播磨の小京都’龍野’1 城下町龍野の町並み


「播磨の小京都」といわれている兵庫県たつの市で開かれていた「龍野ひなめぐり」に行ってきました
今年で第4回目 城下町のそれぞれのお宅で 雛人形を飾り自由に見ていただくというイベントです

たつの市は、兵庫県の南西部の西播磨地域に位置しており、南北に長い地形になっています。

市域の北側は山地が広がり、南は瀬戸内海に面し、南北に貫く形で揖保川が流れており、自然環境に恵まれた地域になっています

龍野城と脇坂藩5万3千石の城下町に連なる古い町並みがあり そして童謡「夕焼け小焼けの赤とんぼ」のふるさとです
そして ヒガシマルうす口醤油とそうめん「揖保の糸」の町です

JR新快速で姫路まで行き姫新線に乗り換え「本竜野」で下車 
ここが城下町への入り口なのです

雛のご紹介は次回に譲って 今回は町並みのご案内です

揖保川にかかる橋を渡ると 白壁の美しい古い町並みが迎えてくれます

城下町龍野1

現在の市の名称はたつの市と表記していますが 古くは龍野市と書いていました 
JRの駅名表示は竜野 駅は本竜野(姫新線)と竜野(山陽本線)と二つあり ちょっとややこしいのです

古い町並みには龍野の字面が合うみたいに思います

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています 現在苦戦中です
頑張って更新していますので 応援していただけるとうれしいです
応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

龍野のことを全く知らない人も 童謡「赤とんぼ」を知らない人はいないでしょう

♪ 夕焼け小焼けの赤とんぼ おわれてみたのは いつの日か

童謡「赤とんぼ」は 作詞 : 三木露風、作曲 : 山田耕筰 
三木露風が龍野出身なのです

音が出てもよろしければ BGMをどうぞ 下の操作パネルのマークをクリックするとスタートします



MIDIは キーボード アンサンブルグループ OPQ★Pen様からお借りしました

すべてが古い家ではありませんが 落ち着いた町並みです

昔から醤油で栄えてきた町なので商家が多いです

このお宅は元はどんな商売をしていたのでしょうか
電話番号48番の木札がかかっていました

電話番号48番の家

ここは信用金庫です ここで営業をしているの?

城下町龍野2 信用金庫

カネヰ醤油の醤油蔵です
門の右に自販機が見えますね なんと 醤油 もろみの自販機です
電気式しょうゆ もろみ販売機 と書いてありました
カメラを持って荷物が重かったので 買いませんでしたが次回は必ず買って帰りましょう

醤油蔵

如来寺付近です 川は浦川 絵になる光景です

如来寺付近

何か泳いでいるのかな? 川を覗き込んでいる親子連れがいました

柳あおめる

ここは すこし離れた十文字川 なんと どじがわ と読むそうです

せせらぎの道

茅葺の武家屋敷です 蔵も2棟ありました

茅葺の武家屋敷

土蔵の連なる道 三木露風の生家の近くです

土塀の続く道

醤油倉の道です ヒガシマルの商標がありました

醤油蔵の道

こんな珍しい建物が見えました 一部3階建てです

3階建ての家

雛を飾っている民家の玄関先にも おもてなしの心があふれていました

おもてなしの心

たつのは赤とんぼの里 こんなところにも赤とんぼが・・

赤とんぼ

国民宿舎は「赤とんぼ荘」 童謡の小路もあるのですが今回はパスでした

まだまだ写真はあるのです

長くなるので 次回に回しますね

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2010/03/19
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm




関連記事
スポンサーサイト
Theme: 兵庫県 | Genre: 地域情報

コメント

倉敷みたいな感じですね!近くなので今度行ってみよう!

2010/03/24 (Wed) 07:20 | T-まーちゃん #- | URL | 編集
あかとんぼ

 
 お醤油の蔵 もろみ いい響きです。むかーーし 父は 醤油やしていたのです。
 たるの陰で 遊んでいました。

2010/03/24 (Wed) 10:59 | 小紋 #- | URL | 編集
お返事です

T-まーちゃんへ

そうですね 醤油倉が倉敷とすこし似ていますね
倉敷ほどに観光客が集まるところではなく落ち着いています
ぜひ一度行かれるといいですよ

小紋さんへ

醤油の蔵元だったのですか
醤油と酒は 密接な関係があるようですね
今回はまだアップしていませんが 古い工場内部を再現したのがヒガシマル資料館にあるのですが 伊丹の酒蔵のとそっくりでした

2010/03/24 (Wed) 14:58 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
素敵な街並みですね

さすが、播磨の小京都と呼ばれるだけのことはあります。
こちらのひなめぐりも、高取と同じく4回目なんですね。
次回以降も楽しみにしています。

2010/03/24 (Wed) 20:45 | zuboratarou #SFo5/nok | URL | 編集

風情ある町並みですね「
  
  「揖保の糸」も して へ~ あの「赤とんぼ」もですか

 十文字川 え~~~ 読めん 

  どこが ”ど” で  ”じ” で ”がわ” じゃい 

   あ~ ”がわ”は読めました^^; 


  絵になるものが あれも これもって感じで
   散策してみると何か いっぱいありそうですね 
   いってみたいなぁ~  ^^)  

2010/03/24 (Wed) 23:31 | kei #CvGXsNjo | URL | 編集
お返事です

zuboratarou さんへ

小さな町ですが 町並みが自然でいいですね
大きな屋敷といったものは無いのですが まだ住んでおられるお宅で雛を飾って開放されているのはすばらしいです
まぁ 座敷に飾られているのではありませんし ウインドウ越しのところも多いですが 全部で70箇所近くあるので上手に回らないと同じところをうろうろする羽目になります
私はうまく回れませんでした
雛よりも町並み 家に眼がいってしまいました
しばらくは龍野が続きますので 見てくださいね

keiちゃんへ

小京都ですって
古い建物が残っている町をそのようによんでいるところはいくつもありますが ここは城下町で京都とは似ていないですよ
でも 風情があって 藤沢周平の世界を思わすような場所もありました

続きますので また見に来てくださいね

2010/03/25 (Thu) 00:45 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

竜野は駅名としてぐらいしか知りませんでした。
長野県の辰野と同音として。

落ち着いたいい町並みですね。
十文字川、コンクリートで固められてしまっているのがちょっと残念でした。

2010/03/25 (Thu) 06:00 | AGIOS #HC9guL7U | URL | 編集

AGIOSさんへ

十文字川 
もとは用水だったのですが 汚物が流れ臭気と害虫の発生で周囲が困っていたので昭和35年から10年をかけてコンクリートで固めたそうです
これは県下最初のコンクリート底 護岸工事だったそうです
下水道が完備していなかったので 河川が下水化していたのですね

2010/03/26 (Fri) 01:08 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する