鳴門への旅6 スリル満点 うずしお船

鳴門への旅6 です

いよいよ最大目的の観潮船からのうずしお見物です

うずしお

2時出航の船に乗ったのです

そうそう 食事をするところがないというところで前回は終わっていましたね
少し離れた鳴門公園バス停のところにうどんやがあると船会社で教えてもらって いってきました 
車の道の歩道を 路線バス一駅分を登りました 景色はよかったですね

第2 第3駐車場のすぐそばでおみやげ物やさんでした

そこでうどんを食べて 売っていたおせんべいを買ってそれも食べました
そしておばさんに 帰りのバスの時間を教えてもらいました
高速鳴門のバス停に行くバスですが ここも本数が少ないですね
1時間に一本でした

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!



 
続きです

時間を見計らって 船乗り場に戻りました
目の下に うずしお汽船が見えています

鳴門観潮船は 2つの会社がしています

ひとつは 鳴門観光汽船
ここは大型観光船と水中観潮船の二つの船を出しています
大型船は ゆれが少ないので船が怖い人にはこちらがいいかもしれませんね
水中観潮船は ガラスを通して水中が見えるという高速小型船です
どちらも渦の真ん中を突っ切っていきます

私が乗ったのは うずしお汽船の高速観潮船
最大83名乗りの小型船ですが その分小回りが効き 渦の間近まで寄ってみることが出来るのです
特に小潮のときは渦がどこに出来るかはわからないので 小回りが利く船のほうが良いよという地元の方の意見を尊重して こちらに乗りました

もう 大正解 とってもよかったです

この船です

うずしお汽船

では いよいよ出発です
平日ですので お客は 8名 どこでも好きなところで見れますよ~~
ここで立ったままみなすよ てすりにつかまってね

観潮船甲板

高速艇というだけあって すごいスピードで 船は飛ばしています 
高速の橋桁と橋桁の間に見えている建物は 大塚美術館です
あっという間に 岸壁は遠くに  たったの3分で うずしおまで到着です

船はすすむ

小さな渦が あちらにも こちらにも 出来ています

うずしお1

帆船がやってきました 
淡路島の福良から出ている観潮船 「日本丸」です そのほかにも「咸臨丸」もあるのですよ

観潮船 日本丸

海の上で見る大鳴門橋 大迫力です

大鳴門橋と渦

真下を通過~~

橋をくぐる

渦を見ていると目がまわりそう~

うずしお2


この方が 案内人さんです
「あっちにでてるよ こんどはこっちだよ」って 教えてくれます

案内人さん

では 臨場感たっぷりの動画をお楽しみください



いかがでしたか? 船酔いはしなかったですか?

30分間の実にクルーズを楽しんで 船は 岸壁に 向かいます

航跡です

航跡

渦は大キクはなかったけれども とっても楽しかったです
こんなにきれいに晴れ上がって 寒くもなく暑くもない 最高のお天気でした

後は 路線バスに乗って 高速バスの乗り場まで行って そこで コーヒーを飲んで帰りましょう

で バス日のって高速鳴門まで行ったのです
そのお店 「本日定休日」 でした 

で 時間をつぶすところもないので バス 1便早いのに変更してもらいました

三宮には 5時半過ぎに到着しました

このバスですよ

阿波エキスプレス JRバス

帰ってから食事の支度をするのも面倒なので 三宮で 出石そば を食べて帰りました
出石は いずしと読みます
兵庫県の城之崎の近くの小京都といわれているところです
そこの名物は この皿ソバ 小さな出石焼きのお皿にソバっを盛り付けています
卵は鶉の卵ではなく鶏卵です 大好きです このお店はよく来ます (出石城下町 千人代官)

出石そば

楽しかった鳴門の旅に 最後までお付き合いくださいまして 有難うございました

これでおしまいです
というところなのですが ちょっとおまけ画像がありますので もう一回 しますね
本筋とは関係のないおまけ画像ですが 楽しい画像ですのでお楽しみに・・・


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2009/04/15


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 四国旅行 | Genre: 旅行
Tag: 鳴門

コメント

出遅れましたが。。。

TOSSYさん ヾ(´▽`*)ゝおはようございます♪

京都は、先週末 冬のような寒さとなり 風邪をひいてしまいました。(^^;)
お陰様で、今日は大分楽になりましたが。。。
なので、鳴門の旅の記事 今、まとめて
ゆっくり拝見しました。。。
渦潮って、豪快なんですね~!
しかも、間近で見ることができるなんて~!
感動です!
海の青さに(*´ -`)(´- `*)ウットリ。。。です!

2009/05/01 (Fri) 09:34 | マリア #3m4C9JA6 | URL | 編集

去年のゴールデンウイークに
渦潮をみました。
私たちは福良から乗ったので
日本丸のほうです。

子供のころから何十回も淡路島に
行ってますが渦潮は初めて。
結構迫力がありますよね。

また明日から淡路島にいってきまーす^^

2009/05/01 (Fri) 14:39 | 新之介 #- | URL | 編集
 絶対

 絶対見に行く!いつか。 
 すばらしい。
 目がまわりそうだけどv-12

2009/05/01 (Fri) 19:27 | 小紋 #- | URL | 編集

船酔いしそうで私は乗るのをやめたのですが・・・・きれいな写真とムービーでやはり1回は乗りたいな?と思います。

鳴門の旅に付き合って本当に楽しかったです。

ただただ・・よくもムービー撮られたことと関心しています。

2009/05/01 (Fri) 22:06 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集
お返事です

マリアさんへ

お風邪 少しよくなられたのですね
よかったですね
本当に先週は寒かったです 私も暖房を入れましたよ

渦潮は 小潮で大きな渦ではなかったのですが あんまり大きな渦だとかえって船に乗るのは怖いですね

まだいかれていないのなら 一度は行かれるといいですよ
海がとってもきれいです

新之介さんへ

日本丸に乗られたのですか
大きな船でしたね
福良からだと渦まで来るのに時間がかかると聞きましたが ミニクルーズ気分を味わえますね
渦潮 今回は 小さいでしたが 以前行ったときに見たのはもっと大きいでした
おまけに 渦の近くに座礁した船がありましたよ
もう 随分昔の話です

小紋さんへ

ぜひいらっしゃるといいわよ
大塚を見て 渦潮船に乗って 鯛を食べる 最高よ

本当にジーと見てると目が回りそうです ぼや~んと見ているのがよさそうです

kikukoさんへ

やはり船には乗ると面白いです
船に弱い人は 大きな船のほうが安心かも知れませんが 渦のところをスーと横切って ず~と向こうまで行って 又戻ってきて 渦を横切るという風なパターンでした
部屋の窓から船の動きを観察していたのです
それで 小さい船にしました
私は船釣りも平気だし 台風の中を沖縄まで船で行ったときも平気だったのです

< ただただ・・よくもムービー撮られたことと関心しています。

手すり(縦の棒)に手を回して体を固定して 右手だけで写しました
何も持たないで両手では危なくて無理ですね

2009/05/01 (Fri) 22:43 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

いやあすばらしい
感動ものですね
吸い込まれそう
目が回って船酔いしそうですね

2009/05/02 (Sat) 05:08 | 一太郎 #- | URL | 編集
うずしお

あの渦潮はあっちにできたり、こっちにできたりすんですね。
知りませんでした。
天気のいい日でよかったですね。

おそばもおいしそうでした。

2009/05/02 (Sat) 09:53 | AGIOS #HC9guL7U | URL | 編集

鳴門大橋の淡路島側の橋梁のコンクリートの受けを造る工事に何度も行きましたが渦潮を海の上で船から見たことは無いです。凄い迫力ですね。(*^_^*)

2009/05/03 (Sun) 22:55 | 栄ちゃん #2jqmHG1U | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する