スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉瀬の素盞嗚命神社(すさのおじんじゃ)

続いて 宝塚市玉瀬の満福寺に隣接している素盞嗚命神社(すさのおじんじゃ)のご紹介です

旧川辺郡玉瀬(たまぜ)村の村社のひとつで 明治に入り須佐之男神社改称、大正14年(1925年)に同じ村社の大己貴命神社(旧:八王子神社)と神社合祀し、素盞嗚命神社へ改称しました

宝塚市にあるすさのお神社に関してwikipediaより引用します
興味のない方は 飛ばしてくださいね

素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)は兵庫県宝塚市内に7社ある、素盞嗚命(すさのおのみこと)を主祭神とする祇園信仰の神社である。 暴れ川として知られた武庫川の本流・支流域に分布している。

これらの神社は、江戸時代までは牛頭天王社と称され牛頭天王を祭神としていた。 明治初期の廃仏毀釈により祭神名を素盞嗚命へ改め、社名も素盞嗚を冠した。


スサノオノミコトは 日本神話に登場する神様で 表記の仕方はいろいろとあります

17日 京都では八坂神社の祇園祭ハイライトの山鉾巡行です
祇園精舎の守護神牛頭天王とスサノオノミコトは習合して信仰されていましたが 明治になって 神仏分離で すさのおを祭る神社になったのです

よくわからないのですが 昔は神様も仏さまも 一緒に仲良く おらが村のお守りをしてくれる存在だったのですね
だから お寺の中に鳥居があり 狛犬があるところが多く残っています

ここもそういうふるい形の神社だったのです
素盞嗚命神社本殿です

素盞嗚命神社 (宝塚市玉瀬) 本殿

ブログランキングに参加しています 続きを読む前に  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


応援クリックは 一日一回 有効です

続きは ↓の Moreを クリックしてね
続きです

石段の脇には 古い石灯籠がありました サツキが雨にぬれていました
石に積み方 いいですね
いろんな形の石を積んでいます 何時ごろのものでしょうか

石垣

横手には 小さな祠がありました

小さな祠

ここで咲いていた真っ赤なサツキと 石垣で咲いていたマーガレットかな

サツキほか

神社なのに 狛犬さんの写真がありません

白状します
石段を登るのがいやで 登りませんでした
お賽銭箱もないようなので 下から拝んでおきました
石段を上がった本殿前に 狛犬さんは鎮座していたようです

石灯籠の横にあ形だけ かろうじて小さく写っていました

狛犬さん あ

「自然と文化のお話」さんに 狛犬のお写真が掲載されていました こちら
この前の道を通る旅に気になっていたお寺と神社におまいりできて 良かったです
すっとしました

宝塚に素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)は 7社 あるのですが ここから少し離れた 長谷(ながたに)の素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)は 県の重要文化財になっています
たいへん珍しいつくりになっています
以前に長谷ボタン園に行ったときに 寄って 写真も少しだけ写してあります
プリントをスキャンして またアップします

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2008/06/19
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm



関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~。

「素盞嗚命神社」、すごい名前ですね。
古ぼけた雰囲気が万福寺よりも撮りたいかも。
1枚目の階段の上に狛犬がいるのでしょうか。(^^)

万福寺みれましたー♪
世帯数から考えたら立派なお寺ですよねぇ
写真のお師匠さん厳しいですね、色々と言ってくれる人の存在はうらやましいです。

2008/07/18 (Fri) 18:10 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集
とっぷんさんへ

すごい名前でしょ
こんなの変換も出来ないから すべてコピペでしています

< 1枚目の階段の上に狛犬がいるのでしょうか。(^^)

そうです 
本殿の前に鎮座していました

< 写真のお師匠さん厳しいですね、色々と言ってくれる人の存在はうらやましいです

師匠といっても習いに行っているのでは有りません
私のドライバー兼師匠兼弁当持ちです
まぁ 一応写真専門学校出身でプロとして仕事もしていました
さる有名カメラマンの助手もしていたのですが 現在は写真関連の仕事ではありません
だからいうことは厳しいです
早くカタログ写真から脱却しろといつも言われています

2008/07/18 (Fri) 19:51 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
こんばんは。

こんばんは。応援に駆けつけたらダントツの1位ですよ。おめでとう。

2008/07/18 (Fri) 22:28 | ka-ma-kun #RaJW5m0Q | URL | 編集
ka-ma-kunさんへ

さっちゃん 応援有難う
皆さんが応援に来てくださったから 一つのBLOGは ここ地域情報からエントリージャンルを変えてよそに行きました
もう一つはなんだかすぼんでしまいました
はるか下に勝手に落ちていきました

有難うございました

2008/07/18 (Fri) 22:32 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

名前をきいたただけで
古式ゆかしい
由緒ただしいとこって
すぐにわかりますね

2008/07/19 (Sat) 08:48 | あすとろ #- | URL | 編集
あすとろさんへ

ものすごい字ですよね
甲子園球場のすぐ横にも 素盞嗚(すさのお)神社があるのですよ
タイガースの守り神です

また 尼崎のもいくつもあります
須佐男神社と書くところもありますね

みんなルーツは同じでしょうね
歴史って面白いですね

2008/07/19 (Sat) 08:59 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

 宝塚にもまだこんな所があるのですね!
旅と言うとすぐに遠くを思い付く私です。日帰りで充分、旅気分になれそうですね。
 近場で楽しむ事をいつも教えられます。また車で行って見ますね!
ご紹介ありがとうございま~す。

2008/07/19 (Sat) 16:19 | ミコ #- | URL | 編集

 歴史を感じる石垣ですね。

 んーん、京都の寺社よりも写欲をそそられるかも。

2008/07/19 (Sat) 23:06 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集

素盞鳴神社が登場しましたね。
私も間もなく、長尾連山を越えて西谷地区の神社紹介に入ります。
ここの狛犬さんは玉垣と本殿との狭い場所にあり、撮り難かったです。
TOSSYはまとめるのがなかなか上手いですね。感心しています。

2008/07/19 (Sat) 23:16 | NORI #- | URL | 編集
お返事です

ミこさんへ

宝塚市の半分ぐらいは こんな田舎ですよ
長尾連山を越えると 田んぼがあります 猪名川のほうに行けばそば畑もありますよ

のどかないいところです

ここの近くには多田銀銅山があったのですよ
いろいろと後が残っていてハイキングが出来るようです

RKROOMさんへ

京都のお寺 あんまり行かないのですよ
オフ会のときに行くぐらいですね

NORIさんへ

NORIさんは 神社専門ですか
私は 有れば何でも 目に入ったものを写しています

長谷のスサノオ神社にはもう一度行きたいのですが 
昨年だったかボタン園に行ったとき 誘導された田んぼ利用の駐車場で はまり込んで動けなくなったので もう あの方面には行ってもらえません
近くに止めていた人が ロープで引っ張って出してくれました

2008/07/21 (Mon) 00:05 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。