FC2ブログ

旧仙洞御料庄屋屋敷 西尾家住宅見学会1

今回もちょっと前の写真です

ゴールデンウイークに大坂府吹田市にある 旧仙洞御料庄屋屋敷 旧西尾家の見学会に行ってきました

旧西尾家長屋門

仙洞御料とは天皇を譲位した上皇の所領地のことで、ここから皇室や伊勢神宮の新嘗祭(にいなめさい)などに、米や野菜のお供え物の神饌(しんせん)を献上してきたのです

吹田の市街地に広大な屋敷を構える西尾家は、代々仙洞御料の庄屋を務めてきた旧家。
西尾邸は 1400坪 4600㎡の広大な屋敷のなかに 主屋 離れ 茶室 蔵 庭園があります

友人が西尾家と縁続きで 西尾家が相続でこの屋敷を物納し 取り壊されることになり 保存運動が起こっていると聞いたのは 10年以上前のことでした
そのとき 「アサヒグラフ」に 特集された記事 写真を見たのでした

保存運動のおかげで 今は吹田市が管理をして 「吹田市文化創造交流館」として 平成17年から一般公開をしています
平成21年には 国の重要文化財に指定されました

最近 いくつかのblogで見学された方の写真を見る機会があり いってみようとおもっていたときに 友人が見学会を計画してくれたのです

で こどもの日に行っていました

ただ大きいだけ 古いだけなんていうのではない 見事な建築でした


では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

JR吹田駅 阪急吹田駅空もすこしはなれた住宅地の中に ひときわ高い塀でぐるりを囲んだ屋敷構え
道からすこし引っ込んだ位置に長屋門はありました

門を入ると 正面は 式台玄関 右手は はかり部屋

主屋の間口二間の式台玄関です ココは客の出入りするところです
主屋は 明治26年の上棟です 江戸期の庄屋屋敷をほぼ踏襲したつくりになっています

主屋 式台玄関

玄関の右手にある計量部屋(米や野菜の重さを計ったり検査をした部屋)に 模型がありました

旧西尾家模型

上の写真で 玄関から門までの通路に白い衣服の行列が見えますね
あれは 献上品を運んだようすを再現した人形です
この行列には大名も道を譲ったという格式のたかいものだったそうです

仙洞御料は ここだけでなく 全国にいくつかあったのですが ココが石高が一番多かったそうです

計量部屋から 主屋玄関棟をみています
5月でしたので 5月人形が飾ってありましたが これは西尾家とは関係の無い人形と言うことでした

E_20100505_099.jpg

10人ずつぐらいのグループに分かれて ボランティアさんの説明を聞きながら 見学していくのですが ゴールデンウイークの真っ最中でしたので 見学客が多数で 写真は 人が入り込みなかなか写せませんし ドンドンと次に進みますので よく分かるような写真は ないのです

十二畳半の座敷です 十畳の次の間が続き 周りに畳を敷いた縁側 縁座敷が取り巻いています

座敷

縁座敷は建設当時は雨戸だけだったのですが 後にガラス戸が入りました
ガラスは一枚一枚手作りのカットガラスです

カットガラスの縁廊下

主屋の茶室です 接客の間として使われていました
主屋には大小2つの茶室がありました

茶室 味々庵

ガラス越しに 土蔵が見えます これも重要文化財です

蔵

台所です
建設当初は 土間でかまどだったようですが 途中で改装しています
この調理台は 後に離れの洋間を設計した建築家武田五一が関与していると考えられています

台所 調理 配膳台

見学会には この屋敷で生まれ育ち 最後まで住んでおられた西尾家当主夫人にも参加いただいて いろいろと住んでおられたころのお話も伺ったのですが 台所は凄く寒かったとおっしゃっていました

この台所には天井はないのです 暖気はすべて上がってしまいますね

配電盤です ヒューズ こういうのが昔ついていましたね

配電盤

今日は このへんで
次回 庭や離れ 茶室のご紹介をします


仙洞御料庄屋屋敷は 吹田市内本町2丁目15番11号
場所などは こちら をご覧ください



ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2010/05/05
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm




関連記事
スポンサーサイト



コメント

ずいぶん立派なお屋敷ですね。

しかし私の関心は配電盤に行ってしまいます。
ナイフスイッチが懐かしいです。

2010/07/19 (Mon) 02:10 | AGIOS #- | URL | 編集

京都の仙洞御所に住んでいられたような方々が利用されたお屋敷だったのかしら?

2010/07/19 (Mon) 09:39 | bunchan4649 #LT.oE4X. | URL | 編集

こんにちは~

西尾家住宅、お待ちしておりました。

この台所、今でも使ってるかのような生活感ありました。
配電盤&ヒューズ、いいですねぇ~

この前行ったとき(2月)はお雛さんでしたが
5月は5月人形が飾ってあるんですね。
平日だったので貸し切り状態でしたが、土日祝はたくさんの人が訪問されてるんですね。

2010/07/19 (Mon) 09:53 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集
お返事です

お返事です

AGIOSさんへ

やはり配電盤ですか
一緒に行った元高校同級生のおっちゃんたちも配電盤のメーカーや製造年月日を見ていましたわ
ナイフスイッチ? でございます

bunchan4649さんへ

仙洞御所にお住まいだった方の所領(田んぼや山林)を御料というようです
ここからの生産物が収入になったのですね 西尾家はその御料を管理する庄屋を橙勤められたお家だそうです

とっぷんさん

アップがずれにずれて 梅雨明けに端午の節句の写真でございます

台所の配膳台(調理台)もすごいですね おおぜいの人が集まってここで料理をしたのでしょうね

物納されて取り壊される運命にあったものをこうして保存されて文化財登録もして見学できるのはありがたいですね

飾り物 今は何でしょうね

この日は 本当に人がいっぱいで 人影がなくなるのを待って写していると先に進まれて広い家の中迷子状態仁なりました
こんどは 貸し切りじょうたいで見に行ってきます

2010/07/19 (Mon) 15:23 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

吹田には2年ほど住んでいましたがその頃は子育てに忙しく西尾家の事は知りませんでした。
最近は娘と神社仏閣旧家など見て歩くようになりました♪
次回のお庭楽しみにしています^^

2010/07/19 (Mon) 20:33 | ダイナ #- | URL | 編集
ダイナさんへ

ダイナさん こちらにまでお出ましくださいましてありがとうございます 
すいたにお住まいだったことがおありなのですね
西尾邸が一般公開されたのは 2005年からです
粘り強い住民運動の結果 近畿財務局から吹田市に貸し出され吹田市が管理しています
最近 古いものに目を向ける人も多くなり古い民家を見学する人が増えましたね
この家は離れが素晴らしいのですよ
お楽しみに・・

2010/07/20 (Tue) 02:19 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する