近江鉄道に乗って 多賀大社1

近江鉄道に乗って 続編です  

”お伊勢参らば お多賀に参れ お伊勢お多賀の子でござる” と歌われた多賀大社は 歌の通り天照大神の父イザナギ 母イザナミの両神を祭っています

高宮の大鳥居から 参道を歩いてでも1時間もかからずにいけるのですが 私は電車でいきました
多賀大社前駅で下車  目の前に 大きな鳥居が立っていました

多賀大社鳥居


ここから 絵馬通りと呼ばれている参道を歩くのです 約700mです

では 続きに行く前に 応援よろしくお願いします
最近 ちょっとポイントが 下がっています 
すぐ後ろから 足音が ヒタヒタと聞こえています

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

続きは ↓の Moreを クリックしてね
続きです

案内板の矢印にしたがって 歩いていきます

案内板

平日とはいえ 閑散としています
昔は おおぜいの人でにぎわったのでしょう 

ちょっとおもしろい看板や 張り紙を見ながら歩いていきました

お菓子屋さんは 糸きりもち 多賀大社の名物です
「笑う門には 福来る」 どの家の門口にも 笑門の絵馬飾りの注連縄がありました
 
糸きりもち 暖簾

写真屋さんの看板 絵馬の形をしていますね びっくりしますね

富士写真

ガラス戸に 「鹿肉あります」って 張り紙です

鹿肉 あります 

曲がり角には 古い道標がありました
右とりもと って 書いてあります 鳥居本への道ですね

右とりもと

右本社道 もうあと5分ぐらいかな 
それにしても 人の姿がないのです おなかがすいているのに 食べれるところもありません
どうしよう・

右本社道 

確か 本には 境内のおそばやがあると書いてありました
おそばを目指して 歩きます 寒いのです

大きな立派な家ですね 

大きな家

赤壁の建物がありました 旅館のようです 登録有形文化財とあります
料理旅館 かぎ楼 参道に面した部分は 2階建て

かぎ楼
 
奥のほうは 3階建てになっています 珍しいですね

かぎ楼2

この旅館と絵馬通りをはさんで もう一軒 旅館の建物がありましたが 営業しているのかしら?
かめや料理旅館です ここも登録有形文化財 多賀大社を立てた宮大工によって建てられたとか・・

翳っていて 写真が暗いです ごめんなさい
建物の影の部分 細部が見えないので強制的に明るく補正しました

この建物を見たとき 小学校の修学旅行で行った 伊勢の旅館を思い出しました
なつかしい いかにも昔の旅館という建物ですね

かめや

2階の窓辺に座って 道行く人を眺めたのでしょうね

kameya かめや

あぁ 向こうに湯気があがっています 暖かいものがあるのだわ

門前

お多賀さんは目の前です でも 湯気の立っているところの誘惑には 負けました
だって もう 12時を過ぎています 朝 早かったのです
9時には彦根についていましたから 家を出たのは 7時過ぎです

で 暖かいおうどんをいただきました

うどん

おなかもいっぱいになり 温まったところで お多賀さん 参拝です 
続きは次回です

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね
こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね


カメラ機種名 Canon PowerShot G9
撮影日時 2008/03/29  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~。
人が多いのも困りものですが、まったくいないのも寂しいですね。

富士写真さんの看板凄いですね。
ちょっと店構えも気になります。
鹿肉はグラムいくらぐらいするんですかね、あまり脂肪のイメージがないので固そうな気もしますが。
旅館では「かめや料理旅館」の佇まいがお気に入りです。

晩ご飯前にこのうどん画像、、、お腹すいたぁーーー。

2008/04/30 (Wed) 19:02 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集

「笑う門には 福来る」とか
写真やさんとか
老舗が並んでいますね
じっくりと写真をとられているので
参考になりますね!

2008/05/01 (Thu) 07:50 | あすとろ #- | URL | 編集
お返事です

とっぷんさんへ

あまりにも人通りがすくなかったで 寂しかったです

この後神社に入ったら 結構大勢の人で・・・
皆さん車のようでした

看板類 意外とおもしろいものがありました
電車の本数が少ないので あまりゆっくりと出来ず 急ぎ足になってしまいました
この後 本命の鳥居本に行く予定なのです

富士写真さん 店釜ではなんと言うことのないお店だったように覚えています

鹿肉 北海道でエゾシカの燻製食べたことがありますが 燻製ですから あまり特徴は分かりませんでした

あすとろさん

昔は栄えたところなのでしょうね
どこも店構えが立派です
民家も大きな家が多いでしたね

あまり今風に派手な改装は認めていないようです
原色を使ったようなのは 元の古い形にやり直したとか・・

ゆっくりと見れば もっとおもしろいのがあったと思います

 

2008/05/01 (Thu) 19:21 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

お多賀さんは随分前に数度参拝していますが、この写真の場所がどうも記憶にありません。
当時は当たり前の風景に見えていたのかな~~。
鹿肉、鴨肉とありますが、鴨の塩焼きが食べたいで~す~~。

2008/05/02 (Fri) 00:47 | NORI #- | URL | 編集
NORIさんへ

商店など 昔の雰囲気にもどしたそうですよ
どぎつい配色の看板などははずしたそうです

旅館は 以前からそのままあったと思いますが しっくりとなじんで溶け込んでいるので 見逃したのでは。。

神社は 改装が済んだところで ピッカピカでした

鴨ロースト おいしいですよね
わたしも好きです

2008/05/02 (Fri) 15:52 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する