スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根への旅10 鬼太郎列車の走る境線

シリーズでアップしています「島根への旅」も 今回で10回目
島根ではないけれど 鳥取県米子市から境港市をつなぐ境線のご紹介です

まずは 地図です

水色のピン 米子駅を基点として中海の縁を沿って日本海の境港市 (青紫のピン)へ伸びる路線です


より大きな地図で 島根の旅 を表示

境線の走る弓ヶ浜半島は 全長約17km、幅約4kmの日本有数の砂州です
日本海(美保湾)と中海を分け 外洋側には長い砂州があります

砂州 とは

砂州(さす)とは湾の入り口(湾口)にできた砂嘴が発達し、対岸またはその付近までに至った地形である。内側には潟湖ができる。
沿岸流により運ばれた砂や礫が堆積することで形成される。Wikipediaより引用


一番有名な砂州は 日本三景の天の橋立です

砂州の先端に境港駅があります

米子ー境港駅間は 17.9km 駅数は 16駅 全線単線 気動車です
その境線に 1993年から「初代鬼太郎列車」が走りはじめ 今は 「鬼太郎列車」 「ねこ娘列車」 「めだま親父列車」 「ねずみ男列車」が 走っています

のんびりと写真を写しながら水木ロードを駅へと歩いていきますと ホームにイラスト列車がとまっています

「鬼太郎列車が 来てるぅ 乗らなくては・・・」

急いで駅へと歩き始めたら 列車は 動き始めました

めだま親父列車

あ~あ 行ってしまったぁ~~

駅もみたいから まぁ いいかぁ

この列車は めだま親父列車でした

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!




続きです

列車も行ってしまったので のんびりと駅へ向かいます
駅前では 河童が竹馬に乗ってました

境港駅 駅前の河童

前回にアップしていますが 駅前では 水木先生が鬼太郎やねずみ男に囲まれて執筆中

執筆中の水木先生

切符売り場です

切符売り場

新しく作られたねずみ男列車のポスターがありました

ねずみ男列車ポスター

床にも こんな絵が描いてありました

駅の床の縁

境線普通車両
次の列車は 16:00境港発です
列車が やってきました

あっちゃぁ~~ 普通のキハ ディーゼル車だぁ
でも この次の列車は 16:44発 仕方がないなぁ

次の列車が 妖怪列車とは限らないしねぇ

ということで この列車に乗りこみ 米子を目指します 所要時間は 48分です




窓の外を次々と風景が流れていきます

境線 車窓

なんと 境線の駅には 名前が二つあるのです
普通の駅名と 妖怪の名前の駅名 駅名表示版も お化けの絵ですよ~~
水木漫画でおなじみの妖怪が 次々と窓の外にあらわれてきます

境線 駅名表示板

境線は単線ですが すれ違いのできる駅があるのです

列車待ちをしていると やってきましたぁ 妖怪列車です

鬼太郎列車ですよ~~

鬼太郎列車

勿論動いているところも抜かりなく 撮影しています

鬼太郎列車とねずみ男列車 2両連結でしたぁ
しゃべりながら撮影していたので BGMかぶせています



駅で見ためだま親父列車 鬼太郎列車 ねずみ男と3タイプの妖怪列車を見たことになります
後は ネコ娘だけ またすれちがわないかなぁ

がらがらで境港を出発した列車には 次々と乗客が増えてきました
沿線に高校がいくつかあるようです

車内風景

米子駅に着きました
山陰線にのりかえです (余談です 山陰線が 参院選と変換されました 近づいてきましたね)

階段にも鬼太郎がいました

米子駅階段
 

米子から松江まで 電車で帰りました
朝は中海を横断して 帰りはぐるりと沿って電車は進みます

朝は雨が降っていましたが 境港で記念館を出たときには上がっていて よかったです

でも この日も 宍道湖の夕焼けは 無理でした

次回アップするのは  旅行3日目 

今回の旅行の目的のひとつ 一畑電車(通称バタ電)に乗って 大社までのご紹介です

乗ってみたかったのです 

お楽しみに・・

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね




カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2010/04/20








関連記事
スポンサーサイト
Theme: 鳥取県 | Genre: 地域情報

コメント

山陰、ほとんど行ったことがありません。
小学生の時に一度大山に。
大学生の時に京都から下関まで参院選(あ、やはり誤変換した)経由で通過しただけ。
写真を拝見していたら、ちゃんと下車して旅をしたくなりました。

2010/06/29 (Tue) 21:40 | AGIOS #HC9guL7U | URL | 編集

 ものすごくのんびり長閑な列車の旅ですね。
 ちょっと憧れます ^^

2010/06/30 (Wed) 00:04 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
お返事です

AGIOSさんへ

私は 山陰へは 3回目かな ずっと昔 高校の卒業旅行に仲良しグループで 鳥取砂丘 大山 秋吉台 宮島 岡山と列車で回りました
それと4年前の観音めぐり 島根鳥取の有名寺院や大社 砂丘に行きましたわ 時間がゆっくりと流れているような気がします

そうそう 昔行ったときは大阪から 京都経由の山陰線でしたわ
山陰は高速道路もないし 列車の本数も少ないし 矢張り不便ですね
でも 海岸線の景色はきれいです

RKROOMさんへ

のんびり旅行でした
次の日もまたのんびりと単線の各駅停車の旅をしました
ローカルな路線に乗るのはすきなのです

2010/06/30 (Wed) 00:30 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

こんにちは~

ニャンコ電車行ったときに思ったんですが
冷静な地元の乗客とは対照的になっちゃいますよね(笑)

駅名まで妖怪名あるんですか
その徹底ぶりがいいっすねぇ~

さらなる撮り鉄、乗り鉄が。
楽しみにしてますねぇ~

2010/06/30 (Wed) 10:33 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集
とっぷんさんんへ

ラッピング列車も地元民にとっては生活の足なのですよ GWの日曜日だったかな 4両連結ではしったそうです きっと満員で こんな風に車両内を動き回って写すなんてとてもできなかったでしょう

にゃんこ列車 貴志川でしたよね あれも行かなくては・・

次のバタ電もいいですよ
近江鉄道と似ています

2010/06/30 (Wed) 19:36 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
もう一度行きたいです

TOSSYさんこんばんは、画像を見てるともう一度行きたくなりますね。
チョコット立ち寄った境港、フェリーで隠岐へ行った時{約20年前}、妖怪像をたくさん見ましたが、今の様にデジカメもなし、頭の中だけの思い出です。

2010/07/01 (Thu) 21:26 | HIROちゃんばーちゃん #7r4xH7r6 | URL | 編集
HIROちゃんへ

HIROちゃんは隠岐へも行かれたのですね
境港 妖怪像は 凄く増えていましたよ 
また じじさまとどうぞ

2010/07/02 (Fri) 01:02 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

JR境線を走る鬼太郎列車は2010年に全面改装し、鬼太郎、目玉のおやじ、ねずみ男、ねこ娘に加え、子泣き爺や砂かけ婆もラッピングされている。

2013/06/06 (Thu) 07:14 | ぱふぅ家のホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。