眼病封じの寺 壷阪寺で秘仏ご開帳

3月の終わりに 西国三十三所観音霊場の第六番札所 眼病封じの寺 お里沢市のお話で有名な大和の壷阪寺に行ってきました

いま 奈良は平城遷都1300年記念ということで いろいろなイベントが行われています
ここ壷阪寺も重要文化財三重塔初層特別開扉とご本尊様のご開帳をしているのです

本尊十一面千手観世音菩薩は眼病に霊験あらたかな観音様、目の観音様として全国各地から毎日多くの参拝者が訪れています

私は眼はもう手術をしてすっかりよく見えるようになったので もうこちらの観音様にお願いする必要は無いと思うのですが 3月はふもとの高取の町でひなまつりをしているので お雛様見物とかけていってきました

壷阪寺仁王門

行ったのは3月30日 晴れた日でサクラも咲き始めていました

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね
皆様の応援が 私の更新の原動力になります

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

壷阪寺は 奈良県高市郡高取町壷阪
藤原京の中心道路である朱雀大路を拡張した線上の高取山に位置します

近くには 橿原神宮があり となりは明日香村です


より大きな地図で 壷阪寺 を表示

大阪あべのから近鉄電車吉野線に乗り橿原神宮をこして 壺阪山で下車します ここまで約40分です

壷阪寺駅

お寺は山の上にありますので 駅からバスに乗っていきます バスが出た後ならタクシーでどうぞ

壷阪寺全景です サクラがさいています

壷阪寺全景

最初に出会うのが 仁王門 仁王様です
仁王尊は各、一丈一尺の大きさであり、背後からの釣金の助けなく立たれています

仁王様

仁王門をくぐっていきますと多宝塔がありました
石段の上 右手に見えているのが 今回初めて公開される三重の塔(国指定重要文化財)です
左に見える大きな屋根は 禮堂です

多宝塔

禮堂 国指定重要文化財 です
禮堂とは ご本尊様を拝むために建てられた建物です

禮堂

ここに奉納された石灯篭にこんな名前が・・ これはいま話題のあのお方では・・

禮堂2 

ご本尊の十一面観世音菩薩様は 禮堂の奥の八角円堂に祀られていました

八角堂

ご本尊様は 撮影禁止とは書いていなかったので失礼して写させていただきました
手が震えて ボケています
仏様を写すのは やはり罰当たりなのかなぁ

十一面観世音菩薩

こんなところに鬼さんがたくさんいてました
この鬼は 開運厄除・家内安全 魔除面で 鬼門を守る、眼病退散、トイレでこけない
厄年退散なのだそうです

私は 開運厄除・家内安全の赤鬼さんを買って帰りましたが 考えてみたら 厄年関係なかった・・

鬼

いよいよ三重の塔の内側に入ります
今回初めて初層だけですが開扉して内拝できるのです
内陣に安置されている大日如来坐像と秘仏弘法大師像が特別拝観できるのです
ここは撮影禁止です

三重の塔は 室町時代 明応6年(1497)再建です
この正面から入って 中をぐるりと回って裏ぐち 禮堂に面した出口からでるのだったそうですが 私は 中に入って仏様と対面して そのまま回れ右をして 入り口から出てしまいました
何事にも先達はあったほうがいいようです
高校時代に習った徒然草の「仁和寺にある法師」を思い出してしまいました

三重の塔

三重塔【重文】の初層内陣公開  西国三十三所結縁御開帳 壷阪観音の特別拝観は 5月31日までです  こちら参照

壷阪寺は お里沢市の「壷坂霊験記」で有名です
眼の見えない座頭沢市と女房お里の悲しい話です こちら参照

投身の谷の上に立つお里澤市の像です

お里沢市の像

高取の町には 二人のお墓がありました

壷阪寺は 大きな石で作った観音様やお釈迦様がおられました

お釈迦様

仁王門のところの観音様

観音様

上のほうには大きな観音様もおられましたが バスの時間があるので そろそろ帰ります
上から眺めた風景です

サクラの中の壷阪寺

アルバムに入れていますので よろしければご覧ください

眼病封じの壷坂寺


この後 山の下の高取の町並み 土佐街道を歩き 町屋の雛めぐりをしました
日本一の山城「高取城」の城下町として栄えた高取町は 昔からの町家が、多く現存し、その当時の佇まいを残しています
2007年から、始まった「町家の雛めぐり」は、今回で4回目 90件からのお宅が雛を飾って 出迎えてくださっています

次回は 高取町のひなめぐりをご紹介します

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2010/03/30
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm

カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2010/03/30


関連記事
スポンサーサイト

コメント

このお寺は知りませんでした。
なかなかいいところですね。

2010/04/27 (Tue) 07:10 | AGIOS #HC9guL7U | URL | 編集
壷坂寺

私はもう10年以上前に 朱印を目的に行きました。車で行ったのですが結構歩いた覚えがあります。

西国三十三番めぐりをしたのですが、ちょっとこの寺は立派すぎてありがたみがなかったように思ったのです。

お里沢一 といっても高齢者でないと知らないでしょうが、あまりにも商業化されすぎてびっくりしましたが、目が悪い人の施設なんかもありましたね。33番の寺はほとんどきれいですが
信仰心の強い人たちのお参りバスツアーの御一行様とぶち当たり 添乗員さんがまとめて朱印帳を出すので・・・待たされて待たされて・・・でした。
上からの眺めは綺麗でしたね。

2010/04/27 (Tue) 13:42 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集
壷坂寺

こんにちは、西国33ヶ所札所ですね。
掛軸や納経帳朱印で行きました。霊験あらたかなお寺だったと思い出してます。ツアーだったのでゆっくり廻れませんでした。
一日に3~4ヶ寺廻りました。

2010/04/27 (Tue) 14:33 | HIROちゃんばーちゃん #- | URL | 編集
お返事です

お返事です

AGIOSさんへ

私も名前は知っていてもどこにあるのかは知りませんで 初めて行ったのです
なかなか立派なお寺でした
サクラの咲く時期はきれいですよ

kikukoさんへ

西国33めぐりですね
私は自分でいける近場には行っていますが 朱印はいただいていないのです
数えてみたら 6番 9番 10番 16番 21番 22番 23番 24番 26番 27番
10ケ寺におまいりしていますね

眺めはよかったです
33観音の寺はどこもきれいにしてお商売熱心に見えますが 本来お寺は観光もかねてのテーマパークのようなものだったと聞いたことがあります

昔の人はキンキラキンのきれいな寺院を見て極楽浄土を思いありがたいと思ったのですから・・
寂れているよりは結構なことだと思います
明治の頃はどこも寂れてひどい状態だったそうです

HIROちゃんへ

お寺まいりツアーで行かれたのですか
私は中国33観音はおまいりツアーに参加して月に一回 1年がかりでおまいりしましたが 西国は自分で行けるところだけ行っています

中国観音も 一日3つぐらい回っていましたよ
観光もして楽しかったです

2010/04/27 (Tue) 14:54 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
朱印帳

わたしね 33ケ寺の内32の寺へいってるのです。亭主が退職して まず第1に始めました。
私が朱印帳に ご詠歌を筆ペンで書いて 印だけ押してもらったのです。

あとひとつ 泉州の 槇の尾山という
一番坂の多い寺ということで 足が痛くなって残しています。
娘いわく あわてて満願にしたらアカン!!て言ってくれています。

2010/04/27 (Tue) 16:12 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集
kikukoさんへ

あと1ケ寺で満願ですか
和泉市のようですね

私は中国観音はツアーでしたから 朱印と御真影とをいただきましたが まだちゃんと朱印長に張ってもいないのですよ いってもらってきただけですわ
信仰心の無いことです

琵琶湖のほうにも石段の多いお寺がありましたね
あの近くまで行っていたのですが石段の数を聞いていくのをやめましたわ

2010/04/29 (Thu) 02:44 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する