スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸旧外国人居留地を歩く3 海岸通りの海岸ビル


神戸旧外国人居留地の近代建築探訪記 今回は 海岸通りのビルのご紹介です

海岸通りは 日本全国 海辺の町にある地名ですね

特に神戸 横浜は有名です 

海岸通りは 英語ではバンド(Bund)と呼ばれていました 
バンドとは、ヨーロッパ人がアジアの植民地において海岸や河岸に設けていた築堤や貨物の揚げ降ろし用の岸壁、海岸沿いのプロムナードなどのことであって特に上海の外灘が有名である
これらの街では、第二次世界大戦前から船会社や荷役会社・貿易会社・銀行などの建物が海岸通沿いに立ち並んでいたため、現在でもレトロビルが多くレストランなどに再利用されたり観光名所になったりしている。Wikipediaより引用



ここは 私の一番好きな神戸の風景

歩道橋から海岸通り(国道2号線)を大阪方面を見ています

海岸通り 

手前のビルが 海岸ビル 向こうが 前回ご案内した 商船三井ビル ひとつおいて 新港ビル 旧チャータード銀行ビルとつづきます

歩道橋の西側にも 近代建築が 並んでいます


では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

歩道橋の西側です メリケン波止場前交差点にかかるこの歩道橋は ビルを眺めるには うってつけです

西側には 旧日本郵船神戸支店 郵船ビルです 正確には このビルの立っている地点は 旧居留地ではありません

居留地は 西は鯉川筋までなのです

郵船ビル

明治32年に居留地が日本に返還されてから 日本の会社が競ってこの海岸通りにオフィイスや倉庫を設けたのです

では 居留地に戻って 海岸通り1番地 
銅版のこういうプレートが 設置して有ります
風景は 1枚目の風景です

海岸通り1番地

海岸ビルです

トアロードに面した部分です

海岸ビル

このビルは実は復元の新しい建物なのです」阪神淡路大震災で甚大な被害を受け 外壁を残して 再建されたのです

こんな風に 一回り二周り小さく内側に高層ビルが建てられているのです
南側 海側から海岸線越しに見ています

海岸ビル 南面

かっての建物は 1918年(大正7年)河合浩蔵の設計で竣工 旧三井物産神戸支店でした
河合浩蔵といえば もうひとつ西側にも同じな前の海岸ビルヂングがあります 
そちらは以前に紹介しています  海岸ビルヂング

中に入ってみましょう

古い建物と新しい建物との連結のための構造です 随分と空間がありますよ
ドアは古いものが使われていました

海岸ビル 内部 海岸ビルドア


外壁を残して 高層部分は 一見しただけでは 違うビルかなと思うぐらい控えて立てているので町並みの調和が保たれていますね


長くなるので今日はこのあたりで 眠いのです

次は 神港ビルと旧チャータード銀行 現在はおしゃれなレストランとして活用中ですよ

お楽しみに


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね





カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2010/09/04
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 建物の写真 | Genre: 写真

コメント

昨年神戸で素敵な建物を眺めながらオシャレな街を散策してショッピング!と計画をたてたのに未だに行けず・・
秋はきのこ狩りで気もそぞろ・・
近いうちに必ず出かけたいと思います

2010/10/13 (Wed) 20:46 | ダイナ #- | URL | 編集
ダイナさんへ

神戸ももうすぐルミナリエの枠 組み立てのシーズンになりますね
季節はどんどん進んでいきます いきたいところだらけで 体がついていっていないのは同様ですわ

2010/10/14 (Thu) 08:44 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。