スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひいな~かわいい人形たち~」展 たつの歴史文化資料館

龍野シリーズ5です 

お花見シーズンになりましたが 今回は 龍野歴史文化資料館で開催中の「ひいな~かわいい人形たち~」展のご紹介です

たつの市と播磨地方につたわる江戸時代から最近までの雛人形と雛とともに飾られたさまざまな人形たちの愛らしい姿を時代順に展示してありました

町屋の雛めぐりと合わせて 2月27日から4月11日まで 龍野城本丸御殿と歴史文化資料館で開催されています

古いお雛様 貴重な品々です
フラッシュを使わなければ撮影をしてもかまわないと許可していただいて 手持ちで撮影してきました
私の持っている一番明るいレンズを持っていったのですが やはりすこし厳しい場面もありました

ひいな展コラージュ

播州地方は 御殿飾りが多かったようです
時代によって装飾の異なるいろいろな御殿がありました


では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

もともとひな祭りは 旧暦の3月3日に行われていましたが 明治になり新暦の3月ではまだ桃の花も咲かず寒い季節
関西では 奈良のお水取りが済むまでは寒くて春は来ないということで 旧暦では毎年日にちが異なるので 月遅れの4月3日にひな祭りを行うことが一般的でした
子供時代のお雛まつりは うらうらと暖かいサクラや桃の咲く4月にしていました

我が家にあったのも御殿雛でした

御殿とは お内裏様(天皇)の住む紫宸殿を模したものです

これは 明治時代の御殿飾りです 簡素ですね

明治時代の御殿飾り


こちらはすこし時代が下がっているのでしょうか
細かい細工です 左近のサクラ 右近の橘も飾られています
この右左は 御殿の中から見ての右左です

御殿雛2

こちらはうんと時代が下がって 御殿雛の最後の時代です
播州地方では 昭和30年代半ばまで売られていたそうです
これは多分その頃のもの 御殿飾りに金属が使われて派手になっています
ソシテ お台所道具に 電気冷蔵庫 ガスレンジが使われています
関西では 雛飾りに昔から台所道具は飾られていたのです
昭和の もやは戦後ではないといわれていた時代 電化されたお道具になったのですね
こんなのは私も初めて見ましたよ

昭和30年代の御殿雛


こちらは昔のお台所道具です 食器棚のことを水屋と言っていました

台所道具1

ちょっと珍しい御殿がありました
これは屋根も天井も無く 枠だけです 上からお雛様を見ることが出来るのです
この形式は 源氏枠と言うそうです
源氏物語絵巻が斜め上から描いていて天井が無いというところからだそうです
立派な大きな御殿です お道具もまるで美術品ですね

源氏枠の御殿雛

ひな壇には 雛人形のほかに 市松人形や御所人形が飾られました
市松人形は 関西では 「いちまさん」と呼ばれていました
おかっぱ頭の子供の人形です
着物を着せ替えて遊ぶお人形です いちまさんは男の子と女の子がありました
今もいちまさんは売られていますが 着せ替えの出来ない立姿が多いですね
 
いちまさんと御所人形

右端の赤ちゃんを背負った子供の人形 これは御所人形です
庶民の子供をかたどったいい人形ですね 

太平洋戦争時 そして戦争直後は 人形どころではなく それでも生まれてきた子供を祝ってやりたいという庶民はこんな雛軸を飾ったそうです
また 初節句の祝いとしても使われたとか・・
絵は肉筆ではなく印刷で安価だったそうです
それでも子供を思う親の心 伝わってきますね

この頃は いくら貧しくても今のように虐待は無かったのではないでしょうか

雛軸


この展覧会の雛飾りをごらんになって ならべ方が違うわと感じられた方もおられると思います

お内裏様は 右? 左? どっちが正しいの?

このことについて 下のように解説がしてありました

現在 雛人形は向かって左に男雛 右に女雛が飾られていますが 古くは男雛を向かって右 女雛を向かって左にならべるのが一般的でした
これは古くより日本では左(向かって右)が上席と決められていたことによります
これが逆にならべられるようになったのは 昭和天皇の即位式のとき 天皇が中央に 皇后が後方右(向かって)に並ばれ このときの写真によって 逆にならべる方式を東京の人形組合が広目 デパートなどを通して全国に広まったためです
しかし 江戸時代の絵画にも左右逆のものもあり 厳密に決められていたようでもないみたいです
ひいな展展示より引用



代表的なもの 時代を表しているものなどを説明しましたが 他にもいろいろなお雛様がありました
アルバムにしていますので よかったら観てくださいね
アルバム表紙をクリックして 写真見てくださいね

龍野ひなまつり 


いつまでも 雛を飾って祝う平和な時代が続くことを祈って 今日はこのあたりでおしまいです

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2010/03/19
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm



関連記事
スポンサーサイト

コメント

時代によってずいぶん変化するものですね。
御殿の建物付きや台所用品付き、とりわけ電気冷蔵庫とガスレンジ付きの雛飾りは初めて見ました。

こちらでは徳川美術館で『尾張徳川家の雛まつり』という企画展をやっていましたが、昨日で終わりました。
見に行けば良かった…。

2010/04/05 (Mon) 07:44 | AGIOS #HC9guL7U | URL | 編集

こんにちは~

あまり見たことない雰囲気のお雛さんがいっぱい
フラッシュがダメとのこと、大切に保存されてるんですね。
家電というのも初めて見ました。

水屋、そういえばいつしかそう呼ばなくなりました。

2010/04/05 (Mon) 19:51 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集

華やかな人形に目が行きますが・・・・
とどのつまり、子供への深い愛情で幸せになって欲しい、親の気持ちの表れなのでしょうね。

きっと虐待など皆無だったのでしょう。
親の子への気持ちは計り知れない深さですよね。

2010/04/05 (Mon) 22:38 | 栄ちゃん #2jqmHG1U | URL | 編集

何で?あんなぼやき見たいな、プロの目から見たらあほか?っておもうような内容の日記が一位なのかわからん!七不思議だな。

何で負けてるんや?そんなにおもろいブログかなと、つい覗いてきたが・・・・・
中身の無い内容にあきれた。

けなしたり、悪口を言うつもりは無いが・・・同じプロが言うのです、(⌒^⌒)b うん
勝ってるよ、遥かに上の内容です。
自信を持って頑張りや。

いずれ、上に出るのは間違いないところでしょう。今の所私のように、興味本位で覗いてみるものがいてランキングが上に・・・
でも二度と行かなきゃだんだん下がる。

だって!俺から見たら、幼稚園だもの。

ファイト!

2010/04/06 (Tue) 21:21 | 栄ちゃん #2jqmHG1U | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。