FC2ブログ

安産祈願の寺 中山寺1

節分会(せつぶんえ)の行なわれた 中山寺について 少しご紹介です

中山寺は 中山観音とも呼ばれ 山号は 紫雲山 西国33観音霊場第24番札所です
創建は 古く聖徳太子が作られたと伝えられていて 日本で一番古い観音霊場といわれています

中山寺山門 節分の日

雨にもかかわらず節分の日には 次から次へと人はやってきます
参詣者の多いお寺です


では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


続きです

先ず 地理的な説明です 中山寺は 宝塚市にあるのです


大きな地図で見る

阪急電鉄宝塚船「中山駅」から 100m すぐ近くです
JR宝塚線 中山寺駅からは 徒歩15分です

関西では 安産祈願の寺として ダントツの人気です

また代々皇室の崇信もあつく、安産祈願本邦随一の霊場として、源頼朝をはじめ武家・庶民にも深く信仰されていました。ことに、豊臣秀吉は当山に祈願して秀頼を授かり、秀吉亡き後、秀頼は片桐且元に命じ、伽藍再建をしました。これが現在の伽藍です。中山寺HPから引用



阪急駅前からつづく参道のお店では さらしが売っています
安産祈願でお寺から腹帯をいただいた方が お産の後 お礼参りのときには 新しいさらしを持っていくのですよ

そのさらしを売っているのです

さらし 売っています

山門には わらじがたくさん収められています
ここは西国33観音霊場の巡礼さんも多いのです

わらじ

山門は 立派な仁王様が守っておられます 仁王門ですね

中山寺仁王様

山門をくぐって 中山には 狛犬さんが いましたよ
お寺なのにね でも あ像 う像にはなっていないですね
両方とも口を開いていますよ

中山寺山門の仁王さん

参道です 突き当たりに石段が見えています 

参道

石段を登りきると また本堂への石段です
でも 誰も上っていませんね 右側が えらく混んでいますよ

本堂への石段と・・

そう 右側には なんと エスカレーターが あるのです それも屋根付
至れりつくせり です  エスカレーターの写真は こちら です 良かったら見てね
ありがたいことです なんまいだぶ

下の写真のエスカレーターは 最初の石段の横にあるぶんです
エスカレーターは 2箇所にあるのです 
車椅子や 乳母車の人用には エレベーターもあります バリアフリーで本堂までいけるのですよ

エスカレータ

安産祈願のお寺ですから 妊婦さんのお参りも多いのです
雨の日に石段で滑って 何かあったら大変ですものね

右手に見えているのは 喫茶と軽食「梵天」 お寺にしてはえらいおしゃれなとこですね

本堂は 金色輝く極彩色 極楽浄土をあらわしたものなのでしょうか
慶長8年(1603年)豊臣秀頼の命で片桐且元が再建しました
兵庫県指定重要有形文化財です

節分の日は 人が多くて写せなかったので 昨年に写してアップしていなかった写真でコラージュを作りました

中山寺本堂コラージュ

歴史的建造物のあるお寺にエスカレーターて 眉を潜める方もおられると思いますが 私は お寺は極彩色結構 バリアフリー結構と思っています

今はわびさびの時代がついたお寺も 創建時は極彩色で それが 目を見張る物でありがたかったのです
中山寺は 老齢の人や 妊婦さん 小さな子供 乳母車の人も多くお参りされています
エスカレーターや エレベーターがあると ほんとうに 楽にお参りができますよね
お寺はバリアフリーでないところが多いです
山の上にあるところも多いのですね
ひざを痛めているときなど くだりの石段 つらいですね

私はくだりの石段 苦手です
手すりがないと怖くて降りれないのです
雨の日は手すりがぬれていて 冷たいです
エスカレーター うれしかったです

ほかにもいろいろと建物があるのですが また 続編で ご紹介します

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G10
撮影日時 2009/02/03

カメラ機種名 Canon PowerShot G9
撮影日時 2008/04/15

関連記事
スポンサーサイト



コメント

中山寺

私の両親や姉弟とみな中山寺へ分骨しているのですが 昨年の秋からいってないのです。 

ここも震災で大変だったから エレベーターがついてやれやれです。
昔は階段上がったところの休憩所で
甘酒飲むのが習慣だったのですが・・・梵天に入ったことないのですが多分あるのでしょう。

2009/02/07 (Sat) 20:56 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集
kikukoさんへ

中山さんに分骨されているのですか
このお寺は参詣される方が多いから 休憩所や食事をするところも整っていますね
バリアフリーも進んでいるので 余計に人が来るのでしょうね

梵天には 蓮飯があるそうです
今度一度入ってみます

節分のときは 寒かったので 上の観音茶屋で お蕎麦を食べました

2009/02/08 (Sun) 01:08 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

 大きなお寺なんですね。

 お寺には大概長い石段などがありますね。
 体がしんどいときに石段は、結構きついものがあります。

2009/02/08 (Sun) 22:48 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
RKROOMさんへ

以前に中国33観音めぐりをしたとき いやになるほど石段を登りました

鳥取の摩尼寺 300段はあったかしら
おまけに何年か前の鳥取地震で石段が崩れかけているところもあり怖いでした
雨の日だったらどうしようと思う石段でした

鰐淵寺は雨の日に石段を上りましたよ

2009/02/08 (Sun) 23:37 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
ここが

 例の喫茶室のアルお寺さんですね。立派な山門 見上げるようですね。屋根つきエスカレーターは非常に便利。親連れの 外でのときは エレベーター。エスカレーター探しますもの。

2009/02/09 (Mon) 08:33 | 小紋 #- | URL | 編集
小紋さんへ

ここには 確かエレベーターもあったと思うのですよ
乳母車 車椅子の人はエスカレーターは使えないですものね
乳母車をたたんで乗ることになるので連れがいないと大変ですもの

ベビールームもあってオムツ換えもできるし 時代の要請に沿ったお寺ですね

赤ちゃんと老人に優しい いいことですね

ここはハイキングコースへの入り口でもあるので 山登りの元気な人は エスカレーターに違和感を覚えるそうですが 足が弱くなれば ありがたみが分かるのでしょう

2009/02/09 (Mon) 10:14 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

もうソロソロここも梅林が綺麗に咲くのかな?中央の観音像が目に浮かびます。
ここの事を思うとき・・・
入り口のコケテッシュな阿吽の仁王と
建物の一番上の時代物の鬼瓦が浮かんで来てなりません。そういえばサルもいたかな?(*^_^*)

2009/02/09 (Mon) 18:13 | 栄ちゃん #2jqmHG1U | URL | 編集
栄ちゃんへ

ここは梅は未だ早いでしょう
山に近いから下よりも少し遅いのですよ

早咲きの白梅は1本梅林ではなくお庭で咲いていましたが・・

おさるさん 会ったことはないです
あれは箕面でしょう

2009/02/09 (Mon) 20:00 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

あははは・・・
ごめん!山門を入り階段を上がりながら左の寺院の門構えの鬼瓦の所におサルの置物が乗っているのです。
何でサルなんや?なんて不思議に思いました。
そして・・・坂本の山王神社を思い出しちゃいましたわ。(^^;)

2009/02/10 (Tue) 04:59 | 栄ちゃん #2jqmHG1U | URL | 編集
栄ちゃんへ

へぇ~ 知らなかったわ

今度行ったときに 探してみます
お寺にサル ねぇ???

ほんま なんでやねん? ですね

2009/02/10 (Tue) 14:56 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する