鳴門への旅4 部屋から大橋が見える

鳴門への旅4 です

大塚美術館から 今夜の宿まで さぁ どう行けばいいのかなぁ 
来るときのタクシーの運転手さんは 宿まで車で5分ぐらいだと言っていた
電話したら迎えに来てくれますよって言っていたから 美術館から宿に電話した

そうしたら 「そこでそのままお待ちください 迎えに行きますから」って 良かった

予約をしたホテルは 昔からの旅館で 全室オーシャンビュー お風呂からも橋と渦が見えるということだった

本当だった

さっそく部屋の窓から写真を写した
まだ 雨が降って 曇っていたけれど 観潮船は出ていた 窓からの眺めです
3時51分の渦です 小さな渦が出来ていました

大橋とうずしお

あの船に明日は乗るのね
晴れるといいなぁ

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
続きです

窓は押し開け式で 10センチそこそこしか開口部が無い
ガラス越しでは ガラスに雨粒がついているし灯りが写りこむ
いろいろ 写し方を考えてやってみた

この船は小さいけれど渦の真ん中を突っ切って 猛スピードで進んでいった

アクアエディ号

浴室からの眺めも最高だった 写真はなしよ
ほかのお客さんは誰もいなかったから ケータイは持っていたから 浴室からの眺めを写してくればよかったですね

お風呂のあとは お楽しみの食事

鳴門とくれば もちろん鯛です
鯛とわかめが鳴門名物 徳島だけれど 鳴門はうどんが名物ではないのです

夕食

鯛の荒炊きに刺身 宝楽(焙烙)焼き 鉄板焼き ご飯は もちろん鯛めし
小さなお釜で炊いた鯛めし 食べるのに忙しくて 写真を写すのは忘れていました
小さなデザートもありました
荒炊きも 焙烙焼きも 鯛めしもおいしかったぁ 大好きなものばかりで うれしかったです

おなかがいっぱいになって しばらく横になってから又窓から写しました
車のライトだけが走っています

夜の大橋

最近はキンキラキンのトラックが無いから さびしい写真にしかなりません
それに 夜遅くなると高速料金が下がるから きっともっと遅くにトラックは通るのでしょう

少し寝ました
夜中に眼を覚ましたら お月様が出ていました
さぁ うつすぞ~

と言っても 三脚も一脚(ストック兼用)も 持って行っていなかったのです
雨が降っていたので 傘とストック二つ持つのは 忘れてしまいそうだし 美術館では邪魔になるし とおもっって おいてきたのです

それで 以前に誰かに教えてもらった 何にも無いときのやり方を実践しました

折りたたみ傘は持っていっていたのです
傘の頭のねじカバーをはずして カメラのねじ穴に傘をつけました
一脚の代用品が出来ました

少しは固定されたから スローシャッターのぶれが 少しましになりました

夜の海峡

お月様と雲と大橋 トラック通らないかなぁ

月明かり

また 少し寝て 朝早くに起きました 5;37です
日の出は まだかなぁ 雲多いなぁ

早朝の海峡

これが 6:15です 雲が厚くて 太陽はでませんでした

G10_20090415_041.jpg

もういちまい これは もう少し前 6:06です

朝の海峡日の出

このあと 少し早朝散歩としゃれ込んで外に出ました
すぐ近くの階段を上がったら 千畳敷展望台でした
寒くて風は強いし とても外にはおれませんでした
宿に帰って ロビーから 海を見ていました
目の前が鳴門大橋です

そうこうするうちに8時になって 朝ごはんです

朝から小さなお釜で一人ずつ炊きたてのご飯  これ感激です
私 ジャーに入っているご飯 大嫌いです

朝ごはん

でも とってもこれだけのご飯はいただけなかったです
学生時代の旅行なら きっと 鮭と海苔でおにぎりを作ってお弁当にしただろうけれど この年でそんなことちょっと恥ずかしくてできません

でも でも 後で 食べるところが無くて大弱りする羽目になろうとは このときはまだ分からなかったのです

この後いよいよ 渦の道を歩いて それから船に乗ります
では 次回をお楽しみに

泊まったホテルは 鳴門エディンフホテル「七洲園」です
七つの国が見えると言う意味だそうです もちろん昔の国です


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 四国旅行 | Genre: 旅行

コメント

橋と渦潮、時々刻々と表情が変わりますね。

傘を一脚代わりに使うって、なかなか思いつかない手です。
さすが。

2009/04/27 (Mon) 23:38 | AGIOS #HC9guL7U | URL | 編集

 素敵なお宿に泊まったようですね。


 私、この朝食に目が釘付け。

 とてもおいしそう♪

2009/04/28 (Tue) 01:01 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集

こんにちは~。
宿から渦潮が!、最高の宿ですね。
珍しく早起き撮影してはりますし(^^)
料理も美味しそう~
ウチは余裕でおにぎり作ってそうです(笑)

そうそう、
泉州野田藤、一般道のとこだけでも早朝にと考えていたのですが
もう見頃過ぎてますかね。
HP見たら早朝から混んでるみたいで、どうしようかなぁ。。。

2009/04/28 (Tue) 09:48 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集
お返事です

AGIOSさんへ

海とうずしお 一日中でも眺めていたいほど 面白いです
三宮からバスに乗れば1時間20分でついてしまうので又言ってみたいです

傘を1脚代わりに使うというアイディア 誰に教えてもらったのか忘れましたが 方法だけは覚えていました
このアイディア 使えますよね
折りたたんだ短い状態で窓枠に乗せて使いました

RKROOMさんへ

温泉ではないのはちょっと残念でしたが お湯には八朔がぷかぷかと浮いていましたよ

食事は おしゃれなものではありませんでしたが おいしかったです

おしゃれな盛り込みで格好をつけて 大しておいしくないのは うんざりなのです

とっぷんさんへ

千畳敷の展望台と同じ景色が窓から見えるのですから 最高ですよ
それでいて ほかのホテルよりおやすいのです

野田フジのことは とっぷんさんのほうにカキコしておきました


2009/04/28 (Tue) 11:04 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
すばらしい

よかったですね。私も行ってみたいです。七州園・・・URL見ました。
橋もここまで撮ってもらって喜んでるでしょうね。

それにしても 朝食すごいですね。

次 大塚美術館に行くときはここにしたいです。

刻々と海の表情が変わるの・・素晴らしく TOOSYさんならではの早業ですね。
ありがとうございました。

2009/04/28 (Tue) 17:40 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集
kikukoさんへ

この宿 良かったですよ
何しろロケーションが最高です
聞くと 戦前からの旅館だそうで 今は3代目だといっていました

国立公園内ですから 今はとてもこんなところに建てられないですよ
松の木を1本切るのにも許可が要るといっていました

ボケ~と海を眺めるには最高のところです
大塚まで海沿いの尾根道の遊歩道で歩いて20分ぐらいでしょうか
私は途中にある2箇所の展望台で座って海を見ていたので時間は分かりません

2009/04/28 (Tue) 22:10 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
うんま~

楽しんでますね 
 豪華絢爛のご旅行ですね 
 でも 雨なの?? あららら 
 傘を一脚代わりなんざ 
     慣れてますね。。。。。

いやいやオシャンビュー 
 ほんといい景色! 
  また 日の出の景色が刻々と ・・・
  いい光景を拝見させて頂きました

これまた すごい 
 さざえのつぼ焼き
 え~ えびの焼いたやつ 
 香ばしい香りが漂って来そうですね。。 

 なに 荒炊きも 焙烙焼きも 鯛めしも。。。 
 
 いいなぁ~ 

ところで 念願のクマガイソウ撮れました。。。

2009/04/29 (Wed) 01:45 | kei #CvGXsNjo | URL | 編集
keiちゃんへ

豪華絢爛 そうですね
鳴門の景色は最高ですよ

そして 鳴門の鯛も最高です

旅行の楽しみはやはり すばらしい景色と土地のものを食べることですね

クマガイソウ 取れたのですか
見に行きますね

2009/04/29 (Wed) 09:17 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

こんなにたくさんのごちそう
食べられませんね
鯛料理なんて、高級料理ですね

2009/04/29 (Wed) 21:13 | 一太郎 #- | URL | 編集

素晴らしいですね。
夜明け前の写真も、海面と空との対比がとっても素敵です。
朝日が見えなくても満足ですね。
大塚美術館といい、鳴門といい、眼福です。
料理の写真も。
私も満腹になりたい(笑)。

2009/04/30 (Thu) 11:23 | zuboratarou #SFo5/nok | URL | 編集
お返事です

一太郎さんへ

旅館の食事って 量が多いですよね
料理をいただいたら もう おなかいっぱいで ご飯は1膳がやっとですよ
もったいないです
ここは お安いプランで行っているので そんなにたくさんの皿数ではありませんでした
これで十分でした

鳴門といえば もう 鯛料理なのです
これはもう’お約束’です

zuboratarouさんへ

旅館に泊まって 旭が簿染め沿うなロケーsトンなら必ず早起きをして頑張るのですが 太陽をちゃんとおば寝たことはありませんね

それでも 日中は晴れましたから・・
よく 山の天気などでは 朝っぱれは 天気が下るとか言いますね

朝焼けは余りしませんでしたが 日中は快晴になって 海がきれいで満足でした

2009/04/30 (Thu) 13:58 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する