スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手塚治虫記念館

今日は 宝塚市立手塚治虫記念館のご案内です

漫画の神様 手塚治虫(本名 手塚 治)は 1928年(昭和3年)大坂府豊能郡豊中町(現在の豊中市)に生まれ 1933年に宝塚市に引っ越してきたのです
1952年に上京し 「トキワ荘」に住むのです

宝塚市立手塚治虫記念館は、この宝塚の街で育まれた手塚治虫の精神である
「自然への愛と生命の尊さ」
を基本テーマに、氏の偉業を広く後世に伝えるとともに、未来を担う青少年に夢と希望を与える施設として、1994年(平成6年)4月25日に開館しました。
手塚治虫記念館HPより引用



手塚勇記念館1

記念館は 地上2階地下2階立て 屋上には 遺作となった「ガラスの地球を救え」のガラスの地球をデザインしてあります

2009年4月25日、手塚治虫記念館は開館15周年を迎えました

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

開館15周年を迎えた2009年4月25日、「リボンの騎士」のサファイアが宝塚市に「転入」しました
住民票が 交付されたのです

小学校のころ リボンの騎士 読んでいました
とってもきれいな絵で でも 内容は難しくて分かりませんでした
吟遊詩人というのが そもそも分からないのです
母に聞いても知らないといわれたのは覚えています

アトム もちろんよんでいます
アニメも見ていました

記念館は以前に行ったことはありますが 内部写真はありません
懐かしい本や原画が展示してあり 中でアニメの映写が行われています
今月は 新型インフル騒ぎで一時閉館していましたが 又 開いています

今回は ガーデンズ側の入り口の天井の絵を見てくださいね

下手な説明はなしです

手塚勇記念館2

手塚勇記念館3

手塚勇記念館4

手塚勇記念館5

手塚勇記念館6

私 手塚治虫さんを一度だけですが お見かけしたことがあります
大阪の毎日ホール(今はもうありません)の階段を下りてこられたのです
すれ違いました 1973年秋でした
母校の創立100周年記念の催しでのことでした

このぼろぼろになった本は 手塚治虫さんが中学時代に手書きした冊子です
旧制中学時代の親友だった方がお持ちのものです

クラスで「動物同好会」を結成し、『動物の世界』を発行したのです

見せていただきましたが 本当に小さな虫を精密にペンで描いてありました
表紙は ヤマトシジミでしょうか
箕面や能勢の山を昆虫網を持って お二人で走りまわっておられたそうです

動物の世界

本名は 明治節(明治天皇誕生日)に生まれたので 治だったのですが オサムシ(甲虫の一種)が好きだったので  虫をつけて 治虫にされたそうです
オサムシと読んでもらいたかったらしいですが 出版社の意向もあり おさむになったとか・・
絵の左下のサインは osamu と書いて後ろに虫の絵があります

こんな名刺を 作ってもらったこともありました
校舎の上でアトムが校旗を振っているところです
アトムの絵は 手塚さんがかかれたものです 原画は こちら 
デザインラボがアトム名刺のデザインを制作してくれたのです
そのときに作ったのは もちろん名前は TOSSYでは ないのですが・・

アトム名詞

手塚さんも私も同じ校舎で勉強をしたのですが 今はもう この校舎はありません

手塚さんがかかれた自画像です
中学時代の制服姿を描いています 73年にかかれたものです

手塚自画像

これは 学校に残っていた授業で書かれたデッサンです

手塚さんの絵

これは 少年雑誌の付録の鉄腕アトム 手塚マニアの方のコレクションです
昔の雑誌って 別冊付録がついていましたね

アトム本

宝塚歌劇の好きだった母上に連れられて小さなころから歌劇を見ておられたようです
サファイヤ姫など宝塚そのものですね
家があったところは 現在の住所表示では 川面(かわも)ですね
以前に聞いたところによると 家は完全に建て直されているが 大きなクスの木はそのままだとか・・ 数年前の話ですから 今もあるかしら?

2002年正月特別番組で 戦争中の宝塚歌劇を描いた「愛と青春の宝塚」と言うドラマがあったのですが この中に少年時代の手塚治虫が出てきたのですよ

手塚漫画のファンの方にお勧めは のりみさんの運営されているサイト「森の伝説」は全編手塚関連です 克明に歩いて調べられています
ぜひご覧くださいね

今回 記念館のことを調べていてわかっったのですが 内部の写真OKだそうです
また ゆっくりと行ってみようと思っています

最後までありがとうございました

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2009/05/12

資料画像撮影は いろいろの機種 日時です

関連記事
スポンサーサイト

コメント

名刺は宝物ですね。

2009/05/28 (Thu) 06:23 | AGIOS #HC9guL7U | URL | 編集
プチンの関所 通って参りました^^)

手塚治虫って 私もこの漫画を見ながら育った世代ですから懐かしいですね
そうそう テレビもまだ白黒でしたものね。。。
 
入り口の天井 さすが漫画の神様記念館ですね 
 ファンタジックですねぇ~ 
 子供のころ ここに行っていたらすごい感激ものでしたでしょうね

”手塚治虫さんを一度だけお会いした” 
 え~~ すご~~い 

”名詞を作ってもらった”て 
 手塚先生に描いてもらったってこと?? 
 だとすると それは すごすぎですね!! 

そちら方面に行くとしたら
  ここも予定に入れておきたいですね。。。

2009/05/28 (Thu) 09:14 | kei #CvGXsNjo | URL | 編集
お返事です

AGIOSさんへ

名詞はもちろんTOSSYと言うのではないのですよ
現品は つかってしまってないのですが 最初にPCに入れておいたので 自分でまだ作れるのです

keiちゃんへ

< ”手塚治虫さんを一度だけお会いした” 

いぇ 只 一方的にお見かけしただけです
あちら様は 認識されていません

名詞 ちょっと言葉足らずでした

アトムの原画を描かれたのは 手塚先生です
それを使ってデザインラボがデザインを作ったのです
同窓会で名詞交換会用に作ってもらったのです

アトム原画です
http://blog-imgs-24.fc2.com/k/a/n/kannnon/takarazuka011_1.jpg

手塚治虫記念館 アトム世代はぜひ一度は行くべきです
感激しますよ
http://blog-imgs-24.fc2.com/k/a/n/kannnon/takarazuka011_1.jpg

73年にかかれたものだそうです

2009/05/28 (Thu) 13:38 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

こんにちは~。
リボンの騎士、テレビはよく見てましたが確かに詳しい内容はわからず見てたような。(笑)
それにしても手塚治虫さんとバッタリは凄いサプライズでしたね。

貴重なものがたくさん。
ウチの子は外の天井画で大喜びしそうです。
中で放映されてるテレビ、今の子でも釘付けでしょうね。

2009/05/29 (Fri) 10:37 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集
とっぷんさんへ

手塚さんがあんなにお早くなくなられるなんて思いもしませんでした

同窓会関連で 毎年4月は手塚関連のイベントがあって 同級生だった方たちから いろいろなお話 知られざるエピソードをを聞いたり 貴重な写真を見せていただいたりする機会があるのです

記念館の中では 好きな作品を選んでモニターで見ることも出来るし ホールでは月替わりで TV作品ではない作品を映写しています

ぜひ一度お子様を連れて行ってあげてください
でも きっと大喜びはパパちゃんだったりして・・

2009/05/29 (Fri) 13:33 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

大阪の出身なんですね
りっぱな記念館ですね
メルヘンチックな天井画で
今度いきますね
情報ありがとう・

2009/05/31 (Sun) 04:39 | 一太郎 #- | URL | 編集
一太郎さんへ

手塚さんは 生まれたのは 大坂府 学校はすべて大坂府ですが 宝塚市は兵庫県になります

手塚漫画が好きだった子供時代に戻れるところですよ
連載していた雑誌も展示してありました
ぜひ一度いかれる良いいですよ

2009/05/31 (Sun) 16:42 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。