FC2ブログ

第5回 中国観音33ヶ所めぐりの旅

月に一回のペースで回っている 「中国観音霊場33ヶ所巡礼の旅」も回を重ねて第5回目になった

今回は 初めて日本海側に行った
第29番 伯耆の国の大山寺 そして 第4番 落合の木山寺の2ヶ寺を参拝した

前回までは 山陽道 備前 備後 安芸(岡山 広島各県)の瀬戸内海を望む寺だった

今回は 日本海に近い大山の麓に位置する大山寺と 中国山地の真っ只中にある山寺 木山寺
今までとはずい分と印象の違ったお寺だろうと楽しみだ

中国自動車道を落合まで行き 米子自動車道に乗る
この米子自動車道は初めてだ 蒜山高原をすぎ 溝口で降りる
ここから大山寺まで高原を行く
大山が見えてきた
途中 雲がかかっていたので もうあきらめていたので うれしい


大山1


この大山は まるで富士山のような形だが 見る場所によっていろいろと変る
こちらも大山 まるで別の山ね


大山2



大山寺は 大山の中腹 標高800mあたりに立っている
山岳仏教が盛んだった頃に開かれたらしい
高原の風はさわやかで すがすがしく 静謐な感じがする
大山ホテルでのお食事を まず済ませてからの参拝となった

「山菜深山会席」 精進ばかりで作られた上品な そして 単調にならないように考えられた 美味しい食事だった

 食事



高原では ナナカマドが 真っ赤な実をつけていた


ナナカマド



食事のあと いよいよ大山寺の参拝です
参詣道の急勾配に山門がそびえています

山門



観音堂です お寺に狐さんがいます
狐は 観音様のお使いなのです

観音堂



本堂と鐘楼です

本堂



次は 又落合まで戻って 4番札所木山寺へ
ここは 中国山地の真ん中に位置していて 33ヶ所でもひとつぽつんと離れている
真言宗の別格本山 なかなか風格のあるいいお寺だった

こちらも 新仏混交の古い形式の不思議な寺だった

木山寺山門



ここでも本堂の前には狐さん

狐



木山寺本堂



木山寺観音堂



庭には 白いホトトギスが咲いていました

ホトトギス



とりあえずは このぐらいで
又、古寺巡礼で詳しく書きますね

いつもこのたびは チビデジですが 今回は Kiss DNをもって行きました
LENSは TAMRON AF 18-200です
関連記事
スポンサーサイト



コメント

霊場巡り

おつかれさん。
私も西国なら旧も新も2度ほど回りましたよ。
さすがお寺の子でしょう?
その頃にデジカメをやっていたら編集が忙しかっただろうね。
何時かtossyさんにくっついていこうかな?(笑)
ありがとう!

2005/10/05 (Wed) 11:33 | KIKO #FQ19IChI | URL | 編集
大山寺

荘厳な山門、
観音堂になぜか狐と思ったら、観音様をお守りですか?
タムロン18~200私もこの間買いましたが、なかなか使い応えがありますね。

2005/10/07 (Fri) 00:04 | TOSHI #EjKEifoI | URL | 編集
荘厳ですね

本当に荘厳ですね。
狐もいいですね。ありがとう。

2005/10/08 (Sat) 08:45 | ka-ma-kun #RaJW5m0Q | URL | 編集
大山

寺院と神社と仲良くなんて
日本ならではですね

立派なのは、禄高をいただけた
と聞いてます
今は、どうなんでしょう

荘厳さを見せて頂きました
ありがとう

2005/10/08 (Sat) 22:50 | とんこ #RgyCeBHA | URL | 編集
初めまして。 ツトムです。

写真いっぱいのBLOG楽しいですね。
私のも同じようですが、ご覧下さい。
失礼ながらTB貼らせていただきました。
中国霊場33所の更新を楽しみにしています。

2005/10/09 (Sun) 21:45 | ツトム #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

しばらく留守にして申し訳ありませんでした。 また続けたいと思います。9月の24日から妻と旅行に出ていましたので、blogの更新が出来ませんでした。旅先は長年憧れの的でした、地中海はギリシャへ行ったんです。格安のパック・ツアーに参加しての旅でした。成田空港まで

2005/10/09 (Sun) 21:36 | ツトムさん家のヨモヤマ帳。