こんぴら歌舞伎大芝居

今日は こんぴら歌舞伎大芝居のご案内です

こんぴらさんと親しまれている琴平の金比羅宮は 全国に約600社ある金比羅宮の総本山
江戸時代 金比羅参りはお伊勢参りに次ぐ人気となりました
多くの人でにぎわったのですね 森の石松も行ったのです
人の寄るところには 芝居小屋がつき物でした

ちょっと ここで 金丸座 およびこんぴら歌舞伎についての説明です
面倒な人は とばしてね

最初は仮設小屋で 作っては壊しを繰り返していたようですが 常設小屋が作られました
こんぴら歌舞伎の行われる金丸座は 天保6年(1835年)に芝居および富くじ開設の常打ち小屋として建てられました

金比羅大芝居には 江戸および上方の花形役者が出演したそうです

が 昭和にはいって 特に戦後は 放置されていたのを 「日本最古の芝居小屋」として重要文化財の指定を受けました
で 保存が進められ 1976年に現在地に移設復元しました

そして 1980年 小屋に芝居が 歌舞伎がかかったのです
それが 「四国こんぴら歌舞伎大芝居」の はじまりでした

今年で 24回目 今年の座長は 市川海老蔵 海老さま です
では はじまり はにまり

金丸座への道


町中 芝居ののぼりがはためき 観劇気分を盛り上げてくれる中 参道から少し外れた 金丸座まで やってきました

その前に
ブログランキングに参加しています 続きを読む前に  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

続きは ↓の Moreを クリックしてね



続きです

私がこんぴら歌舞伎に行くことになったのは ひょんなことからです
歌舞伎ファンでもなんでもないのです

妹の友人が 昨年金比羅さんに行きまして 金丸座の見学をしたのですね 
それで 歌舞伎を見たいと申し込みをしていたのです
一緒にいくことになっていた友人が急にいけなくなって 切符を買う権利が 宙に浮いたのです
それを聞いた妹が 「行かないか?」と声をかけてきて 我が3姉妹とその友人 4人で行くことになったのです

こんぴら歌舞伎パンフ演目は 「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわのかがみ」と 踊りで「供奴」でした
朝の部は 「双蝶々曲輪日記」 「太刀盗人」 歌舞伎18番の「暫」 でした
夏祭 では 海老蔵は 立ち役 女形 二役を演じました

こんぴら歌舞伎は 毎年は4月に行われます
琴平の春は さくらと歌舞伎 そして うどん これは年中ですね

画像をクリックすると 大きなサイズでご覧いただけます



町中に芝居幟が はためいています
幟の下に 琴参閣って書いてありますね 今夜のお宿です

のぼり


金丸座への道


石段を上がって これが 金丸座

金丸座


まねき や 芝居絵の額が掲げてあります 情緒ありますねぇ
季節は春 ヤマツツジ きれいですねぇ

金丸座 ツツジ


まねきって これよ

まねき


「まねき」というのは、歌舞伎独特の書体「勘亭流」で、出演の役者の名前を大書した檜の看板のことです。
「まねき看板」とも「まねき板」とも呼ばれ、一枚の大きさは、縦180cm、横32cm。
12月になると京都南座のまねき上げが 毎年年末の風物詩としてNEWSになりますね
これ 並べる順番が厳格に決まっているそうです

ちょっと早くつきすぎまして 小屋内では 朝の部の芝居をまだしています
軒の下で雨宿りをしながら 1時間以上待ちました
雨の中を戻るにも 途中で雨宿りの出来そうな喫茶店などなかったのです

下の写真 ケータイで写しました
最近のケータイは カメラ機能 結構いいですね
まぁ 私のケータイ 3年ほど前のモデルだけれど 雨がちゃんと写っていますよ
この絵は 「夏祭浪花鑑」の場面を描いた絵です

ケータイで写した写真


寒い中(4月なのに寒かったのです) 待つこと1時間半 やっと中に入りました

金丸座座席表中は 昔ながらの桟敷席 一区画の定員は 私のところは 8人でした 赤丸のところ 特別席B
ここで 10000円です 前の席は4人揃っては取れなかったのです

下は パンフレットから お借りした写真です
舞台から見たところです 右の写真 一階平場後方が私たちの席
でも 一段と高くなったこの場所は 昔 検閲に使われていた席だそうです(パンフより)

赤丸の左の席は 青田組といいます
青田とは実っていない田んぼで 売れない席と言う意味だそうですが 今はここも満席
平場より少し上がっているから見やすいでした
写真クリックで 現寸になります 



金丸座座席1 金丸座座席2


芝居中は もちろん撮影禁止です
それに 現在の劇場と違って 照明は一応ありますが 暗いです
でも 私は小さなオペラグラスを持参 海老様 しっかりと拝ませていただきました

きれいでした

幕間に 場内を少しだけ写しました

幕間の客席1


天井から役者の定紋いりの提灯が ずらぁ~と並んでいます
客席には 和服姿のご婦人が目立ちました

客席


西桟敷です 障子が並んでいますね 
2階の廊下の外側に明り取りの窓があります 場面に応じて開け閉めをして 照明の役を果たすのだそうです これは今も地元ボランティアさんがされているそうです

桟敷席


芝居がはねて


芝居がはねたあと 坂道を歩いて帰ります

帰り道


この他にも 小屋内外の写真を写しています アルバムに入れていますので よろしければスライドショーでご覧くださいね
アルバムをクリックで別窓で開きます

こんぴら歌舞伎金丸座


最後まで お読みくださってありがとうございました
ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

次回は こんぴら参り お届けします
さぁ 700段以上ある石段 無事に上がれますでしょうか

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね


カメラ機種名 Canon PowerShot G9
撮影日時 2008/04/10
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 旅の写真 | Genre: 写真

コメント

「新緑の光明禅寺

こんにちは♪
金毘羅様、ポチです!
四季の風ブログに 
「新緑の光明禅寺」を更新しています、見てね 
いつもご支援に感謝です 

2008/05/22 (Thu) 18:27 | tomy2 #Uq5XVL72 | URL | 編集

金毘羅歌舞伎は一度も行ってないわ。(^-^;
凄いもんですね!ビックリ。

ニキニキ日記!落ちましたね。
エクステリアも時間の問題だな。。。
ガンバ!o( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)oガンバ!

2008/05/22 (Thu) 19:48 | 栄ちゃん #2jqmHG1U | URL | 編集

 新幹線は私も2年近く乗っていないです。東京へ行くときは便利ですが、
面白みが感じられないのであまり利用したいとは思わないからかな?
 金比羅歌舞伎って、歌舞伎座が金比羅さんにあるだけとかんがえていました。
一味違う感じで素敵ですね。一度行きたくなりました。

2008/05/22 (Thu) 21:15 | ミコ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/05/22 (Thu) 21:21 | # | | 編集
お返事です

tomy2さんへ

いつもポチっ ありがとうございます

四季の風 拝見しました コメントはそちらに書いています
ポチッもね

栄ちゃんへ

こんぴら歌舞伎はいいですよ
もう少し近ければ毎年でも行ってみたいわ
舞台と客席がちかいのよ
一番後ろでも知れています

台劇評では感じられない息使いまで感じますよ

いつも応援 ありがとうございます

ミこさんへ

お勧めですよ
ぜひ一度いかれるといいですよ
私たちは直接町役場からのチケット購入でした

新幹線は やはり時間短縮と言うビジネス様ですね
旅と言う雰囲気にはなれないですね

2008/05/22 (Thu) 22:50 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

金比羅歌舞伎は見たことがありません。すごい雰囲気ですね。
和服姿が似合いますね。

2008/05/23 (Fri) 01:20 | NORI #- | URL | 編集

スライドショーで
十分に堪能しました
雨の中なのに
ファンの方がたくさん
駆けつけておりましたね

花日記にも

2008/05/23 (Fri) 02:23 | あすとろ #- | URL | 編集
お返事です

NORIさんへ

いい雰囲気でしょう
まるで時代劇みたいです

講演をしていないときは内部を見学できるそうなのです
構造など見てみたいです

あすとろさんへ

この日はついてからずっと雨でした
雨の中和服で 御苦労様と思いましたよ

私は 次の日は 700何段かの石段を登るのですから それなりの輻輳で とても歌舞伎を見る雰囲気ではなく普段着ですよ

花日記も見てくださって ありがとうございます

2008/05/24 (Sat) 10:08 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

こんにちは~。
金比羅さんまで電車で行けるんですね、知りませんでした。(^^;
歌舞伎は小学校の授業で見ただけなのですが、子供心に面白かった覚えがあります。
今見ると楽しいとは思うのですが、なかなか第一歩が。

和服に傘はよく合いますね♪
TOSSYさんは普段着でしたか、残念。(^^)

2008/05/24 (Sat) 14:38 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集
とっぷんさんへ

あの傘 もう少し絵になるのなら 良かったのにね
あれは私が取ろうとして満杯で取れなかったちょっとこましなビジネスホテルの傘です

金比羅駅まで 電車に乗っている時間は新大阪から2時間です
乗り換え時間が10分ぐらいですよ
橋が架かって ふねふね で行かなくてもいいのですよ

歌舞伎って 全然むつかしくは ないのですよ
だって 江戸時代に庶民が楽しんだものをそのまま継承しているのですから・・
言葉もこれは大阪が舞台のものでしたから 分かりやすかったです

普段着もピンからキリがありまして さすがに ユ○クロではありませんでしたけれど・・

2008/05/24 (Sat) 15:23 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

待ってました!
小屋まで行く間の幟などでワクワクしそう。

歌舞伎って衣装が華やかだったり、仕草が綺麗だったり、
ほろっとさせられたりと楽しめていいですよね。
難しいことは判らないけど好きです。


2008/05/24 (Sat) 15:54 | MIKIKO #- | URL | 編集

わたし、
四国出身ですのに、一度も見る機会がありませんね。
一度は見たいものと、ひそかに思ってはいますが、積極的には思っていないからでしょうか?

2008/05/24 (Sat) 18:18 | ひみ子 #- | URL | 編集
お返事です

mikikoさんへ

駅を折やらすぐにもう道にはのぼりがはためいて 本当にワクワクでしたよ

歌舞伎って単純明快ですものね
母親は よく映画でも 芸術作品は 終ったのか 未だ終ってないのか良くわからないからいやだといっていました
一般大衆は 分かりやすいものの方がいいですよね

ひみ子さんへ

まだ いかれたことはないのですか アンナに色々なところにいらしているのに・・
ぜひ一度 いらしたらいかが?
ひみ子流見聞記 読んでみたいです

2008/05/24 (Sat) 20:31 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

歌舞伎って見たことないんですよ。
やはり生で見たら迫力あるんでしょうね。

楽しく読ませてもらいました。

2008/05/25 (Sun) 04:31 | otsu #GCA3nAmE | URL | 編集
ゆっくりと。。。

TOSSYさん ヾ(´▽`*)ゝおはようございます♪

ここ数日、バタバタしておりまして、訪問できませんでした。。。
わぁ~金比羅歌舞伎 そういうご縁で行かれたのですね。。。

東京の親しい友人達 歌舞伎の大ファンで
よく、この金比羅歌舞伎を見に 出かけておりました。
写真を、見せていただいたことなかったので
こちらで、ゆっくり拝見でき どんな雰囲気の場所なのか
わかりました~~(o^―^o)ニコッ
ありがとうございます
。・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・

2008/05/25 (Sun) 09:38 | マリア #3m4C9JA6 | URL | 編集
成田屋

10月に金比羅さんにおまいりしたとき 位置を かくにんしてきました。
 この小屋で 歌舞伎見れて 本当によかったですね。いつかはと願っています。

2008/05/25 (Sun) 20:30 | 小紋 #- | URL | 編集
お返事です

otsuさんへ

劇場ではなく小屋ですので 生身の人間が演じているのを感じましたね
江戸時代の碑父同じ空間で体験しているのだと 感無量ですね
空調の整った大劇場では決して味わえない空気でした

マリアさん

お友だち 東京からいらしていたのですか
ここは歌舞伎座とは違った雰囲気ですので そういう歌舞伎ファンの方も大勢おられるようです
渋谷だかの シアターコクーンも すぐに満席で切符が取れないとか聞いています
コクーンでは 勘三郎が海老蔵の演じた役だとか
勘三郎は NY講演もしましたね
勘三郎の演じるのも見てみたいなぁとおもいます

小紋さんへ

成田やって 掛け声かけたかったけれど 難しかったです

ぜひ 一度お出かけください
私のところからだと 日帰りでも満とかいける距離ですが 金比羅さんもおまいりしたいから宿をとったのですよ

2008/05/25 (Sun) 21:27 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
許可を取ったのですか?

私も見に行きました。素晴らしい演目でした。

しかし、残念で腹が立ったのは、

場内では許可なしでは撮影禁止となっていたのに

カメラのシャッターを切っている非常識な人々が多かったことです。

幕間でも、トラブル防止のため、やってはいけないのです。

スタッフの方々が「撮影禁止」の看板を客席に見せて回っても、無視している人がいて、本当に腹が立ちました。

私も一眼レフを持っていましたが、ルールを守りました。

掲載された写真を見て、大変悲しですね。

2009/04/09 (Thu) 09:07 | 歌舞伎好き #- | URL | 編集
歌舞伎好きさんへ

歌舞伎がお好きなのですね

写真撮影についてですが 確か上演中の撮影はご遠慮くださいというアナウンスだったように理解していました
ですから 舞台写真は一枚も写してなぞおりません

幕間もいけないのですか
これから気をつけます
ありがとうございました

2009/04/10 (Fri) 01:32 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する