東光院 ハギの寺2

今日は 大阪名所 ハギの寺として有名な 東光院(大阪府豊中市)のご案内です
阪急電鉄宝塚線曽根駅から 10分ほど歩く 住宅街の中にありました
雨の降る中 行ってきました

ハギの寺 山門

山門は 薬医門と呼ばれる形式の門です
ここで 東光院について ハギの寺HPより少し ご案内です

新西国三十三ケ所第十二番霊場です。天平年間(735年)行基菩薩により創建され、御本尊として同菩薩自作の薬師如来と十一面観世音、重文(旧国宝)降魔座釋尊を安置しています。
孝徳天皇の御代に、豊崎村下三番(現大阪市北区中津)にて、行基菩薩が火葬の方法を伝授したのを起縁とし、薬師堂を建立したのが当院の由緒とされています。その際、死者の霊を慰めるため、当時淀川水系に群生していた萩を供花として霊前に捧げたことが、当院の萩の植栽の起縁といわれています。


元は大阪の豊崎村 今の 中津の済世会病院ちかくにあったのです
大正2年(1913年) 現在の豊中市に移転しています
そのとき 境内のハギもともに移転して今に至ってもハギの寺として親しまれています

では 続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


応援クリックは 一日一回 有効です

続きは ↓の Moreを クリックしてね
続きです

山門をくぐると ハギの花がさいています
石畳の参道にかぶさってきています

星岡茶寮ゆかりの魯山人観音すぐ目の前に 観音様 がたっておられました
この観音様は 星岡茶寮ゆかりの魯山人観音です
魯山人とは 北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん) 美食倶楽部を作った芸術家 (1983-1959)
早く言えば 「美味しんぼ」に出てくる海原雄山は 魯山人をモデルに作られた登場人物といわれています
その魯山人の高級料亭(星岡茶寮)が曽根駅前に開店し 魯山人も自作の観音像を奉納し 開店繁栄を祈願したのです

この観音様は 魯山人観音を平成17年に等身大の大きさに焼き上げたものです


観音様を通り過ぎると 大きなお堂の前に出ます あごなし地蔵堂 です
寛文5年(1665)12月完成上棟<九昌院主光意代>
旧川崎東照宮御本地堂、豊中市有形文化財です

あごなし地蔵堂

振り向けば 山門が見えます

山門

本堂 吉祥林・円通殿 です

ハギに包まれた本堂

新しい建物です 
阪神淡路大震災で倒壊し 平成11年10月19日竣工の再建です

本堂前のススキが秋を感じさせてくれました

ススキと本堂

道了大権現堂です
小田原藩蔵屋敷内所在「道了権現祠(どうりょうごんげんやしろ)」を移築したものと伝えられています

道了大権現堂

真っ白な オシャカ様が 座っておられました

釈迦如来白仏像

新西国33観音霊場は 昭和7年に新聞社が読者の意見を聞いて 選定した巡拝コースです
平安のころからある 西国33観音に対して 新しく作ったから 新西国なのです
一般から意見を聞いて選定あいただけあって おまいりのしやすい場所にある親しみやすいお寺が多く 私も何寺かおまいりしています

観音参りのときは 納札といって 観音堂に札をお納めするのですね
本堂とは別のお寺が多かったように思います(中国33観音は 満願しています)

先立ちがおられるとどこにお参りするのか教えてもらえるのですが 一人で行くとうろうろしますね

一人で行っているときは別に朱印もいただいていないので 本堂をはじめ全部のお堂にお線香を上げてきます

それからおもむろに撮影

やはり 拝観料は払っていますが お賽銭も入れないで バシャバシャは罰当たりに思ってしまいます

このお寺は 俳句ともかかわりが深く 句碑がいくつもありました
そして 正岡子規のなくなった日に 「へちま忌」が行われたらしく ヘチマが供えられていました

へちま供養

大きなヘチマには 短歌が 彫りこんでありました

雨も上がってきましたので お庭のハギを写しましたが それは次回にアップします
ここの萩の庭は 萩露園 北大路魯山人の命名です

萩露園

雨にぬれたハギは 露を置いた萩のようでした

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2008/09/26
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm

カメラ機種名 Canon PowerShot G9
撮影日時 2008/09/26

関連記事
スポンサーサイト
Tag: ハギ

コメント

はぎ

きれいですね それにしても豪快な萩・・・
道もせまくなるくらいですね。

2008/10/08 (Wed) 17:11 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集

見事な萩  すごいです。 魯山人の器 美術展で みたことあります。
昨日 北九州は小倉 井筒屋の星岡茶寮で お昼しました。
病院の付き添いの帰り 土瓶蒸しが おいしかったです。

2008/10/08 (Wed) 19:14 | 小紋 #- | URL | 編集

 萩がすごいですね。

 そして、ででーんと迫力のある建物の数々。
 ここ撮りがいあるかもです。

2008/10/09 (Thu) 00:02 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集

こんばんは~。
萩を撮影したことないのですが、風情がありますね。
雨に濡れた山門振り返りショット、しっとりとして好きです。
ススキ画像もいいですね。

豊中なんですか、近いかも~

2008/10/09 (Thu) 00:32 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集

行きたいと思っていたのですが
花の季節にはいけそうにないです…。
雨に萩。
しっとりといい写真ですね。

以前書いた記事です。

http://atamatote.blog119.fc2.com/blog-entry-111.html

2008/10/09 (Thu) 01:09 | 新之介 #- | URL | 編集
お返事です

お返事です

kikukoさん

雨にぬれた萩が 両側から迫ってきて 上にもあって ぬれましたよ

小紋さん

ありがとうございます

魯山人の書 見たことがあります とっても大きな看板でした

小倉に星岡茶寮があるのですか
まぁ 元論昔の店とは関係なくなめを使っているのでしょうね
土瓶蒸し まぁマツタケですか うらやまし~~

RKROOMさんへ

ぜひ 写しいいってください
RKROOMさんの写真で見たいです

とっぷんさんへ

ありがとうございます
とっぷんさんの花画像 見たいですね
その画像にどんな 裏コメがつくのか興味深々です

新之介さんへ

新之介さんのBLOGでも 中津のところで取りあげられましたね

あれを読んでどんなところか行ってみましたよ


2008/10/09 (Thu) 02:16 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
東光院 萩の寺

写真で見ると、随分立派なお寺に見えますね。

近くなので見ごろにはちょくちょく行ってました。
昨年も今年も行ってないけど。

見事にたわった萩は美しいけど、たたずまいとか情景とかの暗いもの悲しい感じが気が滅入るのです。

2008/10/09 (Thu) 16:56 | コッコ #- | URL | 編集
ゆうより^^

雨にぬれた萩の寺庭、風情があって良いですね。
身近な場所に秋の七草の一種、萩を堪能できるお寺を知ることができました^^
こうして、何枚もの写真を見ながら記事を読ませて頂くと、
不思議に訪ねてみたくなるものですね^^

私も新西国○○番霊場とか、その他の霊場巡りの案内があったりすると、
つい全ての観音様を訪ねてみたいなぁって思ったりはするんですけど、
思うだけでなかなか実行に伴いません。

ただ、今は直ぐにできなくても、いづれかは、いくつかの歴史がある巡礼行に添った
お寺巡りをしながら撮影の思い出を残してみたいと思っております。

PS。イチデジの件で私どものブログにコメント頂け、ご使用の感想、、
店舗情報など教えて頂けて、本当にありがとうございました。
今週は帰宅後、イチデジ情報を調べることで時間を取られ、
ふみも所用などで時間的な手狭となっておりました。
自分たちのブログすら更新することもできておりませんけれど、
何かと分からぬことがあらば、お尋ねさせて頂くこともあろうかと思いますので、
お差支えない程度で結構でございますので、お教え頂ければ幸いに存じます。

TOSSYさん^^。本当にありがとうございます。

2008/10/09 (Thu) 22:15 | yuufumi #mQop/nM. | URL | 編集
お返事です

コッコさんへ

お近くでしたね
私も 本堂を見て ちょっとイメージが違ったのですが 震災で損傷受け再建したようですね

ハギの花自体が 明るさとか華やかさとは無縁の花ですので 印象としては暗い感じになりますね

ただ お寺にはいるのに 拝観料500円を竹筒に入れるというシステム 近所だからといって 毎日お散歩には行けませんね

六甲山上にある天上寺は お志というシステムなので 気軽に行けます

ゆうさんへ

9月は雨のお出かけが多かったのです
お寺は小雨のときは風情があって どピーカンよりは写真的にはいいですね

私も中国33観音霊場は すべて回っているのですが 西国とか新西国は 気が向けば行くといった程度です
お寺めぐりは 総合文化とでも言えばいいのか 日本の歴史や建築 文化などいろいろとわかって面白いですよ
少し暇が出来れば いかれるといいですね

カメラのこと私のわかることなら 遠慮なく 何でもお聞きになってね

2008/10/09 (Thu) 22:42 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する