FC2ブログ

適塾 西洋医学のふるさと

今回は 大阪市内にある緒方洪庵の適塾のご紹介です

緒方洪庵といえば 種痘を取り入れて実践した 江戸末期の蘭方医です
その洪庵が 大阪に開いた私塾が適塾なのです
いまも 戦火を免れ 奇跡的に江戸時代の建物が残っています
昭和39年に重要文化財として指定されました

適塾 外観

今 NHK総合TVで 土曜ドラマ 「浪速の華~緒方洪庵事件帳」を放映中です
それで 2007年に撮影をして そのまま アップできないままお蔵入りしていた写真で 適塾のご紹介です

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!



続きです

まず 地図です
大阪は今橋というところにあります 
今は住居表示が変わって 今橋という町名ではなく 北浜3丁目となっています・


大きな地図で見る

大阪のビジネス街のど真ん中にあります

防火や風景のことを考えて 隣は緑地公園になっています
読書する洪庵坐像があります

適塾横の公園

適塾の入り口です
この部分は 江戸時代には もう少し手前まであったそうですが 大正時代に道路の拡張のため、建物の北側が2mほど軒切りされています

適塾入り口

船場の大きな町屋建物です
見取り図です 京都の家と同じく 中庭があります
写真をクリックすると もっと大きな図になります

見取り図

矢印にそって 内部の見学をします 大きな荷物はロッカーに預けます

一階奥の客座敷の向こうには 前栽(せんざい)がありました
縁側に面した庭のことを 昔は 前栽といっていました
今はもう聞かれない言葉ですが 父が よく使っていた言葉です

客座敷

前栽

2階への階段 恐ろしく急でした あんな急な階段を上ったことはありません

2階への階段

2階には 小部屋が2つと 大部屋がひとつ 塾生の部屋です

塾生大部屋1

塾生大部屋2

このあたりは 歴史の散歩道に選定されています
適塾のすぐ南側には 大阪で一番古い幼稚園 愛珠幼稚園があります
ここも 戦災を奇跡的に免れた 古い建造物です ↓の建物が幼稚園ですよ
ここも また ご紹介しますね

愛珠幼稚園

愛珠幼稚園の向かい側に 緒方ビルがあり そこは 除痘館のあったところです
今は跡を示すレリーフが緒方ビルの北面に埋め込まれています

種痘館

これは 当時除痘館で 子供たちに種痘を施していたのを描いた絵ですね

種痘館2

適塾は 本来医学の塾でしたが オランダを通じてもたらされる最新の知識 技術を習得しようと塾生たちは 日夜 猛勉強をしたそうです
門下生の自筆による姓名録が残っており、1844年から1862年までの636名の姓名・入門年・出身地が記載されています

門下生には 福沢諭吉をはじめ 大鳥圭介 大村益次郎 日本赤十字社初代総裁の佐野常民
そして なんとあの手塚治虫の曽祖父に当たる手塚良仙もいたのです

そういえば 手塚さん ドクターでしたね

今回 適塾のことを調べていて 知ったのですが 洪庵の奥方は 西宮市の名塩出身なのですよ
名塩って 西宮の北部 昔は名塩千軒といわれた名塩紙の産地だったところです
そこの医家の億川家からとついで来ているのです
名塩は以前に デジカメ散歩日記でご紹介をしたことがあります
駅にあの斜行エレベーターのある町です  こちら 
よろしかったらご覧ください

今回は 日本の夜明けのような適塾をご案内しました

適塾は 明治新政府の教育制度の整備と共に発展解消し、大阪医学校、府立医科大学、さらには大阪大学医学部へとつながっているのです
手塚治虫さんは 大阪帝国大学医学専門部のご出身です 適塾のながれですね

もっと細かく写した写真は アルバムに入れてありますので 良かったら 見てくださいね
アルバムをクリックしたら別窓で開きます スライドショーでご覧くださいね

緒方洪庵 適塾

長い文章 最後までお読みくださって ありがとうございました
この稿を書くに当たって 大阪大学のHP 「適塾」の項を参照させていただきました

住所大阪市中央区北浜3丁目3番8号
電話06-6231-1970
開館時間午前10時~午後4時
休館日月曜日(国民の祝日の場合は開館します。)
交通京阪電車・地下鉄は淀屋橋又は北浜下車



ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2007/11/23
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm

関連記事
スポンサーサイト



コメント

 こういうのがある。。。。。。とは小耳に挟んでいましたが、こんなにちゃんとしたものだったとは ^^;

2009/02/12 (Thu) 23:16 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
RKROOMさんへ

街中のビル群の中に ぽつんと町屋があるのです 異空間でしたね
前の道は 何度も通っていて 存在を知っていたのですが 中に入ったことは無かったのですよ

医学には別に興味は無かったのですが 古い建物好きですので 入って良かったです

2009/02/12 (Thu) 23:28 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
浪花の華

前の道路はよく通りますが
中にはまだ入った事がありません。
とてもわかりやすくて参考になりました。
手塚治虫さんの曽祖父が門下生だったとは
知りませんでした。

時代劇はあまり見ないのですが
「浪花の華」はよく見ています。
昔から見ていた肖像画が
ちょっと怖かったのですが
このドラマで身近に感じるようになりました。

2009/02/13 (Fri) 13:03 | 新之介 #- | URL | 編集
新之介さんへ

中にはまだ亜肺って折られないのですね
ぜひお出かけください
町屋のつくりがよく分かりますよ

手塚治虫さんの曽祖父ことは 適塾を調べていて知りましたよ

「浪速の華」みておられますか
私は 時々チラッと見る程度です

昔 高麗橋にも 大きな古い町屋があったのですが 今はもうビルです


2009/02/14 (Sat) 12:22 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

「洪庵のたいまつ」
なんていう、司馬遼太郎さんの
小学生の教科書の書き下ろしがあります

たくさんの門下生が洪庵の教えを、りっぱに受け継いで近代日本を作り、今につながっていると思うと、大した人だと思います。凸

2009/02/16 (Mon) 08:59 | 一太郎 #- | URL | 編集
一太郎さんへ

司馬さんに「洪庵のたいまつ」というのがあるのですか
しりませんでした
小学校の教科書ですか?

洪庵の時代 医学 細菌学などはまだ暗闇の中だったのですよね
その世界を照らして 導いていくたいまつのような人だったのかしら
よい題名ですね

司馬さんと言えば菜の花忌 東大阪の司馬記念館への駅からの道には菜の花が 咲いているそうです
街中ですので 町の人たちが プランターで咲かせたものが家の前においてあるのですが・・

一度行こうと思っていますが なかなかいけないのです

2009/02/16 (Mon) 13:40 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する