アーチの向こうに見えている橋が 新十三大橋 十三バイパスです
十三バイバス下流から 淀川大橋までが淀川花火の会場になります

淀川河川敷 NTT専用橋

対岸に スカイビルが見えています
随分と川幅があるのに 水たまりにスカイビルが写っています 不思議!
これは 10がつに写した写真 雨上がりの日でした 今回の写真は 10月29日と11月6日にさつえいしています

水たまりに写るスカイビル

では 阪急の鉄橋をくぐって 上流部分の河川公園に行きましょう

阪急の鉄橋は 3本かかっています 上流から 京都線 宝塚線 神戸線です
真ん中の宝塚線の鉄橋が一番古い橋です
阪急十三駅は 乗換駅なのです

鉄橋を走る阪急電車 神戸線

橋脚には ご多分に漏れず 落書きアート

橋脚の落書きアート

京都線鉄橋です

阪急淀川鉄橋 上流側から

そして前回ご案内したコスモス畑にでるのです

コスモス畑

河川公園は ずっと上流まで あります

コスモスはほんの一部分 自然のままの わんどの残っている区域や 芦原の広がっていル区域などあるのです

ここまではながいながい前振り ここからが 見ていただきたかった景色です

セイタカアワダチソウ

ススキも 

右側のアーチ鉄橋は 新御堂筋にかかる新淀川大橋 白いアーチは 長良橋

ススキと淀川

この上流の鉄橋の手前のススキ アシ は 京都の業者さんが刈り取って かやぶきの材料になるのだそうですよ
淀川の葦は 昔から有名で 雨月物語だったかにも出てきましたし 古来 葦笛のリードを作る材料にもなっています
和歌で 難波にかかることばは 葦です

川の岸には こんなベンチがありました
アートですね 私は豚に見えました

波打ち際

この近くには いわゆるブルーテントがいくつもあります
とても飾ってあるのもありました
そういうところで見たあーと 淀川のごみを使ったアートです

ごみアート

そういえば 水都大阪展のとき 中の島でも見ましたわ (ここ 参照

渡し舟はなくなりましたが 釣り人のための船着き場はあるのです
そこからこんな風景が 見えました

赤い灯 青い灯の十三の飲み屋街から10分のところに こんな風景があったのです

十三船溜まり

十三淀川河畔

大都会の片隅に残った自然 今度はもう少し上流にも行ってみたいです

アルバムiしていますから スライドショーで見ることができます
画像はもう少し大きくなっています




ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2010/11/06
レンズ TAMRON AF 18.0 - 200.0 mm

カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2010/10/29


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する