スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海清寺の大クスノキ

海清寺 続きです

クスノキは 西宮市の市の木
しないには大クスノキが何本もあります

その中でも一番有名なのが ここ 海清寺の大クスノキです
海清寺に関しては前回アップしています  ここ

海清寺は14世紀末 南北朝のころに 臨済宗妙心寺派の高僧、無因宗因(むいんそういん)に寄って開かれた禅寺です

この大楠の木は 創建と同じ時に 植えられたものと伝えられています

海清寺の大クスノキ1

大きくて立派なクスノキでしょう


では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

海清寺 大クスノキと三門

クスノキの前には 説明札が建ててありました

それによると

兵庫県指定 天然記念物

海清寺の大クスノキ 指定年月日 昭和41年3月22日

このクスノキは 海清寺の開かれた応永初年(1394年)に植えられたと伝えられ 樹齢薬600年を超える。
現在 その根回りは約9.2m 幹の目通り周は 約5.83m 樹高は焼く35mを測り 枝ぶりは東へ約15.5m 西へ約19m 南へ約14m 北へ約19mにも及びます



とのことです
クスノキは もともと南方の樹木で 西日本に多く見られます

神社やお寺に植えられていることが多いです

クスノキは常緑です
初夏には 花が咲き 大量の葉が落ちます
花日記「今日の花」にアップしています よかったらみてください こちら 

晩秋、直径7~8mm程度の球形の果実が黒く熟し 鳥が食べています

全体に特異な芳香を持ち「臭し(くすし)」がクスの語源です
クスノキからは 材や根を水蒸気蒸留し樟脳をつくります

姉のタンスは樟脳で作ったタンスです クスノキでたんすを作れば樟脳を入れなくても良いとかいわれて使われたようです 

今は化学合成された防虫剤が主役を占めていますが 昔は たんすを開けると プ~ンと樟脳が香りました
衣替えの季節には 電車は樟脳のニオイにみちていましたね


すこし離れて 全景です

海清寺の大クスノキ2

もう少し離れてみてみましょう

海清寺 大クスノキ4

大きいですね
ここは六湛寺公園
春には桜 コブがさき 夏にはセミが大合唱しています
西宮オリジナルの桜の木もあるのですよ

周辺には このクスノキのほかにも大きな木があります

クスノキは また 兵庫県の木でもあるのでした

有名なのは 須磨離宮のオオクスノキ 相楽園のオオクスノキなどですね

あのこんもりとした樹形が好きで クスノキはよく写真を写しています
また 今までに写した各地のクスノキで クスノキ写真のアルバムでも作りましょう


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G10


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 地域情報 | Genre: 写真

コメント

こういう立派な木を大切にしているのはいいものですね。

この間、仕事の帰りにある神社に寄ったら、思いの外大きな神社で、立派な木が何本もありました、

2009/07/10 (Fri) 16:24 | AGIOS #HC9guL7U | URL | 編集
AGIOSさんへ

楠の大木が何本も保護樹木に指定されています
わたしの近所にも何本かありますが 一般家庭の庭の木もありますよ
いつも寄る公園にも大きな楠があります

落ち着かせてくれる木ですね

神社は保護されてきた樹林を持っている所も多いです
昔から神域とされてきたからでしょうね

2009/07/10 (Fri) 22:50 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
大いなる存在感

大きな木はもうそれだけで見ているわたし達を圧倒する威厳と存在感に満ちあふれています。思えばわたし達より遙か昔から幾多の風雪に耐え、この世界をじっと見ながら生きてきているのですから、当たり前のことではあります。しかもこれからもずっと生き続けて行くのです。
わたしの庭には同じクスノキ科のクロモジが植えてあります。“ヨウジノキ(楊枝の木)”なんて言われるようで、羊羹などの和菓子についてくる茶色い木の皮がくっついたような楊枝がそれなんだそうです。小枝を折るとなるほどクスノキ科と思わせる芳香があります。
わたしも大きな木を見るのが大好きです。近づいただけで、なにか大きな力をもらったようなそんな気分になります。

2009/07/11 (Sat) 08:54 | koji #- | URL | 編集
クロモジ

クロモジ 上等の和菓子を買えばついてきますね
それだけでは足りないので 別に買っていますけれども 金属製のものよりも香りがするので好きですね

今日もまた クリニックの帰りに いつもの公園の大きなクスノキの下のベンチに座って子供達が遊んでいるのをみていました
土曜日ですから 沢山の子供がいましたよ
クスノキは いろんな光景を見てきたのでしようね

2009/07/11 (Sat) 13:48 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

 クスノキ、大きいですね。


 クスノキに限らず、大樹を見ると、その歴史に思いを馳せてしまいます。

2009/07/11 (Sat) 23:27 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。