高取城の城下町2 町家のひなめぐり

前回に 高取城城下町の街並みを見ていただきましたが この町並の佇まいを、ひとつのテーマパークに見立てて、開催されるのが「土佐町並み町家の雛めぐり」です。
2007年から、始まった「町家の雛めぐり」は、今回で4回目。
3月1日から3月31日までの1ヶ月間開催されていました
私は 最終日の一日前 30日に行ってきたのです 随分と更新が遅れて5月 端午の節句になってしまいました

昨年は、八十数軒の展示ですが、町あげてのイベントに発展し、今年は、約九十軒のお雛さんを町並みのあちらこちらで展示していました

展示箇所は、民家の玄関や、縁側、店先など、現在実際に生活されているご家庭に展示しており、基本的に、そのご家庭に縁のあるお雛様で、飾り付けも、そちらの方々で行われていました

どのお雛様もご家族の大切な思い出のつまったおひなさまです
そのお雛様を 3月いっぱい 1ヶ月間も飾って観光客をおもてなししてくださいました

道沿いには 菜の花を植えたプランターを並べ 門口には生花を飾ってお迎えしてくださり 本当に町をあげてのイベントでした

高取のお雛様

では 続きで ごゆっくりと各家の大切なお雛様を拝見してくださいね

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

ここ高取の町でも 古くは御殿雛を飾るお家が多かったようです
最初に見せていただいたお宅には 段飾りと御殿飾り 両方飾ってありました
「段飾りは 娘のお雛様で 御殿飾りは私のです」とその家の奥さんがおっしゃいました
その方は御殿飾りのお雛様を持つには若く 失礼ですがとお年をお聞きしましたら 確か昭和40年前後のお生まれ
「この高取でも御殿飾りの最後の世代です 友達は段飾りでしたよ」といわれていました

その方のお雛様は ガラス越しでしたのでうまく写すことが出来なくて 掲載できなくて残念です

その方に他にも古い立派な御殿飾りを飾っているお家がありますよと 私が御殿飾りにこだわっているのを見て連れて行ってくださった先に飾ってあったのが 下のお雛様です
その家の奥さんは もう70代におなりの方でした 
娘さんのお雛様とならべて飾ってありました

昭和初期の御殿雛

お雛様の前には お雛様にまつわる想い出やいわれを書いた「我が家の雛ものがたり」が展示してありました

どのお雛様にも それぞれの物語 ご家族の雛にまつわる思い出があるのです
 
松屋町で買ってきたお雛様

このお宅では 焼き杉で作った小さな小さなお雛様も飾ってありました
吉野杉で有名な吉野の近くの高取らしい 木目がとっても美しいしゃれたお雛様です

吉野杉のお雛様

お雛様を飾っているお家は90軒 地図を見ながら進みます
飾っているお家の目印は これ 番号も書いてありますので地図と照らし合せればどこにいるかも分かるのです

お雛様展示中

いろんな飾り方がありました

「2階の窓を見てください」

2階の窓にかざっています

階段を利用したお家もありました

階段の雛1 階段にも飾っています

町の中央に メイン会場「雛の里親館」がありました
この建物は 元はなにだったのかな 大きな建物です

「雛の里親館」

「天段のお雛さま」
16段もの天高くそびえるお雛さまに圧倒されました

天壇のひな

風の谷のナウシカの原型ともなった、堤中納言物語「虫愛づる姫君」(解説:Wikipedia)の詩の世界観を、お雛さんで再現されました

堤中納言物語より 「虫愛ずる姫君」

まだまだお雛様はありました

私が 特に気に入ったお雛さまです
源氏柵の御殿飾りの古いお雛様です
5人ばやしのお顔がとってもかわいいのです

源氏柵の御殿飾り1

源氏柵の御殿飾り2

連子格子の内側のガラス障子をはずして 外からよく見えるようにしたお家がありました

連子格子の家1

開け放して寒い中 この家の奥さんは 見に来た人に一生懸命お雛さまについて話されました
ここの三人官女さんは 髪飾りをつけているのです
そういえば官女さんはかんざしはつけていないほうが多いですね

このお家はTVのニュースにも写ったのだそうですよ

お雛様は 昭和39年のものだそうです

連子格子の家2

もっと もっと お雛様に会ってきたのです
どのお雛様もみんなの気持ちのこもった本当に大切なお雛様

長いこと仕舞ってあったのをまた飾ってみんなに見ていただけるのがとってもうれしいと 皆さん口をそろえたようにおっしゃっておられました
1ヶ月もの間 本当に大変なことです
お雛様を外から見えるところに飾って 生活にも不便なことも多々あるでしょう

でも とっても気持ちよく見せてくださって お話もしてくださるのです
本当にありがとうございました お雛様 堪能させていただきました

後はアルバムで見てくださいね
ここにアップできなかったけれど とっても古い江戸時代のお雛様もありました
みんなご紹介したくて 写してきたものは 少々写真がまずかろうが入れています

最後に お雛様ではないけれど 等身大のこのお人形が人気を集めていました
本当に上手に作ってありますね
最初はみんなびっくりします おばさんが座っているのかと思ってしまいますよ

火鉢の前のおばさん

では アルバムを 見てくださいね

高取町 町家のひなめぐり 2010


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2010/03/30
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm

カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2010/03/30








関連記事
スポンサーサイト
Theme: 奈良 | Genre: 地域情報

コメント

こんにちは~

今朝は朝撮りしてきまして、高取か明日香か悩んだ末に明日香へと(笑)

ここのお雛様、一度は見てみたいですねぇ。
やはり家族にとっては想い出がいっぱい詰まってるのでしょうね。

石川遼と一緒に写ってるの、ちょっとウケました。

こういうイベントは地元の人達に感謝、感謝ですね。

2010/05/01 (Sat) 18:44 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集

普通の住民の家で、その家のおひな様を外部の人に見せるって、かなり大変なことですね。
いつもTOSSYさんの写真で目を広げていただいています。

2010/05/01 (Sat) 20:47 | AGIOS #HC9guL7U | URL | 編集
お返事です

とっぷんさんへ
飛鳥で早朝写真でしたか 楽しみですワ

ここのお雛様は 今年はネット友達やリアル友だちが行ってよかったと効いてやはりぜひ行きたいと最終ぎりぎりに行って来ました
町を挙げてとり組んでおられていました

< やはり家族にとっては想い出がいっぱい詰まってるのでしょうね。

雛に歴史ありですよ
案内マップには 「どのお人形にも家の思い出と願いがこめられている大切な「おひなさま」ですので 評価はやめてください と書いてありました

やはりお雛様の前で いろいろとお仲間同士で失礼なことを話したりする人もいるんでしょうね

< 石川遼と一緒に写ってるの、ちょっとウケました

遼くん ちょっと調子が悪いようですね

AGIOSさんへ

この催しを1ヶ月間続けるのは かなりどころではなく大変だと思います
各家ごとにお休みの日もあるのですが 日曜日などすごい人で たいへんだそうです
古い家では座敷に飾って土間から見るような形で 家の人がつめておられる家もかなりありました
本当に感謝です


2010/05/02 (Sun) 01:00 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

 いろんなお雛様があるなぁとおもって拝見していましたが「天段のお雛さま」は、ホントにすごいですね。

 飾るだけでも大変そうです。

2010/05/02 (Sun) 23:25 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
RKROONさんへ

天段のお雛様 ならべるのは本当に大変だったでしょうね
「こういうイベントをします 要らなくなったお雛様がありましたら提供してください」と言うお知らせを出したら全国から送られてきたのだそうです

2010/05/03 (Mon) 22:17 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する