FC2ブログ

ダイビル ライトアップ

大阪光のルネサンスでは いろいろな建物がライトアップされました
中でも このビルが ピカイチ でした

ダイビルとは 旧大阪ビルディング 近代名建築のひとつです
1923年10月 - 大阪商船(現・商船三井)・宇治川電気(現・関西電力)・日本電力の3社の同出資により、株式会社大阪ビルヂングを設立。
1925年 大阪中之島に本館が建設されました
83年前の建物です

ダイビル1

ダイビルは 設計 渡辺節 地上8階 地下1階のネオ・ロマネスク様式の鉄筋コンクリート造りです
同時期に建てられた東京の旧丸ビルが取り壊された現在では、同じ渡辺作品である神戸の商船三井ビルとこのダイビル本館が、大正期の大規模オフィスビルとして現存する最後のものであり、建築史上も近代都市史上も非常に価値が高い。渡辺作品では昭和に入ってからの日本綿業倶楽部が既に重要文化財となっており、ダイビル本館、商船三井ビルも重要文化財級の価値を有する。しかし、関西電力は老朽化(現代の技術では補修補強可能)および土地利用の見地から本物件の取り壊し・超高層ビルへの建て替えを計画しており、歴史的に重要な建築物の保存の見地から論議となっている。Wikipediaより引用



もうすぐ 取り壊されるようなのです
とっても残念ですが商業ビルですから 効率をもとまるのは仕方の無いことなのでしょうか?

ライトアップされて 堂々たる姿 一生懸命写しました

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!

続きです

2008年秋に 京阪中之島線が開通して にわかにこの近辺の開発が進んでいます
高層ビルが林立する計画です  地図は こちら です

光のルネサンス 砂の美術館をしていた会場前からです

ダイビル2 側面

交差点を渡る人たち

ダイビル3 

中之島にかかる田蓑橋の上から

ダイビル4 田蓑橋から

対岸の ほたるまち から 
右の高層ビルは 関電本社です
右下に クリスマスボートが写っています

ダイビル5 

背高のっぽのビルに囲まれています

この存在感のあるビルも 後ろのビルのような無機質な感じのビルに変わるのでしょう

ダイビル6 対岸から

いつまでも古いものに郷愁を感じて とらわれているのはいけないことなのでしょうか
ヨーロッパのように 古いものも大切にする暮らし方を どうしてできないのでしょうか

どんどんと 文化財級のビルが取り壊されていくのを見るのは つらいですね

このビルも取り壊されないうちに 昼間に写しに行こうと思っています

私の大好きな 神戸海岸通りにある 同じ渡辺節設計の商船三井ビルです
よく似ていますね
旧居留地の南、海岸通に面して建っています

商船三井ビル


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2008/12/16
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 夜景 | Genre: 写真

コメント

何年前?

 このちかくだったかしら 美術館があるでしょ。
 いい作品を見て 帰りに全日空のビルで食事 お肉が美味しかったこと覚えています。
 川のほとりで 薔薇も見たけどあれは どこ?
 大阪にいた息子を訪ねたのも 懐かしい思い出です。

2008/12/27 (Sat) 14:03 | 小紋 #- | URL | 編集

すぐ斜め向いに 国際美術館があります
砂の美術館をした空き地の隣が 国際美術館です
この空き地も 市立美術館賀建設予定です

川のほとりのバラ園は 中之島バラ園 現在 中之島線開通工事二とも内閉鎖中です
バラ園のすぐ近くに駅ができています
線は開通したのですが 工事中バラ園は閉鎖していましたので バラもどこかに行ってしまっていたから整備中です

息子さんは今も大阪にお住まいですか?

2008/12/27 (Sat) 14:13 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

こんばんは~。
夜のダイビル、初めて見ました。
美しいですね。
背後の無機質なビルとの対比、いっそう暖かみを感じますね。

やはり取り壊し、残念です。
いくら文化的価値があっても収益という面ではいたしかたないのでしょうね。
昼間の撮影も是非お願いします。

砂の彫刻もこんなに綺麗だったとは。

2008/12/28 (Sun) 00:01 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集

 壊すのは一瞬。
 建てるのには時間がかかり、維持しようと思ったらそれ以上の手間と時間がかかります。
 でも、私たちが見ることのできない古い時代を見せてくれる、その片鱗。
 できたら、残しておいて欲しいですね。

2008/12/28 (Sun) 00:35 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
お返事です

とっぷんさんへ

砂の彫刻を写しに行ったのに もうダイビルが気になって 気になって
早々に 会場を後にしてうろうろとしました

このあたりは一度国際美術館に行ったことがあるだけなので ライトアップも始めてみました

この時代の建築が大好きなのですが どんどんと無くなっていっています 哀しいことですが 持ち主には後主の論理があるでしょうし 野次馬にはどうしようもありません

RKROOMさんへ

ここは文化財の指定も受けていないから法的にはなんら制約は無いようですね
持ち主の考え方次第なのですが この時代 やはり収益率が高いものをということなのでしょう
残念です

2008/12/28 (Sun) 01:23 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
よいお年を。。。

TOSSYさん ヾ(´▽`*)ゝおはようございます♪

今年も たくさんの素敵なお写真を有難うございました!
特に、こちらで、関西のいろいろな場所を
紹介していただき 楽しかったです~♪ヽ(´▽`)/

どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。。。

2008/12/29 (Mon) 11:03 | マリア #3m4C9JA6 | URL | 編集
マリアさんへ

マリアさん 

ご両親とご一緒の京都のお正月 ゆっくりと楽しんでくださいね

京都は あんまり行かない私が今年は3回も行きました
これは きっと マリアさん効果ですよ
いつも素敵な京都を見ていってみたくなりました

来年もよろしくね

2008/12/29 (Mon) 22:46 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ダイビルの歴史 ダイビル解体のカウントダウンはすでに始まっています。市民の反対の声は結局企業のトップには届かなかったのでしょうか...

2009/03/09 (Mon) 11:34 | 十三のいま昔を歩こう