スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高取城の城下町 土佐街道を歩く

大和の国高取には 日本一の山城高取城がありました
明治の廃藩置県で 城下町として栄えた高取の町は 一地方都市になり 城も取り壊され厳しい時代になりました

士族階級は碌を失い生活に困窮してきました そんな時代に古代より栽培してきた薬で町おこしをしたのです
全国を薬を担いで売り歩く売薬さんは 富山が有名ですが 奈良の高取町も製薬売薬の町でした
江戸時代には大和の売薬葉記録に残っているそうです

町の中の一本の街道 土佐町を通る街道は土佐街道と呼ばれています
高取の町並みは 伝統的建造物群がのこっているのです

高取土佐街道は 江戸時代は土佐道と呼ばれ商家が軒を連ねるメインストリートでした
連子格子(れんじこうし)の窓が連なる町並みです

土佐の町並み

武家の屋敷も残っているのです
お城は残念ながら明治の初めに廃城になり 建造物も他の場所に移築されたものもありますが 殆どは朽ち果て今は石垣が残るだけの城跡です

3月30日に行った際の写真です

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています 
最近 ちょっと低調なのです 応援よろしくお願いします
皆様の応援がとっても励みになって 更新を続けることができるのです

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

土佐の語源は、大和王朝時代に飛鳥京を建造する為多くの土佐の国から来た人たちが故郷に思いを馳せてこの地名をつけた(国名集落といわれる所)といわれています

土佐街道は古くより集落ができ、壺阪寺参りの門前町、吉野への往来、近世には城下町として栄え、現在も旧家が町筋に息づき実際にその家での生活が続けられています

町並みは 厨子(つし)2階建て 連子格子(れんじごうし) 虫籠窓(むしこまど)の町家 長屋門の武家屋敷 などで構成されています

厨子二階と呼ばれる中2階、通風と明かりとりのために設けられた虫籠窓のある商家です
この建築様式は 高取に程近い今井町でも見かけられた様式です

虫籠窓の町屋

こちらは 商家ではなかったようです 築270年の旧家です
台所に煙出しの小屋根があります

築270年の旧家

総坪数400坪にも及ぶ大きなお宅でした 元町長をされていたそうです
土間の台所にはかまどが4つも並んでいました

かまど 煙出し

武家屋敷の長屋門(田塩家) 300年前のものです  現在も住んでおられます

武家屋敷の長屋門

この長屋門を通り過ぎてまだすこし歩くとなまこ壁の植村家長屋門という旧高取藩の筆頭家老屋敷があるのです 県重要文化財に指定されております
私は地図を持っていたのですが 地図に武家屋敷長屋門はひとつだけしか記載されておらず 最初のであった田塩家のものが重要文化財のものだと勘違いをして 戻ってきました
後で調べてみると植村家の長屋門はなまこ壁の立派な門でした

↓ こちらの武家屋敷は ここで医院をされています 中は待合室になっていました

石川医院

大正時代の呉服屋を改装して 観光案内と休憩所として使われています 「夢創館」

夢創館 観光案内所

夢創館のお蔵は 薬資料館になっています
この日はお雛様見物の人が多くて混んでいましたので また来ればいいと仲の見学はしませんでした
本当のことを言うと 疲れてしまって足が痛くて座っていました

町並みの途中に薬やさんがありました
せんとくんのドリンクのポスターがありました

薬やコラージュ

高取の薬は 赤薬青薬 と だらにすけが有名です
お雛様を展示しているお宅で こんな昔の薬の袋などを展示しておられました
今も製薬売薬に携わっておられるそうです 太陽堂製薬さんのようです

薬

上の写真で青ぐすり赤ぐすりのポスターがありますが 今もこの薬はあるのですね
この間家の近くで軽自動車が止まっていて 車体に青ぐすり 赤ぐすりと書いてありました
どこかのお宅が家庭配置薬をおいているのだわ

漢方薬局です

だらにすけ 壷阪漢方薬局

町並みは石畳がしいてありました
この石は 神戸の街に敷かれていた阪神電車国道線のもので 阪神大震災のあと道路の補修工事の際に掘り出されたものを譲り受けたということです

石畳

ところどころに 漢方の生薬になる薬草の絵タイルがはめ込まれていました
これはドクダミ 生薬になると 十薬といわれています 毒消しほか万能薬ですね

絵タイル どくだみ

高取の町で 私は薬膳料理をいただいてきました
「薬膳」とは、中国四千年の長い歴史の中で、健やかで長生きしたいと言う人々の願いから生まれた食文化です。漢方医薬の理論に基づいて生薬やその他の食物を組合わせて調理し健康な体を作る為の食機能バランス、味のおいしさ、彩の美しさと、「食」においての完璧さを完成させた料理です。
お雛様の飾られた茶寮 花大和で ケヤキ作りの薬タンスに盛られたかわいくて美味しくそして体に良いというお料理 「3月の雛膳」をいただいてきました

薬膳料理

今回はひな祭りと言うことで 私にしてはすこし張り込んだランチです 3650円でした
薬膳料理と言うのははじめていただきましたがとっても美味しいでした
私は飛び込みで何とかもぐりこませていただきましたが 予約をしておくほうがいいでしょう

おひなまつりをしているからと行ってきた高取のまち
町並みがすっかり気に入ってしまいました
城跡もすばらしいそうです
秋にでもまた行ってみたいと思っています

まちやのひな祭りは 次回にご紹介します
90件からのお宅が参加され1ヶ月間お雛様を飾り観光客を迎えてくださるすばらしいおひな祭りでした
お楽しみに・・

町並み もっと写真を写しています
アルバムに入れていますので よろしかったら見てくださいね

高取町土佐まちなみを歩く


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2010/03/30
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm

カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2010/03/30



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 奈良 | Genre: 地域情報

コメント

風情があって、とても、
すてきな町並ですね。

2010/04/29 (Thu) 15:59 | bunchan4649 #LT.oE4X. | URL | 編集

 軽い山登りという観点から高取の地名は知っていましたが城下も随分と風情が残っているのですね。

2010/04/29 (Thu) 23:02 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
お返事です

bunchan4649さんへ

いいところでしたよ 山がすぐ近くの平野部です 藤原京のころからの町とのことです
飛鳥のすぐ近くなのですよ
以前にこの近くのやはり町並み保存地区今井町に行ったことがあるのですが ここは知りませんでした

RKROOMさんへ

高取城跡は山城として有名で 石垣が立派だそうです
秋には紅葉もきれいでハイキングにいいところのようです
ちょっと遠いですがまた行ってみようかと思っています

2010/04/30 (Fri) 00:25 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

伝統的建造物の風情ある町並みということで
 ここぶらぶらとゆ~~くり歩いてみたいですね。。
 建物もそうですが 家の中を覗き込む楽しみも
 なんか思っただけでもわくわくしてきますね。。 
 
薬膳料理ですかぁ~ 
 いやいやこれは 目でも楽しめますね 
 これは 食べる前に写真を撮らねばですね 
  一度にでこないで 一品ずつでしょ 
 それは 楽しみですね 
 これみたら 子どもも喜びますね 

2010/04/30 (Fri) 01:22 | kei #CvGXsNjo | URL | 編集
keiちゃんへ

< ここぶらぶらとゆ~~くり歩いてみたいですね。。

ほんとうに・・ 90軒の尾家のお雛様が待っていると思うとゆっくりとぶらぶらと言うわけにはいきませんでした
電車の時間もあるし 1時間半以上かかるんだから・・

薬膳料理 小さなお子さんにはちょっと口に会わないでしょうね
子供向きのお料理ではありませんから・・
でも薬膳って体にいいようです
レジにおられたこちらの大女将さん 相当の年齢なのですが足腰丈夫でお肌つやつやでした

2010/05/02 (Sun) 00:42 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。