スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金比羅まいり4 裏参道で下りました

CAFE神椿で おいしいカレーを食べて元気いっぱい おなかも満足
さぁ 今度はくだりです
神椿は 500段目です

緩やかな石段を降りたところに書院があります

書院


ここは登りの時は チラッと横目で見ただけでしたので 門をくぐってはいることにしました
この門構えもすごく立派ですね

ブログランキングに参加しています 続きを読む前に  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!


応援クリックは 一日一回 有効です
クリックした後 24時間は クリックしてもカウントされない仕組みになっています

続きは ↓の Moreを クリックしてね

続きです

表書院

書院は 表書院 白書院 奥書院とあり それぞれ 円山応挙 伊藤若冲の襖絵があるのです
白書院は 現在 あの神椿の壁のタイル絵の田窪恭治が 障壁画「椿」製作中です
彩色の椿 製作中の写真は こちら 

若冲公開されているのは 表書院だけで 白書院 奥書院は非公開です 
若冲はご覧になれません と言う案内板が出ていたのです

昨年の年末 大阪駅で金比羅さんの大きな観光ポスターが張ってあったのです
その絵が なんともすごいインパクトがありました
一度通り過ぎたのですが 戻ってケータイで写しました
其れがこれです

この絵は 応挙の絵なのかしら?
応挙ってもっとおとなしい水墨画だったと思っていたけれど・・・
この絵を 見れたのかしら 早くに思い出せばよかったわ

いま 三重県立美術館で 「金比羅離宮書院の美」展が開かれています 6月8日までです
書院の応挙 若冲 大挙して 三重県に引っ越しています
三重県が終ったら フランスのギメと言うところでするのだそうです

ここで ちょっと 金比羅さんの狛犬さん です

狛犬 あ像_______狛犬

続いて 奉納されていた神馬です

桜の仲の馬<白馬<青銅の馬

なぜか 象の像が ありました なんでぇ?

象像


ここから 石段を離れ 裏参道を歩きます
別に悪いことをした人が歩く道ではありません

琴平山の中を森林浴をしながら 歩いてふもとまで という路です
石段より変化があっていいかなと歩き始めましたが 石団は直線 こちらは迂回路 ずいぶんと遠回りです

常盤森

でも いろいろな花が咲いている 気持ちの良い路でした
ツバキも沢山咲いていましたが どれが固有種の琴娘か 分かりませんでした
たぶん 真ん中の赤地に白い斑が入っているものだと思いますが・・

シダレサクラ 宝物館裏 ツバキ 赤に白斑 ヤブツバキ 神椿?

アセビ ヤマツツジ 赤いツツジ

桜じゅうたんの路を 下へ下へと降りていきました

桜散る道

突然こんな建物に出ました

図書館

図書館と書いてありました ちょっと中も拝見 まるで 昔の学校みたいです

閲覧室 廊下 図書館外壁


そのまま散歩道を歩いてホテルの近くまで行く道があったのですが お土産を買いたいので また 表参道石段下に戻ってから 帰りました 少し疲れたけれど いいお散歩路でした

今日も 最後までお付き合い ありがとうございました

金比羅シリーズ いよいよ次回が最終です
参道の由緒ありげなお土産やさんとか 酒屋さん 旅館の建物 泊まったホテルでのお食事などアップする予定です

また 見て下さいね

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G9
撮影日時 2008/04/11




関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~。
美術には疎いので応挙なる名前を初めて聞きました。
リンク先で襖絵みましたが、実物みてみたいですね。

もしかしたら象も階段昇ったとか。(笑)
裏参道いいですね、遠回りなら人も少ないのでしょうか。
桜じゅうたんが美しいです。

2008/06/04 (Wed) 18:16 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集

象頭山だから 象のモニュメントでしょうかしら。
 金比羅ぐうも おくふかいものがありますね。
 ぜひもう一度 おまいりしたいものです。

2008/06/04 (Wed) 19:26 | 小紋 #- | URL | 編集
お返事です

とっぷんさん

虎の襖絵 迫力たっぷりで これは一見の価値あり だなぁ と思いますね

像が金比羅さんの石段を上がる図 楽しいですね
ハンニバルの像がアルプスを越えたのだから 金比羅さんぐらい 軽い軽いですよね
それに 占領中アメリカのジープが金比羅さんに石段を登ったとか聞きましたよ(野球の坂東さんが行っていました)

裏参道 ほとんど人に出会わなかったです
私も 知らなかったのですが 団体ツアーのコンダクターが 「帰りは石段ではありませんよ 裏参道を降りますから 買い物は先に済ませてくださいよ」って 説明していて 裏参道なるものを知ったのです

小紋さんへ

象頭山だから・・・なるほどねぇ
この象のところに何か札があったと思うのですが 読んだのかどうかも覚えていません
誰かが奉納したのだと思うのですが・・

私も もっとゆっくり 見ればよかったのですが 帰りの電車の時間が決まっていましたので 急ぎ足になりました

2008/06/04 (Wed) 21:09 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

書院の唐破風造りは素晴らしいですね。
裏参道は普通お参りする人は通らないのでしょうね。
流石にTOSSYさん、裏までよくご存知ですね。(シツレイ)

2008/06/05 (Thu) 01:15 | NORI #- | URL | 編集
NORIさんへ

唐破風作りのあの屋根のカーブは 好きです
裏参道は 団体客も下山には利用するようですが 一般の人は大体石段で降りているようですね
大門のところで飴を買いたいと言うので 一度大門まで下って 又100段近く上がって それから 裏参道にはいりました
花咲く道と聞いたら やはり見逃せないです

2008/06/05 (Thu) 09:07 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。