スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生楽ありゃ 苦もあるさ

神戸祭りの写真にも ちょっと飽きてきましたので 全く関係のない 話題です

♪ 人生楽ありゃ 苦もあるさ  ご存知 TVドラマ「水戸黄門」の主題歌です

また シリーズが始まりましたね 第40話とか

この間電車(JR)に乗っていて ふと中吊り広告を見ると この主題を墨痕鮮やかに書かれたポスターが下がっていました

水戸黄門ポスター

すごくいい字ですねぇ
力強くて 品格があって それでいて読めるというのがうれしいです 

誰の書か気になって 座っていたのに立っていって写してきました

最後に 落款の上に名前が書いてあるのですが この字が読めません

○○書

最後の字は 書 と言う字ですが 二文字なのか三文字なのか

帰ってから ネットで調べました水戸黄門のHPで分かりましたよ

若手と言うか中堅と言うかアラフォー世代の書家で  柿沼康二さんでした
康二書 と書いてあったのですね
そういわれれば そのように見えてきました

風林火山題字
大河ドラマ「風林火山」の題字を書いた人でした
あのタイトルも力強くてすごい字だなと 誰が書いたのだろうと気になって調べたことがありました


YOU TUBEに 古典の臨書をしている動画が何点かアップしてありました
その中からです



アラフォー世代のこの書家は 金髪です
でも 書は古典をきっちりとお勉強した人の字ですね

ときどき 字を見て どんな人が書いたのだろと とっても気にることがあります
書というのは その人のひととなりが出てきます


この中吊りは 期間限定でかかったようですが いまもかかっているかしら

ドラマ水戸黄門も 久しぶりに見ましたよ
由実かおるさん 健在で まだお風呂に入っておられました
うっかり八兵衛も 出てきました
助さん 格さんは 知らない人でした
黄門さんは 誰だったかな 東映の そうそう 里見浩太郎さん 
以前 助さんをしていたのが いまは黄門さん
もう40年続いているのですね

ナショナル版の初代は 東野英治郎さん カッカッカッとわらったのよね


今日はいつもと違って ちょっと独り言みたいな雑感です
散歩日記ではないけれど お出かけしていて見たものから 始まったから お散歩日記にと言うことで・・

タイトル文字 そのドラマにぴったりなのもあるし 合わないものもありますね
今年の大河ドラマ「天地人」の題字は はっきりいうと 嫌いです
ドラマも 殆ど見ていません

ランキング応援クリック 良かったらしていってくださいね

このところ ランキングのポイントが足踏み状態です

マンネリ状態なんでしょうか

元気付けにクリック おねがいします

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 鉄道写真 | Genre: 写真

コメント

読めない字多いですね!

昔の書、流れるように書かれた字?
本当に読めない!
読める人がいるの?
読める人はすごいと思います。

風林火山いいですね!

人生は、、、、
私の人生はどうかな?
もうすこしで終わりですが、、、??

2009/08/02 (Sun) 03:07 | あそびましょ! #- | URL | 編集
いい字ですね~

筆さばき(!?)っていうのか、見とれてしまいました。
筆の空間っていうのか、筆の間にぽこっと隙間ができてるのが、いいですね。
きっと、力の入れ具合とか、
気持ちの入れ具合で、ああいう、緩急の筆運びになるんですね~。

気持ちが、すぅ~っとしました。

私たち颯爽の今年の衣装の背中に背負っている「颯爽」の文字は、颯爽の設立前から、懇意にしていただいている、田村風外先生に、久々に書いていただいています。

2009/08/02 (Sun) 08:35 | YUCA@颯爽 #- | URL | 編集
お返事です

あそびましょさん

古文書が草書で読めない文字が多いのですが 印刷技術のなかった時代 すべての文書は手書きで 書くのが専門の人が一日中書いていたのですよね
力の入っていない流れるような文字は そういう人によってかかれたのでしょうね
楷書では 書くのに時間かかりますもの
きちんとした文書は楷書で書いたでしょうが メモ程度のものは これ読めるの?と言う字ですね

でも 法則にのっとった崩し方があったようです
我流で崩した文字は 読めないですね
書いた本人もよめなかったりして

YUCAさんへ

筆文字は言いでっすね
子供のころと高校のころには 書道をしていましたが ここ 何年も筆を持つことが無くなりました
みんなパソコンがいけないのです
年賀状の宛名書きもPCになってしまいました

とても基礎のしっかりした字を書かれていると思います

私は自分では書けなくても 高校のころの先生が 日展に連続入賞されていた先生で 良い字をいっぱい見せていただいていました
すこしは見る目があるようです

颯爽の文字 初期のフラウやハッピ?に舞っていますね
こんどはどんな文字かしら
今日新曲を拝見するのが楽しみです
 

2009/08/02 (Sun) 09:49 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

電車のつり広告の写真は珍しいですね。

家内が今、食彩浪漫のテキスト(2007年8月)から柿沼さんの出ているページを引っ張り出してきました。

水戸黄門、長い番組ですね。
今回はうっかり八兵衛からちゃっかり八兵衛に交代ですね。

2009/08/02 (Sun) 20:44 | AGIOS #- | URL | 編集
AGIOSさんへ

電車の中で 広告を写しているなんて 変なおばさんと ほかの乗客は思われたと思います

でも 誰の字かとっても気になったのです
食彩浪漫に出演されたこともあるのですね

うっかり八兵衛はもう引退なのですね
高橋元太郎さんは スリーファンキーズのころから 歌がとっても上手だったので好きでした
八兵衛をするようになって 歌手をきっぱり辞めてしまったのは残念でした
もう はちべえをしないのなら 又歌ってほしいです
ちゃっかりはちべえは 三平さんの息子ですね
「すいません」 なんてしていました

2009/08/02 (Sun) 22:55 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

 「書」というと読めなかったりするのですが(笑)、字自体を見るのは結構好きです。

 自分が書けるようになったらもっと楽しめるんでしょうけれどね。

2009/08/03 (Mon) 23:17 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
ほ~

よく調べましたね
 ちゃんと記事にまでして 
 楽しく拝見させていたましたよ。。

「風林火山」の題字を書いた人なのですか 

 どうりで味のある字だと思いました
 そうそう 読めるっていうのが いいですね ^^)

片岡鶴太郎 さん
相田みつを さん の字って好き 
 見てるだけで いろいろ瞑想できそう 

以前 絵手紙練習していた時に
 鶴ちゃんの真似して 
  筆の一番お尻を 垂直に軽く持って練習したことがありましたが 
  最初はいらいらしていましたが 結構面白い文字がかけるものですね 
  
  それが下手な字だか???
   味のあるじだか???   ですが。。。 

  ま~ 自己満足で 一人で陶酔していました 。。 

 仕事の見積書もパソコン
  某団体の会議の提案書もパソコン  
   年賀状もパソコン
     申し込み書も ネットでパソコン  

 たまには筆を持って ”自筆”ってやつも いいですよね

 私独自の書き方があります 
  筆を寝せて 筆の先でなくて毛の腹で書くやり方です
  以前年賀状を これで書きました 
  あて先も 本文もこれで 

  兎に角文字がでかい ”大胆書体”
   笑ちゃうぐらいに! でかい! 太い! 文字で。。
   も~ はがきの面は でかい文字で埋まっています。。 
   郵便配達の人もあて先が読みずらかったかも。。 

   結構評判よかったですよ。。。

 また 絵筆取り出して 書きたくなりました。。  
  

2009/08/04 (Tue) 01:08 | kei #CvGXsNjo | URL | 編集
お返事です

RKROOMさんへ

読めなくても 墨の黒と空白部分のバランスやリズム などで アートとして楽しむことも出来ますが 読めれば意味もわかって楽しいですね

私は 筆文字 好きです
子供のころの書道塾で お座りして書いていたころのことや 高校のころの文化祭前の練習など思い出しますね

いまは 全然書けません
呼吸法が一番大事なのですが うまく息が出来ないのかなぁ

keiちゃんへ

あのね 筆のお尻を垂直に軽く持って・・・
これ 基本 天井から筆がぶら下がってきているつもりで書くのがいいのです
しりもちついて書いたら重くて重くてドタドタとのたくった文字になります
スキーと同じです

私 理屈は分かっているのですが 実行はなかなか難しいです

呼吸法が大事だと上に書きましたが 私の先生は 合気道10段でした
その先生の横にたって 同じ息をして一生懸命習っていました

鶴ちゃん いい字と絵を書きますね
じっくりと基礎からのお勉強をしたわけではなくても すごくいい感覚と筆使いだと思います
お手本は活字だそうですよ
確か 中川一政さんに出会ってからはじめられたようですが 中川一政サンはすごい絵と書を描く人です

相田みつおさんは 基本がきっちり出来た上で ああいう文字を書いているから すごいのです
下手な人がああいう文字を書いても下手なだけです
でもお説教くさいから ちょっと敬遠です

私が一番好きなのは やはり 榊 莫山さんですね
この人も 若くして頂点まで上がって書壇から離れた人です
絵も書も すばらしいです

筆の腹で書くのは 側筆といって 書道ではしてはいけない筆使いNO1です
勢いが死ぬのです
太っているだけで 動きの悪い相撲取りになってしまいます

2009/08/04 (Tue) 01:58 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。