生きている化石 ピラルクが泳ぐ 須磨水族園4

須磨水族園にはアマゾン館というのがあります
ここにも チューブ型水中トンネルがあり 頭の上を巨大な淡水魚が泳いでいるのです

ピラルク

この魚 ピラルクといいます
とてつもなく大きいのです イルカよりは小さいけれどね(イルカは魚ではないわよね)

アロワナ目アロワナ科 体長3m以上になり、世界最大の淡水魚の一つに数えられています
南米のアマゾン川流域に分布し、沼地や川の流れのゆるい所に生息するということです

進化において1億年間殆ど姿が変わっていないと考えられ、生きた化石とも言われています

悠然と泳いでいます 何枚も写真を撮りました

続きで見てくださいね

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

アロワナの一種なのですが アロワナは現在はワシントン条約で保護指定されています
が アマゾン流域では昔から重要な食用魚だったそうで いまも現地では食べられているということです

中学高校と同じだった友人で 仕事で20数年アマゾン暮らしをした人がいるのです
2ヶ月ほど前に アマゾン時代の話をいろいろと聞いたのですが 確かこのピラルクを食べた話が出てきたような・・

こんど会ったら どんな味だったか聞いてみましょう

大きさに圧倒されながら写してきました

見てくださいね アクリル板越しですが すぐ近くを泳いでいるのです
大きすぎて フレームに収まりません

動いているから ピンボケごめん

ピラルク2

ピラルク3

食い入るように見ています

泳ぐ化石

トンネル水槽です

水中トンネルを歩く

頭の上にさかな

左がピラルクですね 右はなにかなぁ

トンネルの上

アロワナという魚に記憶があるのです

昔 まだワシントン条約が出きる前のことです

姉の夫が熱帯魚を買っていました
大きな水槽があって 灰色の大きな魚がいました
そして 餌は なんと生きたままの金魚でした
金魚すくい用の金魚を買ってきてやっていました
アロワナが金魚を食べるところを見るのはとてもいやでした
まさかピラルクではなかったと思いますが おなじような顔でした

追記
義兄はもう亡くなっていますので 姉に確認のため聞いてみました 

アロワナもピラルクも飼っていたそうです
アロワナは銀色だったといっていました
ピラルクは 金魚のほかにも生肉も食べたのだそうですが 生肉をやると水がよごれてたいへんだったそうです
1m20ぐらいまで大きくなったそうです

ある日 水槽から飛び出して 死んでしまいました
その後 姉達は驚くような行動をしていました
食用の魚だからと 魚屋に持ち込んでおろしてもらったというのです
魚屋さんは 「うろこが引けない これはなんという魚か?」と聞いたそうです
身は マスのようなピンクだったといっています
水槽で飼っていたから おいしくなかったそうです
そういえばこの話は聞いていました
母が「なんと言うことをするんやろう」となげいていました

なんとも変り者の夫婦でした

そのほかにも レッド何とか イール うなぎですよね
それも飼っていたことがありました
これは ザリガニの小さいのが餌だったそうです

いつも見たことも無いような奇妙なグロテスクな熱帯魚がいました

そのころグッピーや 赤や青のきれいな海遊魚を飼うのがはやっていたので どうしてそういう魚を飼わないのかときくと 人が飼っていないようなのを飼っているといいました (追記おわり)

アマゾン館にはほかにもいろいろ展示をしていたようですが ほかのものは全く記憶にありません
ピラルクだけを見ていました
それだけの存在感のある魚でした

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2009/08/04
レンズ TAMRON AF 18.0 - 200.0 mm

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ピラルク

ピラルクは淡水魚とは信じられないような大きさと一見ワニのような恐ろしい顔で悠然と泳ぐ様は、見るものを圧倒せずにはおりません。こうして水槽の外側から見ているので平然としていられますが、これがアマゾンの川に潜っていきなりピラルクに出くわしたら、きっと恐くて逃げ出してしまうでしょうね。
自転車で訪ねた栃木県の“なかがわ水遊園”も同じような施設でピラルクが飼育されていました。水族館って水に潜らなくても水中の魚が見れるところがいいですよね、わたしは大好きなんんです。

2009/08/13 (Thu) 10:13 | koji #- | URL | 編集
kojiさんへ

kojiさんも ピラルクをご覧になったことがあるのですね
すごいですよね
あっとうされます
あの獰猛そうな特異な顔 もうびっくりです
琵琶湖博物館の淡水魚の水槽にはいませんでした

私も水族館は大好きで 旅行先でも水族館があるといっています

友人のアマゾン体験談 すごく面白かったです
折に触れて聞いていましたが そのときは 2時間ほどの時間 集まりで話してくれたのです
こんどあったら もっとピラルクの話を聞いてきます

相当の奥地にいましたから 自然の中の写真も持っているかも・・

2009/08/13 (Thu) 10:42 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
見たことあります

 一億年 うーん 大昔!
 大分? 福岡? どこかでみたわ。
 いまめだか飼ってます。ちっせ。

2009/08/13 (Thu) 13:15 | 小紋 #- | URL | 編集
アマゾン館

7月22日に大雨の日・・・行った時
アマゾン館に入ってないのです。

再度行って写真の撮り直しをしますので その時見てきます。

なんだか怖いような顔していますね。

2009/08/13 (Thu) 14:53 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集
お返事です

小紋さんへ

鹿児島の水族館ではありませんか?
ピラルク  vs メダカ どれぐらいの比だろう
ピラルクのうろこ一枚に何匹のメダカが乗るでしょうね

kikukoさんへ

アマゾン館には 行かなかったのですか
私は アマゾンと見たとたんに友人の顔が浮かんで(同行した友人も同じく中学高校の同級生でしたので)入りましたよ

ピラルクは 必見ですね

2009/08/13 (Thu) 16:24 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する