旧甲子園ホテルの桜とバロックダンス

今年もまた シーズンに武庫川女子大甲子園会館(休甲子園ホテル)でのイベントに参加してきました

シダレザクラと会館

旧甲子園ホテルは 昭和5年甲子園ホテルとして竣工し、その後海軍の病棟、米軍の将校宿舎を経て国に接収された後、昭和40年、武庫川学院が譲り受け教育施設として再生しました。

設計は 旧帝国ホテルをたてたフランク・ロイド・ライト(米・1869~1959)の愛弟子 遠藤新(1889~1951)で 帝国ホテルとよく似た建物です
戦前には 「東の帝国ホテル 西の甲子園ホテル」 と並び称された滞在型の高級リゾートホテルだったのです
あの ベーブルースも甲子園球場を訪れた際にとまっています

ホテルとしては たった14年間しか営業していないのですが 建物はそのままに保存管理されています

咲くなか 「甲子園の文化と歴史を守る会」の第2回例会が開かれました
窓の外は 吹雪

豪華な装飾のバンケットホールでの古楽によるバロックの生演奏と宮廷ダンス
なんとも優雅で豪華なひと時をすごしてきました

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!



続きです

守る会コラージュ2

今回の基調講演は 武庫川女子大学准教授 三宅正弘氏による「旧甲子園ホテル物語」
ホテル時代の興味深いお話のいろいろでした

サプライズ映像として 戦前のホテル時代の9.5mmフィルムにより写された映像が映写されました
戦前のfilmですが なんと コダックのカラーフィルムを使用した色つきムービーでした

実物filmは 国立図書館のfilmセンターに収蔵されていて ビデオに落として 持ち主へ返却されたものを映写してもらいました

第2部は 「六甲おろしの秘密を探る」
甲子園といえば 六甲おろし 正式名称は 阪神タイガースの歌 です

この曲は 1935年末の大阪タイガース創立に合わせて作られ、翌年3月25日に甲子園ホテルで開かれたチームの激励会で初披露されました

歌の中ほどにある 「オウオウオウオウ」は、直後に続く「大阪タイガース」の「大」の音の押韻であったが、歌詞が変更されたためにただの感嘆詞となりました
作詞佐藤惣之助、作曲古関裕而 です
詞の著作権は すでに消滅していますが 曲の著作権は2039年12月31日に消滅するが、現在はコロムビアミュージックエンタテインメントの管理楽曲です

こういう話をして 武庫川女子大音楽部教授の畑先生が タイガースのハッピを着て歌われました
参加者全員で 六甲おろしを歌って 第2部は終了

いよいよ お目当てのバロックダンスです
バロック音楽とは、ヨーロッパにおける17世紀初頭から18世紀半ばまでの音楽の総称で バロックと言う言葉は ポルトガル語 barocco (いびつな真珠)が由来であるとされています

バロックダンスは バッハやへンデルが活躍していた時代に踊られていた宮廷舞踏です
ルイ王朝でも盛んに踊られていたのです

この日に演奏された楽器は ビオラ・ダ・ガンバ 脚ではさんで演奏する大きなビオラと
リュート 西洋琵琶 です
リュートによる バロックの演奏を 中川祥冶さんのHPよりお借りしました こちらクリック で 別窓で開きますす 曲は ガボットです

では お聞きになりながら 庭園の スライドショーを ご覧くださいね



いかがでしたでしょうか
優雅なひと時 お過ごしいただけましたでしょうか

この会は 歌人 北夙川不可止さんが会長をしておられます
北夙川さんは 古い建物の保存運動にも携わっておられ HP「骨董建築写真館」 もお持ちです

昨日(2009年4月18日) この夏 壊されることが決まっているダイビルを惜しんで 歌会の吟行で 中之島町歩きが行われました
私も歌は詠みませんが 吟行に参加させていただきました

古きビルたちの写真は 又 アップしますね


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2009/04/12



関連記事
スポンサーサイト
Theme: | Genre: 写真

コメント

無題

シンポジウム、そして歌会とありがとうございました~。
今後も甲子園を中心に美しい建築を舞台に色々イベントを企画しますので、よろしくお願いいたします

2009/04/19 (Sun) 21:31 | 伯爵 #mXJ0wlpU | URL | 編集
伯爵さまへ

昨日は有難うございました

お歌は やはり構えてしまって詠めませんでした
お若い方たちが自由にのびのびと詠っている様子に感動しました

これからもよろしくお願いいたします

2009/04/19 (Sun) 21:52 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

フランク・ロイド・ライトと
桜のコントラストはすばらしいです♪

中之島の吟行は面白そうですね。
私も以前俳句をしていたことがあります。
もちろん遊びでですけど。
吟行は面白かったですけど
やっぱり俳句は難しい^^;

2009/04/20 (Mon) 02:34 | 新之介 #- | URL | 編集
新之介さんへ

桜シーズンの甲子園会館は最高です
昨年も2回入っていますが こんなにちょうどいいさきは具合では ありませんでした
前もって日時が決まっているイベントですので 桜には遅いかと思っていたのですが シダレが見ごろでした

新之介さんは 俳句をしておられたのですか
私は 語り口でだらだらとして大阪弁特有の文章はいくらでもかけますが 韻文は苦手です

若い子は そこを何も大して深く考えずに飛び越して詠んでいます
たいしたもんです

2009/04/20 (Mon) 09:26 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
こんにちは。

Tossyさん、こんにちは。早速拝見にお邪魔をしました。錠前が好きなご主人とは対照的なマリーアントワネットが、舞踏会に明け暮れた時代ですね。楽器は、ビオラなどでしたね。バッロク様式のヴェルサイユ宮殿を想像しながら阪神の法被も拝見していました。(^_-)写り込みや、一面の桜の絨毯などが気に入りました。ありがとうございました。

2009/04/20 (Mon) 12:53 | ka-ma-kun #RaJW5m0Q | URL | 編集

TOSSYさん

旧甲子園ホテル 素敵な建物ですね。
桜吹雪を背景に優雅な一日を過ごされたんですね!!。少し羨ましい~~~v-411

で、ネットでも見て来ました。
個人的に見学が可能とか・・・。
是非 見せて頂いて食堂にも寄せて頂こうと思いました。

それからご報告。
18日メッチャ良いお天気の中、夙川から北山緑地公園へ同級生や恩師ともども10名、歩いて来ました。
銀水橋から全員急階段の山道コースを汗だくで登り、緑と花々に包まれた公園でのお弁当は最高でした。
北山山荘の見学も出来て満足満足。
三つ葉つつじのピンクが池に映って目を楽しませてもくれました。

 TOSSYさん、過日はアドバイスをありがとうございました。v-435

2009/04/20 (Mon) 14:12 | わぁわ #- | URL | 編集

あら、TOSSYさんのブログで伯爵にお目にかかるとは…。

とてもいい建築ですね。
そしてその建築が生きるような使い方がされていていいですね。

バロック音楽の時代はクレッシェンドやディクレッシェンドが無く、フォルテかピアノなんです。
それでデコボコしているからバロックだと、音楽史で教わりました。

2009/04/20 (Mon) 15:16 | AGIOS #HC9guL7U | URL | 編集
お返事です

ka-ma-kunさん

錠前が好きで鍛冶屋の真似事をしていた旦那の前の王様 ルイ14世かな ダンスがすごく上手だったそうです
ですから貴族たちも大変で ダンスの上達が出世にもつながるのですから みんな必死で練習をしたそうですよ

甲子園ホテルは和風を取り入れた装飾で ベルサイユのような華麗さはありませんが いい建物です

わぁわさんへ

甲子園会館 電話で申し込みが出来たと思います
昨年の桜のときにも 申し込んでいってきました
こういうイベントのときは一階部分と庭は自由に見てもいいのですが ほかはだめなのです
見学会に申し込んでいくと 2階も案内してもらえますし 屋上も上がらせていただけます
ぜひ いらしてください 

銀水橋から歩かれたのですね
結構のぼりますでしょう?
でも 途中の池のところもいいし 今はコバノミツバツツジがとってもきれいですよね
八重桜 咲いていましたでしょう?

野鳥の観察施設もどこかにありましたよ
集音器が設置してあって いろんな鳥の声が聞こえてきました

AGIOSさんへ

伯爵さんをご存知ですか
MIXIでも 伯爵の名前で コミュの管理人などされています

ここ いいでしょう
最初に入ったのは もう20年ももっと前でした
ここで 関西のディキシーランドのジャズバンドが 一日ジャズの祭典をして とっても楽しく過ごしました
今は その会は別の場所でするようになりました

ピアノは たしか ピアノフォルテという名前の楽器だったのですよね
バロックのころはハープシコーダ(チェンバロ)が全盛だったと思います
何段階かの強弱は出せたようですね
でも 凸凹だったのですね

モーツアルトのころのピアノって今のように大きな音は出なかったのですね

浜松に楽器博物館がありますね
いろいろと面白い楽器があるようです
以前に 毎月行っている母校での講演会で 館長さんの講演がありました
面白い楽器も持ってきてくださいました

2009/04/20 (Mon) 22:54 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
なつかしい

バロックダンスとは これまた随分高尚なお楽しみをなされましたこと。。 
 しかも生演奏でしょ 
 私も機会があれば行ってみたいですねぇ~ 

リュートなんて懐かしいですね 
 今ではすっかりその存在を忘れていました。。。
 只今中川さんのリュート演奏のガボットに 聴き酔っていました。。
 ご親切に 楽譜もダウンロードできるのですね。。 
 
リュートってギターの原型ですよね
 私は高校の時は 初代ギター部長でした 
 あけてもくれても ギターばっかり弾いていましたよ 
 
 その時のこと懐かしく思い出しながら 
 聴き入っていました。。
 また ギター弾きたくなりました。。  
 暇がないっか! 隠居したらかな 
 でも そのときは 老眼で目が見えない 指が動かないかな。。。 

2009/04/22 (Wed) 00:55 | kei #CvGXsNjo | URL | 編集
keiちゃんへ

< 随分高尚なお楽しみをなされましたこと。

だって もともと 高尚でございますのよ わたくし オホホ

リュートがギターの原型かどうかは存じませんが 弦楽器ですね
昨年も演奏されたのですが そのときのリュートはもっと大きいでした
柄の部分の長いタイプでした
今回のは 直角に曲がっているタイプでした

リュートは東洋に渡ってきたものは琵琶になったといわれています
正倉院の御物にも立派な琵琶がありました
古くからある楽器なのですよ
マンドリンと似ていると思いました
弦が2本ずつ張られているのです
マンドリンもですね

古楽(バッハまでの音楽)は 大きいホールでは音量が足りなくて演奏に不向きなので ここはとってもいいのです

ギター部長さん
又 はじめられたらいかが ですか
私も高校のとき ギターを買ってもらいましたが 爪が割れて痛かったから すぐにギブアップしました

2009/04/22 (Wed) 01:25 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する