スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009公智神社の秋祭り3 布団太鼓宮入から夕暮れまで

西宮市山口町の公智神社の秋祭り パート3 です
パート1 パート2 まだ見ていない人は 先に見てくださいね

だんじり6基の宮入りが済み 最後に登場するのは 形の違うだんじり 布団太鼓です
だんじりは 地車と言う漢字が当てられる曳きだんじりと 担ぐかぎだんじりの2種類があります 
太鼓台には お神輿のような屋根のものもありますが ここのは布団を重ねた屋根の布団太鼓です

こんな形ですよ 

布団太鼓1

今年は動画で写していて よく分かるように写っている写真がないので 2007年の写真です


では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!




続きです

布団太鼓は 担ぎますから 坂道や段差があっても大丈夫なのです
内部には 太鼓があり 乗り子と呼ばれる少年(10歳ぐらい)4名が派手な着物を着てのりこみ太鼓をたたきます

いわば稚児ですね 
地面に脚をつけてはいけないのか 肩車をしてもらっていました
これも2007年の撮影です

肩車される乗り子

では 宮入りの様子を動画でどうぞ
拝殿の石段の上から写しています
押されてちょっと絵が不安定な部分も有りますがご容赦

神前でのパフォーマンス 練って回って差し上げて そして ・・・
迫力ありますよ



最後 すごいでしょ
子供達 飛び出さないように縛り付けてあるんではないかしら

境内は もう身動きできないぐらいの人でいっぱいです

中学生による山口町の伝統芸能 獅子舞が行われています
獅子舞は 獅子と小猿のじゃれあいの様子をコミカルに表現したものです

これも2007年に写した写真です

獅子と子猿

ちょっと疲れた私は 人ごみから逃れたくて 神社を後にしました

宮入後の境内

田んぼの中の道を三々五々人々が帰っていきます
前を仲良し二人組みが 歩いています

仲良し二人

コスモスが咲き ススキが揺れ 秋の青い空がどこまでも広がっています

秋の風景

バス停に着きましたが バスは行ってしまった後でした
西宮市街地に直接帰れる’さくらやまなみバス’は 1時間に1本しか有りません
有馬温泉に行くバスは 何本かきました 
有馬から芦屋まで山越えのバスで帰ることも出来ますが この日はさくらやまなみバス一日乗車券(¥1200)で来ています
さくらやまなみバスを待っています

のんびりと有馬川を見ながら待っていると 向こうからだんじり囃子が聞こえてきました
宮出しを終えただんじりが各地域に戻っていくのです
旧街道を巡行するのですが 一部分だけ 県道を通るのです
信号が変わって 対向車を止めて バス道をとおり 又旧街道に入っていいます

先ずやってきたのが 中野のだんじりです

はいってきたのとは反対の順序で宮出しをするのです

帰っていくだんじり 中野

無事に宮入 宮出しを終えてなんだかほっとした表情ですね
だんじりは 又 バス道から狭い道に向かっていきます
だんじりについて帰っていく女の子がお母さんに話しかけています
可愛いですね

だんじりと母と子

金仙寺がやってきました
みんなニコニコ リラックスしているようなお顔ですね

帰っていく金仙寺だんじり

ひときわ大きな上山口のだんじりが やってきました

上山口の大だんじり

秋の空に筋雲が流れていきます

上山口のだんじりと秋の空

最後に上山口の小だんじりがやってきました

上山口の小さいだんじり

細い道に入るために 押して曳いて方向転換です
シャツの背中には 壇尻保存会と書いて 社紋がプリントされています

上山口小だんじり

これで もうだんじりは来年まで見ることは出来ません
さようなら

山口町の皆様
今年もすばらしいお祭り ありがとうございました
来年も アット驚くパフォーマンス 期待しています

帰っていくだんじり

帰りのバスの窓から 色づき始めてきた六甲の山が見えていました
まもなく赤や黄色の裾模様になるでしょう

バスの車窓から

随分と長くなりました
有名でもない村祭りに最後までお付き合いくださいまして ありがとうございました
こういうお祭り いつまでも続いて欲しいなとつくづく思いますね

最後に もう一度 公智神社の地図です こちら 

次回は 山口町の風景をご紹介します


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2009/10/11


関連記事
スポンサーサイト

コメント

祭りのあと

夕日にてらされただんじりもステキですね。
私は祭りの前に名来だんじりについてあるいて神社へ行き、
帰りは中野だんじりを御旅所辺りまで見送って帰りました。
私も来年はもっと違う場所で楽しみたいです。

2009/10/26 (Mon) 18:43 | 香苗 #- | URL | 編集

こんにちは~

1~3までまとめて拝見させていただきました。
正面からの動画、大迫力ですね!
ぶつかってきそうな感覚です。
そしてラストに唖然
子供、命綱付きでしょうね(笑)

こういう祭りは見に行けないので臨場感をありがとうございました。

2009/10/26 (Mon) 19:14 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集

 祭りの後(帰るだんじり)の写真がいいですね。

 祭りのあとの充実感と寂しさ、そんなものが去来しました。

2009/10/26 (Mon) 23:08 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
お返事です

お返事です

香苗さん

こちらにもありがとうございます

帰りだんじりを写せたのはラッキーでした
早く着いててバスに間に合っていたら 写さなくて帰ってしまっているところでした
私も1昨年は 最初 下山口大だんじりに付いて 上山口のほうにあるいていき またお旅所まで戻って 神事を見て 宮入を追っかけました
こんどは 金仙寺あたりから 着いて歩こうかしら
ちょっと遠いですね

とっぷんさんへ

正面からの動画 2007年にもいくつか写しているのですが カメラの動画の画素数が小さくてあまり良くないから今年は頑張って写そうと 他の場所はパスして 待ち受けました
布団太鼓の最後の場面 すごいでしょ
1昨年はちょっと気分が悪くなって 人ごみを抜けて 座っていて見逃したのですよ
連れに 「見たか?」と聞かれて 見ていないというと教えてくれましたので 今年は最後の最後までちゃんと見届けました
1昨年に間近で見たときの記憶ではくくりつけていたと思います 
でないと 落ちますよ
この日も泣き声が聞こえたような気がしましたよ

RKROOMさんへ

ありがとうございます
狙ってそこで待ってたわけではないのですが 良い場面に出会えました
段々と ここのお祭りの様子が分かってきたので 来年はもっといい写真を写したいです

2009/10/26 (Mon) 23:41 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
ところ変わればですですね

私にのとって え~~新鮮な感じっていうか
 味わったことがない種のもので どうなの?
 実際にみてみたい 感じてみたいっていうお祭りですね。。

 機会がなったら 是非行ってみていですね!! 

 担ぐ だんじり なんていうのがあったのですか!! 
  
 流れる雲の下のだんじり とりいのをくぐるところのだんじり 
  いや~ 絵になっていますね 

 そうそう お囃子も乗って お子様がえ~ 縛り付けてある
  あはは 笑っちゃう(^o^)
 やはり いってみたいなぁ~ 

2009/10/27 (Tue) 02:31 | kei #CvGXsNjo | URL | 編集
お知らせ忘れた!

先日 ”箕輪城まつり”っていうのに行って来ました。。 

戦国時代にタイムスリップ 
 箕輪軍対武田軍の戦いを再現する「箕輪城攻防戦」 

大砲の号砲なる響く中で  
 そこまでする! 本気モードで 
 迫力満点!!! 

 見に来てね!!! 
    おいで ^^)/~
 

2009/10/27 (Tue) 02:47 | kei #CvGXsNjo | URL | 編集
揺れる

 平安神宮のリンクありがとうございました。お祭りの動画を見ていたら 
 揺れているようで 酔いそうです。
 一生懸命にたたく 太鼓の音  落として びっくりデス。
 いろんな祭りがあるんですね!

2009/10/27 (Tue) 20:29 | 小紋 #- | URL | 編集
keiちゃんへ

keiちゃんへ

< 所かわれば・・・

何しろこちらは田舎と会いえ 天子さまのおわした都に近く 天下の名湯「有馬温泉
には 天皇や皇族 関白さんがよく来ていたのです

各地方により細かい部分は異なりますが 関西の祭りはこういうのが多いです

< 担ぐ だんじり なんていうのがあったのですか!! 

担いでいますが 決してお神輿ではないのです
お神輿は神社のもので 神様の乗り物です だんじりは氏子のものです
でも 布団太鼓は ひきだんじりともすこし性格が違うようですね
お神輿に近いです
ですから大人は乗れない
穢れなき子供が正装して乗ります

祇園祭のお稚児さんと一緒です

それを地面にたたきつけるのだから もう びっくりですね

「箕輪城攻防戦」  みましたよ~~
すごいですね
戦国コスプレ マニアにはたまらんですね
神戸祭りでガンダムのようなコスプレをした人は見ましたが 戦国武将はいたかなぁ



2009/10/27 (Tue) 22:03 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
小紋さんへ

< お祭りの動画を見ていたら 
 揺れているようで 酔いそうです。

画面安定していなくてごめんなさいね
しっかり踏ん張って建っていたのですが 人波に押されてまっすぐ立って手を伸ばしていることが出来ませんでした

最後に落とすのは 以前にも来ていますから知っていましたが まぁ よくあんなことを・・
自分達の子供ですのにね

自分達も子供の頃には落とされたのでしょうね 

2009/10/27 (Tue) 22:08 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

日本のお祭りも北から南まで、いろいろなお祭りがあるのですね!!!
ふとん祭り?初めて見ました(聞きました)動画をじっと見ていたら、何か気分が悪くなって来ました(笑い)
最後の写真、男の子はお祭りに酔ったのでしょうか、疲れた感じですね?
珍しいお祭りの写真、ありがとうございました。

2009/10/28 (Wed) 19:58 | ちびころ #- | URL | 編集
ちびころさんへ

新見には布団太鼓はないのですね
だんじりはありますか?
お祭りは地方のよっていろいろですね
関西ではだんじりが殆どです
お神輿は神社のがあるだけです

私はだんじりには乗ったことはありませんが そんなに乗り心地の良いものとは思えないですね
布団太鼓はあれだけもまれて最後は落とされるのですから 乗り心地は最悪でしょうね
でも 最後までちゃんと元気よく太鼓をたたいて立派でした

2009/10/28 (Wed) 21:54 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。