中山道 鳥居本宿

中山道 鳥居本宿は 江戸から63番目の宿場です

駅の正面をわずかに歩くと もうそこは中山道 本陣も脇本陣も今はもうなく 跡だけですが 町並みは昔の風情が残っています

鳥居本宿案内看板



では のんびりと 中山道を歩きましょう

その前に いつものように お願いね

ブログランキングに参加しています 続きを読む前に  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックすると ポイントが加算されます

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

続きは ↓の Moreを クリックで 開きます
 
続きです

まず 宿場の地図ですね
駅のすぐ前に大きな案内地図がありました

案内地図


駅から歩いて中山道に出たら 左に歩きました 江戸に向かっているわけですね

その昔 鳥居本宿の名物は 合羽(かっぱ) 赤玉神教丸 スイカ で「鳥居本宿の三赤」と呼ばれていました

柿の渋を塗って作った和紙の合羽は赤色でした 昔の救急箱に入っていた油紙ですよね
江戸へのたびは ここから先は時雨の多い山道なので 需要が多かったのでしょう
町中 合羽を扱っていた店は いっぱいあったらしく 今も 合羽の看板があちこちに残っていました

一番目立つのは ここのでしょう
どのガイド本にも出ていると思いますよ

本陣跡の前にあります 昔 合羽製造販売をしていたところです 
天保3年創業の木綿屋は 東京や伊勢方面に販路を持ち 手広く商売をしていましたが 戦前には店を閉め 今は看板のみが残されています

合羽の看板


昔の合羽は 和紙に荏(え)の油と柿の渋を塗って防水したもので、雨の降りやすい山道を控えている鳥居本宿にふさわしい名物でした
道中合羽と呼ばれていました 木枯らし紋次郎は 島木綿の合羽を着ていますが 普通の旅人は雨のときだけ 柿色の合羽を着たのですね
鳥居本の合羽が赤かったのは 柿渋と一緒にベンガラを塗ったからと言われています

合羽(かっぱ)は ポルトガル語のケープ capeから来た言葉です
漢字の合羽は 着たときに鳥が翼を合わせたようだというところからこの漢字が当てられたそうです

この合羽の看板のかかっている家の斜め向かいが 本陣跡
でも 本陣らしき建物はどこにもありません
ちょっと風変わりな和風の家がありました

本陣跡の家 ヴォーリズ建築


この家が W・M・ヴォーリズが 1938年に 本陣跡にS・寺村邸として立てた家です
ちょうど70年前ですね 今も この家は住宅として使われています
お住まいの方がおられますので あまり近くに行って写すことは 出来ませんでした

ヴォーリズの建物はいろいろ見ましたが この家は少し異質な感じがします
古い連子窓を取り入れたデザインに暖炉の煙突
中がどういう間取りだったのか気になります

本陣跡の家 ヴォーリズ建築 2


この建物は 合羽の看板が下がっているところです
堂々たる商家ですね もうお商売はしておられないようです スタンプ台が設置してありました

昔はたごや


道なりに進みます
大きな建物が見えてきました これが 赤玉神教丸の有川製薬でしょう

赤玉新教丸本舗


万冶元年 鳥居本宿で創業した赤玉神教丸は 腹痛 食傷 下痢止めの妙薬として 全国的に有名だったそうです
旅人が買うだけでなく 多賀大社の御師(おし)が配って親しまれたそうです

御師(おし)とは、特定の社寺に所属して、その社寺へ参詣者を案内し、参拝・宿泊などの世話をする者のことである。特に伊勢神宮のものは「おんし」と読んだ


多賀大社にもいたのですね 諸国にお札を配って歩くときに お土産に赤玉もくばったのでしょう

左に飾ってある絵は 「近江名所絵図」に描かれた赤玉神教丸本舗の店頭の様子です
暖簾が出ているところを見ると 営業していたのでしょうか 引き戸が閉まっていたので 中には入りませんでした

有川製薬

この道をどんどんと歩いていきますと 擂針峠を経て 番場宿に至ります
写している方向逆でした これでは 京の方面に続いています

中山道


一度にアップしようと思っていましたが 凄く長くなりますので ここでやめておきます
続きは 次回に・・

見てね

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G9
撮影日時 2008/03/29





関連記事
スポンサーサイト
Theme: 街道の旅 | Genre: 旅行

コメント

こちらで。。。

TOSSYさん ( ‘∇‘ )ノ” コンチワー
今日は、冷たい雨ですね。。。。
どこにも出かけていないので、こちらで散策
楽しませていただきました~!

新婚時代 東京の文京区に住んでいたのですが、
すぐ近くに中山道が通っていました。。。
なので、とても懐かしい響きです。
風情のある宿場町 ぶらぶら歩くには、最高ですね~!
v(*'-^*)bぶいっ♪

2008/05/10 (Sat) 16:28 | マリア #3m4C9JA6 | URL | 編集

中山道をこんなふうに
歩いてみるのもいいですね

今は生活道のようになっているところでも、言われてみれば、昔の重要な街道の様子が伝わってきますね

2008/05/10 (Sat) 19:09 | あすとろ #- | URL | 編集
お返事です

マリアさんへ

今日は今日とも雨でしたか
こちらも雨で寒かったですよ

滋賀県 いいですよ 京都と違ってうんと田舎ですが 自然いっぱいで人の心も優しくて文化もあります
好きなところです
京都からすぐですから ぜひ中山道 歩いてくださいね

あすとろさんへ

中山道 通しで歩くのはちょっとしんどいから 点と線で 天部分だけ歩いています 線が電車利用です

完全に観光化しているところはあんまり好きではなくて 生活臭のあるところが好きです
歴史のあるところが好きです

2008/05/10 (Sat) 23:26 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

鳥居本宿は知りませんでした。
色々の歴史があるようですね。
合羽がポルトガル語のケープ capeから来た言葉ですか~~。

2008/05/11 (Sun) 02:12 | NORI #- | URL | 編集

 はじめまして。
 私のブログに訪問・コメント、ありがとうございました。

 宿場町、いいですね。
 街並みは古くても、妙に現代に溶け込んでいるような感じが、今を歩いているのか、昔を歩いているのか、不思議な感じに陥りまね。

2008/05/11 (Sun) 21:48 | RKROOM #Qc93B9rM | URL | 編集
お返事です

NORIさんへ

ポルトガル語っておもしろいですね日本語だと思っていたいろいろな言葉が 元はポルトガル語だという例は沢山あるようです
確か襦袢(じゅばん)もそうではなかったかしら

RKROOMさんへ

早速の れす ありがとうございます 
otsuさんのBLOGを見ていて 入り込んだようです

古い町っていいですね

これからもよろしくお願いします

2008/05/12 (Mon) 01:10 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
風情のある街

相棒凸ちゃんの好きそうな所ですね。
教えて置きます。

2008/05/16 (Fri) 10:06 | KIKO #FQ19IChI | URL | 編集
KIKOさんへ

そうですね きっと気に入るでしょうね

でも 駐車場なんてあったかいなぁ

2008/05/16 (Fri) 13:12 | TOSSY #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する