FC2ブログ

金比羅まいり 1

は~い お待たせしました 今日は 金比羅参りです

江戸時代 伊勢まいりについで人気のあった金比羅さんです
江戸の頃 旅行は自由に行くことは出来なかったのです
でも 寺社のお参りは許されたのですね

病弱や老齢で自分で行くことの出来ない人は 旅費とお賽銭を預けて 人に代わりに行ってもらうと言うこともしたのです
忙しくて 清水を空けることの出来なかった次郎長の代わりにお参りに行くのが 森の石松 ですね
「すし くいねぇ」 といったのは淀川の三十石船の上ですが・・

昔 シュラシュシュシュと 船で行った金比羅さんも 瀬戸大橋のおかげで 大阪から2時間でいけるようになりました(電車に乗っている時間です)

しあわせさん こんぴらさん


では サクラ咲く金比羅さん 皆様もご一緒に どうぞ

ブログランキングに参加しています 続きを読む前に  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
クリックした後 24時間は クリックしてもカウントされない仕組みになっています

続きは ↓の Moreを クリックしてね
続きです

♪ 金比羅ふねふね お池に帆かけて  だと ずっと思っていました

どうして池がでてくるのか 考えたこともなく・・・

これ 間違って覚えていたのですよ

正しくは 

金毘羅船々
追風(おいて)に帆かけて シュラシュシュシュ
まわれば 四国は 讃州(さんしゅう) 那珂の郡(なかのごおり)
象頭山(ぞうずさん) 金毘羅大権現(だいごんげん) 
一度まわれば

金毘羅み山の 青葉のかげから キララララ
金の御幣(ごへい)の 光がチョイさしゃ
海山雲霧(うみやまくもきり) 晴れわたる 
一度まわれば

金毘羅石段
桜の真盛り(まさかり) キララララ
振袖(ふりそで)島田が サッと上る
裾(すそ)には降りくる 花の雲 
一度まわれば

阿波の殿様 蜂須賀(はちすか)さまだよ シュラシュシュシュ
私ゃあなたの そばそばそばだよ
ほんとに金毘羅大権現 
一度まわれば

お宮は金毘羅 船神(ふながみ)さまだよ キララララ
時化(しけ)でも無事だよ 雪洞(ぼんぼり)ゃ明るい
錨(いかり)を下して 遊ばんせ 
一度まわれば


では よろしければ このこんぴらさんの曲を BGMに お読みくださいね

 △マーククリックで音楽が鳴ります  もう一度クリックすると止まります

クラシックMIDI ラインムジークさんからお借りしています ありがとうございました

この歌のせいで 私は金比羅さんは 海のすぐそばと思い込んでいました
神戸の神社のように海が境内から見えると思っていたのです
思っていたよりは 内陸でしたね

金比羅さんは この歌の歌詞にもあるように 昔は 金比羅大権現といいました

権現とは 日本の神の神号の一つ。日本の神々は仏教の仏が形を変えて姿を現したものであるという本地垂迹説の考え方に基づいた神号である。

金毘羅(こんぴら)とは、薬師如来十二神将の一人、宮比羅大将。金毘羅大権現
その金比羅大権現をお祭りしたのが 金比羅宮で 琴平の金比羅宮は 全国に約600社あるの金比羅神社(こんぴらさん)の総本宮となっています Wikipediaより引用



では 講釈はこれぐらいで 杖を持って歩きましょう
石段に手すりもはありません 杖は必携 宿にも用意してありますし 下のみやげ物やでも借りることが出来ます
私は 一脚と兼用のストック持参でした

参道です 両脇には 由緒ありげな古い建物の商店が通づいています
正面に見えている山が 象頭山(ぞうずさん) 
金比羅宮は 中腹に鎮座し、参道の石段は本宮までは785段、奥社まで登ると1368段にもなります

こんぴら参道


ここから 石段が始まります

石段始まり


金比羅名物 かごです くだりかごは空でした
狭い石段を横歩きで降りてくるのですね それで 石段には手すりがないのです

かご

料金皆さん このかごの料金 気になりますね 
かごは 大門(365段)まで行ってくれます ちょうど半分の道のりですね
のぼり 5300円 くだり3200円 往復6800円

この料金を高いと見るか妥当と見るか これはこの石段を登った人でないと 分からないでしょうね

ぐるっと迂回する道を参拝シャトルが 走っていますが あれでは 有名な石段脇のお土産屋の並んでいるのも見れないし・・


石段の両脇には お土産やさんが並んでいますが 登りで買う人はいないですね 荷物になりますものね 帰りのお楽しみです

石段を登る


両側のお店や 狛犬やら灯篭を見ながら登っていくとわりと楽に歩けました
一度に何十段も上がるのではなく 途中でいわば踊り場のようなのがあるのです

わき見しながら歩いているうちに 大門が見えてきました
大門まで 1年と同じ数字365段です

大門が見えてきました


大門のところに床机があり 甘酒を売っていました
ちょっと座って 甘酒をいただいて休憩しました

明治以前は 金比羅権現でしたが 明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)(太政官布告「神仏分離令」)により 祭神を大物主命になりましたが もともと、象頭山に真言宗松尾寺があり、松尾寺の守護神(鎮守)の一つとして金毘羅神が祀られていました
この金毘羅神は近世に流行神となり、金毘羅大権現として大いに繁栄したのです

この大門も 古くは 仁王門でした 
いまは 仁王さんの代わりに 随身さん (右大臣 左大臣)が門を守っておられます

大門

随身さん2 随身さん1


門をくぐれば そこは境内 もう 店は出せないのですが 参道を挟むように左右に並ぶ5軒の飴屋。大きな傘を広げた古風な姿で参拝客を迎える五人百姓は、境内での営業を唯一許された由緒あるお店です。
べっこう飴を売っていました 懐かしい味でした
時間が早いので4人しか出ていないですね

5人百姓の店


ここからが 桜も咲いていてとっても風情のある参道を歩きます

このとき いろいろと説明をしてくださったのが この方 ボランティアの案内人さんです
背中に 金比羅さんの紋を背負っておられました
70数歳だといっておられましたが 一日に4回ぐらい登られるそうです

案内人


ちょっと長くなりました では 続きは 又 明日

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G9
撮影日時 2008/04/11

関連記事
スポンサーサイト



コメント

見ながら おもいだしています。
 年寄り二人とタクシーで 門まで行き そこにおいて 一人で 風のように 上り下りしたのです! スカートで!
 ああ、はずかし。

2008/05/26 (Mon) 19:22 | 小紋 #- | URL | 編集
小紋さんへ

大門までタクシーで行かれて後を歩かれたのですか

私は姉とゆっくりゆっくりと写真を写しながら歩いたのですよ

上までの見通しが悪いのがかえって 次ぎ曲がったら本宮かなとか思うのですね
はるか向こうに見えていると歩くのがいやになりますね

又続き見に来てくださいね

2008/05/27 (Tue) 00:38 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

 ぶらぶらと歩くだけだけで十分楽しそうです。

 ・・・・・のぼりの階段が大変かな?
 行った事がないので想像つきません(^_^;)
 パッと写真を拝見すると、「画になる被写体が一杯~」と思えるのですが・・・・・。

2008/05/27 (Tue) 00:57 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
RKROOMさんへ

ゆっくりと歩いていると本当に写したいもが多くてたどり着けないのではないかと・・
私は 連れのいてるお参りでしたので コンデジでのお散歩写真です

それでも 遅れ気味で 写真をしない連れからは あきれられてしまいました

2008/05/27 (Tue) 09:41 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
シュラシュシュシュの後

シュラシュシュシュの後のメロディがでてきません(笑)
金比羅さんって真言宗と関係があったんですね。やはり四国ですもんね。
名前は知ってるのに、場所も、どんなとこかもまったく知りませんでした。伊勢まいりについで人気のあったとは…。いつかは行ってみたい場所ですね。

2008/05/27 (Tue) 12:22 | 新之介 #- | URL | 編集

随分昔にお参りいてからご無沙汰しています。
若い時だったからか石段の苦痛はあまり記憶にありません。
おかげで又、お参りしたくなってきました。コンデジでもきれいな写真ですね。

2008/05/27 (Tue) 14:10 | NORI #- | URL | 編集
お返事です

新之介さんへ

< シュラシュシュシュの後のメロディがでてきません(笑)

そんな人もいるだろうと MIDIいれておきました
私も海のそばの石段のある神社と思っていたのですよ
船の安全を祈願する神社なのに 海のそばと違いました

NORIさんへ

わたしは 知り合いが昨年二人も行って写真は見ていたのです
年齢が上のお二人が本宮までは石段を上がられたので なにがあっても本風まではと 上りました

石段 たいしたことはないですよ
旧天上寺の石段に比べたら 広いし 緩やかです

中国観音霊場で たくさんのお寺に行きましたが きつい石段のお寺もたくさんありました
あれで鍛えられました

ぜひもう一度どうぞ

カメラ このコンデジ 気に入っています
一デジに比べると軽いから旅行にはもうこれで十分です

2008/05/27 (Tue) 19:42 | TOSSY #WJtioIGc | URL | 編集
思い出します。

もう何年前になるだろう。
20重年程前のことかもしれない、もちろん元気に本宮まで上がりましたよ。
でももう大分忘れていますね。
あのきつい階段だけは忘れませんが、一揆に上れたのはキット若かったのでしょう。
その時でも見るからにお年を召した方が元気に上られているのを見て
元気を頂抱いたのを思い出しました。

2008/05/27 (Tue) 20:36 | KIKO #FQ19IChI | URL | 編集
KIKOさんへ

20何年も前に行っておられるのね
700何段という石段ですが 歩きやすい石段でした

中国観音を回っているときは もっと崩れかけた石段や がたがたするのやら 磨り減ったの いろんな石段がありました
やはり300段程度のは いくつもありましたね
やはり金比羅さんは参詣者が多いから お金持ちで手入れが行き届いていて石段も良かったです

前の日が雨だったので これが反対でおまいりの日が雨で 芝居の日がピーカンなら たいへんでした


2008/05/27 (Tue) 21:49 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

こんばんは~。
今の今まで「お池に帆かけて」でした~。(笑)

丁寧に撮られてるので臨場感ありますね。
実際に登ってる気分に。←めっちゃ楽チンですが。

カゴの料金、日付も書いてあると言うことは変動するんでしょうね。
この日は悪天候で高いとか。
まぁ、金額にかかわらず余程のことがない限り歩いて登いたいという変なプライドが。
一度は登ってみたいです!

2008/05/27 (Tue) 21:56 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集
とっぷんさんへ

とっぷんさんも ♪ お池に帆かけて シュラシュシュシュ でしたか

私もこれを書くのに調べていて 初めてちゃんとした歌詞を目にしました
ぞーずさんも何にも意味がわかりませんでした」

かごの料金
余白のところには 予約の人の時間と名前とか かごをかいた回数(個人名入り)だったので消したのです
そのために日付で 金額は決まっているのではないでしょうか
でも 雨の日は たいへんですね
雨の日は かごは ビニールをかけて石段の下においてありました

2008/05/28 (Wed) 00:54 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

こんにちは
いい雰囲気ですね
こういうところぶらぶらするの
好きです

わたしも歌詞
勘違いしていました!

2008/05/29 (Thu) 04:52 | あすとろ #- | URL | 編集
あすとろさんへ

あすとろさんも お池に帆かけて の口でしたか
ほとんどの人がソウ覚えていたるのではないでしょうか
歌詞を目で見るまで 分かりませんでした 耳では おいてなど戸言う言葉普段使わないから認識しないですよね

ぜひ いちど 金比羅参りをなさいませ

2008/05/29 (Thu) 10:55 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する