FC2ブログ

民家の博物館2 信濃秋山の民家

今回の古民家は ちょっと変わった民家です
私はこんな家は はじめて見ましたよ~

信濃秋山郷の民家です L字型の家です

信濃秋山の民家

外観も 壁も 変わっていますよね
信濃秋山というのは 長野県と新潟県の県境に位置する豪雪地帯だそうです

家の中は 今まで見た家と全然違いました

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキング 1位をキープできるように  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


応援クリックは 一日一回 有効です

続きは ↓の Moreを クリックしてね
続きです

まず こちらを見てね

説明板

この部分が入り口の中門です
母屋から直角に突き出しています 通路と馬や 便所があります
この外壁 まるで弥生式住居みたい

信濃秋山の民家2

かまどです 火が入っていました

信濃秋山 かまど

ここが家族の居間です いろりがあります 
床板を張らずに土間を茅 筵を敷き詰めた土座住まいです

信濃秋山 なかのま

一段高い部屋は 祝い事の時に使った客間です

信濃秋山 でい(客間)

壁は 茅壁です 茅壁は、夏は薄く 冬は厚く葺きます

信濃秋山 茅壁(かやかべ)

信濃秋山 内部

柱は 掘立柱 置いてあるだけです 古い形式なのです

信濃秋山 掘立柱

信濃秋山というのは 標高800mぐらいのところにあり ものすごい豪雪地帯で 昭和20年には 7.85mの積雪を記録したとか・・
近くに 苗場山があるそうです 苗場って スキー場ですよね

昭和のはじめまで 人一人がやっと通れるようなやっみちでつながっていたそうです 秘境です

材木は 山ですから木を切ればあったのでしょう 立派な太い柱や梁です
雪の重みに耐えられるものでないとだめなのですよね
L字型の屋根も 重みに耐えるのだそうです

この家は 宝暦年間(18世紀中ごろ)に立てられたもので 昭和36年に移築されました
その時代まで 畳の無い暮らしをしていたのかしら?
さむかったでしょうね

今回もまた 一軒しかご紹介できませんでした
あまりにも変わった民家で 驚いたので 詳しく書きました
日本民家集落博物館HPと 家屋内の説明板を資料として使いました

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G9
撮影日時 2008/10/08
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 庭園・公園 | Genre: 写真

コメント

あら 珍しい

tossyさん 古民家 好きなんだよね

茅葺屋根って なんか温かみがあるっていうか 自然になじむよね。。 

でも 長野と新潟の境って  冬 雪がすごいと思うけど 
 床暖房じゃないし 
 2重ガラスじゃないし 
 高断熱高気密じゃないし 
 きっと 雪が降る時期って
    寒いよね きっと (><)

 来ました レンズが先に 
 重たいよ 家で 試験撮影しただけで 
  腕がいたい。。。 
    筋トレ要かも

 寝る前の プッチンタイムです 
   向こうもね。。 

2008/11/09 (Sun) 02:03 | kei #CvGXsNjo | URL | 編集
keiちゃんへ

<  長野と新潟の境って  冬 雪がすごいと思うけど 
 床暖房じゃないし  ・・

そう そんな気象条件の下で 土座住まいって もうびっくりしました
わらとかをたくさん敷いたようですが 下から深深と冷えたでしょうね
そういう生活が近世間で続いていたようです

重たいレンズ 届きましたか
明るいレンズですから 夜間撮影にも使えますね

イルミネーション楽しみですね

シップ薬 もらってくるほうが良いよ

2008/11/09 (Sun) 17:33 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する