スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独創的なデザインの神戸市立生絲検査所


神戸近代建築めぐりツアー いよいよ最終目的地の旧神戸市立生絲検査所にやってきました

なかなか 立派なたてものですね 今は空き家です

でも この後の使い道はもう決まっています

旧神戸私立生絲検査所 正面全体

この神戸市立生絲検査所は 2008年まで隣接する国立生絲検査所とともに「農林水産消費技術センターとして使われていましたが ポートアイランドに引っ越した後 神戸市が買い取り デザインクリエイティブセンターとして使われることが決まっています

この日もここは 若き芸術家たちが 作品発表の場として使っていました

では そんな作品も見ながら内部見学ツアーです

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

旧神戸市立生絲検査所は 1927年に輸出生糸の検査を行う施設として建設された独創的な意匠の近代ビルです
入り口部分のアーチです


ふつうアーチは半円形なのですが このアーチは 少しとがっています 尖頭アーチといいます
ゴシック風です

旧神戸市立生絲検査所正面玄関アーチ

アーチの上になんだか仮面のようなものが5つ並んでいます

奇妙な怪物 ノートルダム風ですかぁ?

旧神戸私立生絲検査所 玄関

もう少し寄ってみま~す
ますます 奇怪 

モチーフのモデルは お蚕さん

これは 蚕の頭をイメージしてデザインされたのだそうです
生絲検査所ということで 大切なお蚕さんをデザインしたのですね

生絲 SILKは 戦前の日本において主要な輸出蚕業でした
国策として 製糸業は奨励され 外国に輸出して 日本は 軍備を整え国としての力を蓄えて行ったのです
「あぁ 野麦峠」ですね

生絲検査所は輸出する生絲の品質を保つための検査機関だったのです 
明治28年 横浜と神戸に生糸検査所が設置されることになりました が 業績不振から 明治34年 神戸は閉鎖されました
大正12年関東大震災で 横浜は壊滅的な被害を受け生絲の輸出ができなくなり 生絲輸出の舞台は神戸に移りました
昭和2年 生絲の輸出は検査所での検査した正量によることになりました
そしてこの建物が 立てられました

地上4階 地下1階の5階建て 竹中組が請け負って建設しています
竹中組 現竹中工務店は 神戸の企業で 建築博物館もありますよ

玄関ロビーです
振り分けで階段があります 階段の手すりの柱 何というのかしら 立派なソフトクリームみたいですね
てっぺんはチューリップの花みたい

玄関ロビー

こちらは2階階段ロビー 

階段室

エレベーター室です
エレベーターの運行表示板は 時計のような針式ですよ

エレベータ

建物は 旧館(神戸市立)と新館(国立)が」つながっていまして 長い廊下を行ったり来たり 私は案内人の後ろを歩いてついていくのが精いっぱい

どこにいるのかなぁ
階段の手すりの柱頭は階によって違うのね 船室みたいな丸窓があるわ
赤や黄色は 芸術イベントをしているのでその展示です

階段室

長い廊下を歩きました ここは 新館部分だったような記憶・・・?

生絲検査所廊下

そして 突然こんな広い空間に出てきました

検査室

コンベアかな ぐちゃぐちゃ いろいろあります

E_20100904_164.jpg

天井にもパイプが張り巡らされています
影が面白い

パイプの影

このあたりから 外に出れたような記憶・・ 
バルコニーのような場所から ちょうど税関の塔が真ん前にみえました

神戸税関東玄関

飛行機雲がきれいだったのです
写していて まわりをみたら グループの人は誰もいなくなっていた・・・

写していたのはよその写真グループだった

あわてて広い部屋に戻っても姿は見えず 声もせず
だだっ広い古いビルです 迷子になってしまいました

いろいろな扮装をした人がやってきます
私が入ってきた玄関ではないんです 新館の入口だったのでしょう

コスプレの集まりもあるようです
写真を写しています

コスプレの人

10月いっぱいはいろいろなイベントに使われるようです

そろそろ 旧館3階の大会議室で講演が始まります 戻らなきゃ
来た道を戻ればいいのでしょ 一人で何とか戻ってきましたよ

この部屋は 旧館で唯一冷房機がある部屋なのでした

イベント始まり

あとから戻ってきたメンバーに聞いたら地下室見学していたのだそうです
けーたいで聞けばよかった・・

イベントは サブカルトークナイト
「サブカルトークナイト」
旧神 戸生絲檢査所ビル本館第一会議室にて映像を投影しながら、近代建
築、廃墟、都市風俗などを語るトークショーを開催。近代建築である生 糸検査
所ビルの内部も見学できます。

まず 各地の秘宝館の見学撮影をして映像作品を作り上げた笹谷遼平(映像作家)さん
一昔前は観光地の周辺に「秘宝館」なるものの看板が でかでかとありましたが 見なくなりましたね
入ったことはもちろんないので ちょっと興味がありましたわ

そして 近代化産業遺産を冒険旅行 もしくは観光旅行をしているNPO法人J-heritage の ちょっと見には行けないような場所の映像と話 面白かったです  

いま開催されている船坂ビエンナーレのイベントとして 同じメンバーでのトークショー および J-heritage 松村真人さんの福知山線廃線ハイキングが10月30日に企画されています


●福知山線廃線ツアー
時間:10時~  場所:JR武田尾駅集合(500円)
7爺こと松村真人(講師)、NPO法人J-heritage
※弁当持参 懐中電灯 水筒 雨具 歩きやすい靴

●サブカル鼎談~都市の裏と表を流れる時間
時間:16時~18時  場所:船坂公会堂(1000円)
北夙川不可止(都市探険家http://chambre.jog.buttobi.net/)、7爺こと松村真人(廃墟探険家)、笹谷遼平(映像作家http://www.sasatani-chez.com/)



私は廃線ハイキングは 春と秋 2度通しで歩いていますが すごい景色で鉄橋トンネル スリルいっぱいです 
よろしかったらアルバムをどうぞ 2006年のモミジです「モミジの武庫川渓谷」

このハイキングにいったあと PCが壊れまして修理に出しました 画像はPCに取り込ん打だけで まだ外付けHDDにバックアップできていなくて なくなりました
サイズを落としてblogにアップしたものとアルバムに入れたものだけがWEB上で残っていました


この後参加者有志で 三宮の居酒屋で交流会をしてお開きになりました
居酒屋の注文は PCの画面のようなものでするのにはびっくりしました

ながながとご紹介しました神戸元町から新港エリア 近代建築めぐり これでおしまいです
気に入ったところがあれば 行ってみてくださいね


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2010/09/04
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 建物の写真 | Genre: 写真

コメント

 面白そうなビルですね~。

 散策しているうちに探検気分になりそうです。

2010/10/27 (Wed) 00:01 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
RKROOMさんへ

古いビルって面白いですよ
ここは二つのビルがつながっていて 探検気分でした

2010/10/28 (Thu) 00:25 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
ツアー

このようなツアーがあったのですね・
おもしろかったでしょう・・・いやいや読ませていただいて本当に楽しいでした。

それにしてもエレベーター懐かしい形ですね。

2010/10/28 (Thu) 22:43 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集

これは MIXIでも告知しているのですよ
船坂ビエンナーレのプレイベントとして行われました
この案内人の伯爵さんは 学生時代から近代建築保存運動にかかわっておられる人で 西宮市でも保存運動をされていて知り合いなのです
最後の写真で立って話している人です

超人的に歩く人なのでついていくのに必死です

2010/10/28 (Thu) 23:01 | TOSSY #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。