FC2ブログ

骨仏の寺 一心寺

大阪天王寺 骨仏の寺として有名な一心寺のご案内です

骨仏 一寸ギョっとする名称です なんなの?って思われるでしょうね
これは 文字通り 骨で作った仏様なのです
このお寺では 収められたお骨で 10年ごとにお骨仏を造立されているのです

大阪では 昔から庶民に とっても親しまれているお寺で 一心寺さん と呼ばれています
普通はお盆に行われる施餓鬼が 1年中何時でもしていただけるのです

山門(仁王門)です

一心寺山門


この山門は 平成9年4月、建立 
仁王尊は、彫刻家・神戸峰男氏による5メートル余の青銅像です。左側・口を開いている阿形像(あぎょうぞう)は心の邪念を戒め、右側・口を閉じた吽形像(うんぎょうぞう)は世の紊を睨んでいます

初めてこの山門を目にしたとき 正直 びっくりしました
とてもお寺には見えなかったです
屋根は 万博のお祭広場を思い出しました

山門の扉には 4人の天女のレリーフがあります
健康的なふくよかな天女さんです
右端は 山門下 入り口に立っている道標 骨仏の寺と書いてあります

ブログランキングに参加しています 続きを読む前に  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


応援クリックは 一日一回 有効です
クリックした後 24時間は クリックしてもカウントされない仕組みになっています

続きは ↓の Moreを クリックしてね


 

続きです

私が なぜ 一心寺さんに行ったかと言いますと 義兄のお骨を収めに行ったのです
姉夫婦には子供がありません 
で お墓は作っても どうしようもないのです お守りする人がいないのです

それで 一心寺さんにお納めしてお骨仏にしていただくことに決めたのです
義兄は大阪心斎橋近くの船場で生まれ にぎやかなところの好きな人でした
山奥のお墓など絶対いやだというとおもうのですね

一年中大阪言葉がにぎやかに聞こえるここは きっとぴったりです
私たちがいけなくなっても いつも誰かがお線香を手向けてくれているでしょう

というわけで 一心寺さんにお骨を持っていってきました
ここは宗派は浄土宗ですが 納骨 せがきは 宗派を問わずに受け付けておられます

一心寺のあるあたりは 茶臼山といわれています
この地名には 歴史好きの人はきっと反応されるでしょうね

大坂冬・夏の陣では徳川家康が茶臼山一帯、なかでも一心寺を本陣としたのです
そんな歴史のある地域なのです

本堂です

本堂


1時間近く並んで受け付けてもらい 本堂へ そこでは施餓鬼をしています お経を上げていただき 納骨をするのです

本堂


納骨堂です こちらに骨仏さんを祀っています

納骨堂


1年365日 お骨を納める人は絶え間なく続き 1年に1.5万~2万体の納骨があるのです
単純に計算すると 一日あたり50人もの人がお骨を納めにこられるのですね

そして 4月に前年度に収めたお骨の法要があります
その日は もう すごい人で 天王寺の駅を降りてしばらく歩くと 歩道に行列が出来ています
途中で動物園内に入り 広場でプールして 道があふれないように 調整をするのです

ずいぶんとかかってやっと本堂にたどり着くのです

法要の日


本堂でおまいりをした後は 法話がありお茶のお接待を受けて 帰路に着くのですが そのときも まだまだ行列がずっと続いていました

一心寺山門前行列


一心寺境内です
天王寺にある一心寺も また 四天王寺と同じく 戦災で燃えてしまいましたので 建物はすべて戦後に建てられたものです

それでも植樹もいろいろとして なかなか心休まる空間になっています
私は四天王寺よりも こちらのほうが良かったですね

境内 念仏堂


そうそう 6月には ここでは ジャカランダの花が咲くのです
南米原産のムラサキのジャカランダ きれいでした
また 朱色のノウゼンカズラも満開でした

ジャカランダ


ずいぶんと長くなりました

写真は 3回にわたって折々に写したものを編集しています
また 四季折々に出かけることになると思いますので これから天王寺界隈の写真をアップする機会も多いと思います

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm

カメラ機種名 Canon PowerShot G9


撮影日時 2007/11/13 11:  2008/04/27 11  2008/06/24

関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。写真も綺麗だし、書き込みもえ~し・・・上手いな~

2008/07/10 (Thu) 20:37 | トレビアン・西 #9B64OxmM | URL | 編集

こういうお寺さんが有るんですね。
僕も山奥のお寺さんは何だか嫌だなぁって思ってます。
寂しがり屋なんで町中の賑やかなお寺さんにして欲しいです。
お陰で我が家の寺は賑やかでは無いですが街中のお寺さんです。

2008/07/10 (Thu) 20:43 | otsu #GCA3nAmE | URL | 編集
お返事です

トレビイアン・西さんへ

ありがとうございます
西さんも がんばっておられますね
お互いがんばりましょうね

otsuさんへ

ここは じつは 私の祖父も祖母も仏様になっておまつりされているのです
お納めしたのは私の生まれる前のことですが・・
お墓もありますが ここにおられるのです
明治になって 大阪には 田舎から出てきた人も多く お墓に困ったのでしょうね
ここが受け入れてくださったので みんな一心寺さんへ持っていくようになったのです
お墓のある人も分骨をして納めるのです
大阪らしい合理的なお寺です

2008/07/10 (Thu) 21:10 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
一心寺

ああそうなんですか?
知らなかったです。中山寺には両親のお骨を納めています。が・・・
大阪はすごいんですね。
お姉さまも一安心されたことでしょう。
私もお詣りに行きたいですぅぅぅl

2008/07/10 (Thu) 21:58 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集

 会社の人がこちらのお寺のことをお話していました。
 大阪には、こんなお寺があるんですね。
 私も、ここに入れてもらおうかなぁ(笑)

2008/07/10 (Thu) 23:25 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
お返事です

kikukoさんへ

このお寺は 明治の頃からこういうことをしているのですよ
最近は無縁墓になるお墓も多いそうです
こういうシステム とっても良いと思います
子供が世界中に散らばる時代です
お墓のお守もたいへんです
ここならおまいりに行くのも 町中ですから楽です

RKROOMさんへ

ここは古くから有名ですよ
まぁ 何時行っても門前 市をなす盛況です
法要の日など 家族揃ってのお参りで 茶髪やピアス ヤンキーの兄ちゃんも神妙にお参りしていました

観光寺院は ただ観光に来ている人が多いですが ここは お寺本来が持っていたものが有るように思いました
お商売上手と言う方もおられますが 古来お寺は何かといえば人が寄る所だったのだと思います

< 私も、ここに入れてもらおうかなぁ(笑)

どうぞどうぞ みんなで入って あちらでもバシャバシャしましょう

2008/07/11 (Fri) 00:27 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
10年分のお骨が一体の仏になる。

TOSSYさんに教えられてジャカランタを見に先日行ってきました。
私の実家は寺で墓地も別に有りますが
亡家族は大方此処の骨仏になっています。
大きな骨壷は家の墓地に小さな分骨の方を此処に収めます。
10年づつの仏さんが一体の仏さんになりますから、
あの人とあの人は一緒やねとか、
あの人たちは夫婦やけど別の仏さんやねとか話に花が咲きます。(^-^)

2008/07/11 (Fri) 01:18 | KIKO #FQ19IChI | URL | 編集
KIKOさんへ

私の祖父と祖母も 戦前の納骨ですので 戦災で燃え 残った灰で作られた一体になっています

仏様にする戸言うのを最初に考えついた方は すごいですね

2008/07/11 (Fri) 09:54 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

こんにちは~。
ウチも1四天王寺さんに納骨しております。
一心寺さんでは無いと思うのですが、年代毎のお墓をお詣りしております。
古くは100年以上前のご先祖さんも入られてるらしいです。
あまり背景を考えることなくお詣りしていたので、勉強になりました。

じゃりン子チエの歌で「茶臼山でドンコ釣り」とありましたが、ここのことなんですね。

2008/07/11 (Fri) 15:28 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集
とっぷんさんへ

四天王寺さんは 年代ごとのお墓になっているのですか
この間おまいりに行ったとき 納骨所がありましたが あそこに持っていくのですね

< 古くは100年以上前のご先祖さんも入られてるらしいです

そんなにむかしから大阪ですか

私のところも 明治初めからの大阪です

チエちゃんのどんこ釣りは 天王寺公園の茶臼山でしょうね
チエちゃんの頃はまだ ただで入れたと思いますから・・
茶臼山でどんなどんこがつれたのでしょう

茶臼山も むかしは違う呼び名がありました
オカマ山です おカマの街娼が多くいたのだそうです

2008/07/11 (Fri) 22:37 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

立派なお寺なのですね。
このような納骨のシステムがあるのですね。勉強になりました。
ムラサキのジャカランダ は初めてですが、きれいですね~~。

2008/07/12 (Sat) 00:00 | NORI #- | URL | 編集
NORIさんへ

一心寺はご存じなかったですか?
やはり大阪限定有名寺院でしょうか

ジャカランダが見れるところは あまりないですから 来年はぜひ見に行かれるといいですよ

2008/07/12 (Sat) 00:45 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
神戸の納骨壇

神戸の永代供養の納骨壇してる寺院の話。寺と寺の敷地が莫大な金額の借金の抵当になってるねんて。寺のビルを建てるために、納骨の永代供養のお骨を募集して資金繰りしたけどたりひんかったみたい。そこの寺と宗派の違う坊さんの流してる情報では税務調査が4ヶ月間毎日続いたそうだ。因みに普通の寺は2日で終わるそうだ。その坊さんの生活はハデハデ(ベンツ・女)だから大丈夫なんだろうが、もし破産したら金と骨かえってくるんやろか?

2010/05/05 (Wed) 14:16 | 無名 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

大阪天王寺 骨仏の寺として有名な一心寺のご案内です 骨仏 一寸ギョっとする名称です なんなの?って思われるでしょうね これは 文字通り 骨で作った仏様なのです このお寺では 収められたお骨で 10年ごとにお骨仏を造立されているのです 大阪では 昔か...

2008/07/10 (Thu) 14:00 | TOSSYの フォットアルバム

朝方、無事に大阪に到着! 一心寺の正門で出迎えてくれたのが、このお方↓ [[attached(1,center)]] お坊さんがお経をあげてくださっている最中でした。 父親のお参りを済ませ、寺院内のベンチに座り、お弁当を広げたところ いつのまにか野良猫がやってきて私のお...

2009/04/01 (Wed) 20:29 | 杏樹の森