FC2ブログ

冬の京都散策2 祇園の舞妓さん

祇園は 八坂神社の門前町として発展した町です
鴨川から八坂神社までの四条通沿いに にぎやかな商店が続いています

また 舞妓や芸妓のいる花街でも あるのですね
京都には 花街は 5つあり そのひとつが祇園

京都の5花街とは
祇園 先斗町 宮川町 上七軒 そして祇園東です
それぞれ芸妓 舞妓が所属しています

さて おしとやかオフ会のメンバーは おしとやかに 四条通を歩いて 一力亭までやってきました
赤い壁の一力は とても目立ちます
一力は 元は万屋と名乗っていましたが お芝居での名前が 万の字を一と力 二つに分けて一力になっていてそちらが有名になったので改名してしまったとか・・

一力亭


ここで 暖簾など写していて 舞妓さんに出会ったのですよ
舞妓さんは 続きで ね

その前に 応援クリックよろしくね 皆様の応援が とっても励みになっています

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

続きは ↓の Moreを クリックしてね


続きです

歌舞伎 仮名手本忠臣蔵で 大星由良の助が 遊んだとされる一力です
忠臣蔵は時の幕府に遠慮して 大石内蔵助は 大星由良の助 そして時代設定は南北朝のころになっています

ここで 本当に大石内蔵助が遊んだのかといわれると ?ですが 江戸初期には この祇園がすでに存在し 一力亭も有ったと言うのは確かですね 
一説によると 京都山科に住んでいた大石良雄が遊んだのは伏見撞木町 萬屋らしいです

新撰組の近藤勇は ここ一力での会合に参加しています
激動の歴史を生きてきたお茶屋です

では お待ちかね 舞妓さん登場です
普段着のすっぴんの舞妓ちゃん 可愛いでした
着物に肩上げがありますね
舞妓はまだ子供 一人前ではないので着物には肩上げがあるのです
舞妓のうちは髪は自髪で結っています 芸妓になるとほとんどが鬘ですね

祇園の舞妓さん1

 
一力亭の前を歩いていきました 木のおこぼのような下駄をはいていますね 可愛いですね

祇園の舞妓さん2


もう一枚 一力の暖簾の中には 万の字のついた 唐傘が広げてありました

祇園の舞妓さん3


横手の道から もう一人 舞妓さんが歩いてきました
あらあら この人は 一力の中に入っていくみたいですよ

祇園の舞妓さん4


わたし 暖簾をくぐる舞妓さんは写せませんでした
どこをどう 間違えたのか 真っ黒
ソフトで 最大限あかるくしましたが すごく荒れた画像で色も出ませんでした

何とか画像出てきました

一力に入る舞妓さん


ひとつ上の写真と同じ プログラムAEで 写したのですが 中央部重点平均測光だったから 中央が黒い暖簾で 測光が上手く行かなかったのかしら 2枚真っ黒でした

すごい失敗写真公開してしまいました
まぁ こんなこともあるってことよ

祇園町です 京都って感じですね

祇園の町並み


右手の町家にかかっている看板の字 読めますか?

悉皆屋


太田悉皆店って書いてありますよね
これ しっかいと読みます しっかいやさんですね 
さすが京都 しっかいやさん 健在です
着物の染み抜きやクリーニング 洗い張り そんなお手入れのすべてを頼むところが悉皆やさんです
私が着物を汚したりすると よく母親が 悉皆やさんにたのまなあかんとか言っていました
私も若いときは お正月にはお振袖を着て初詣にいったのですよ

私はもう着物は 全然着なくて 持っていたものもすべて人様に差し上げてしまいました
着物を着てカメラもって しゃがんで写真写せませんものね

ちょっと無駄話をしてしまいました

つぎは 八坂神社をご案内しますね
一力から 八坂さんへは すぐです
八坂さん きれいになっていましたよ
では 今日は このあたりで

一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです  今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 


花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2008/02/04
レンズ TAMRON AF 17.0 - 50.0 mm







関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんわ

いやいや
 いつもながらの 名語り手のご案内に なされるががままに
 すっかり 身を任せ ゆっくりと
 京都 祇園の一部を 案内されました

 次回 ご案内は ”八坂神社”
  古くから お祭り と深く関係するもので どこでも必ず出てきますね

 これは こうご期待ですね!
 また tossyナレーター の
 名口調での案内を を楽しみにしておりまする。。 


あっつ ! ところで 
 来たよ 500mm  ご機嫌です 

 ボケも良いかも 梅 桜も これでって。。 
 楽しみが増えました。。 

 カワセミ さそく撮りにいてきましたよ
 blogに 載せましたので 
    来て見てね。。。。   ^ ^)

 

2008/02/19 (Tue) 01:06 | kei(け~;ちゃん) #CvGXsNjo | URL | 編集

京都の風情がよく伝わってきます
写真と解説から。
悉皆とは、もれなくという意味で使っていますが、京都では、着物が生活と密着していたから、そういう意味で職業になったのでしょうね。
京都のよさをまた知りました。!
ありがとう。

2008/02/19 (Tue) 05:38 | あすとろ #- | URL | 編集

京都はいいですね。行くたびに発見!!
それにしても 舞妓さんかわいいです。よく撮れましたね

シャッターチャンス バッチシ・・・
ありがとうございました。

それにしても ぷっちんしたら十三を歩く というのが出てきて、楽しみも増えました。

2008/02/19 (Tue) 14:20 | kikuko #EQuk4h4w | URL | 編集

 仲良し舞妓さんの写真かわいいですね。
一力の名前の由来初めて知りました。TOOSYさん色んな事をご存知ですね。
 昨年の秋に、私も久しぶりに祇園に参りました。
少し気分が優れなかったのですが、友人に「美味しいランチがあるから」と誘われてまいりました。
炊きたての釜飯が美味しいミニ会席で五千円ぐらいでした。
祇園も庶民的になったのかな?と思ったのを思い出しました。友達って良いですね!
 写真が黒くなって駄目になったのはお気の毒ですね。
もしかしたら黒い力が働いて害を与えられたのかしら?
でもそれを気にすると心まで傷つけられてしまいます。(オカルトの世界になってます?)
私は気にしないのが一番良いと思います。あまり慰めになっていないですか?

2008/02/19 (Tue) 19:24 | sei #- | URL | 編集

風情のある建物とおもったら 一力茶屋 舞妓さんもきれいですね。 昨年4月行ったことを 思い出します。何度でも どの季節でも行ってみたい京都です。

2008/02/19 (Tue) 19:57 | 小紋 #- | URL | 編集
お返事です

け~ちゃん 

500mm ゲットですか 凄いですね ファイトまんまんね 期待しています


あすとろさん

悉皆がもれなくと言う意味だというのは今回調べていて知りました
意味など知らないで しっかいや さんといっていました
メンテナンスを一手に引き受けているような職種ですね

kikukoさん

舞妓さん 可愛いでしょう
真正面を向いてお顔が写っているのもあるのですが まぁ 舞妓さんは芸能人涙から 肖像権のことも考えて アップはしませんでした
すっぴんだしね

seiさんへ
祇園でお食事をされたのですか
私たちは このあとで お食事をするのですが そこでも色々有りましてこれはまた 続きのお楽しみ戸言うことでね

小紋さんへ

祇園から東山にかけては教徒らしい風情のあるところですね
私はあまり京都には行かないのですよ
なんだか 肌に合わないのです
神戸のほうが好きです

2008/02/20 (Wed) 00:46 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

打ち水をしている女将さん
着物姿で歩いている芸子さん
京都に行くと、時がとまっている感じします。

そうそう、TOSSYさんの和服姿も見てみたいですね!

2008/02/20 (Wed) 02:09 | あすとろ #- | URL | 編集

おはようございます(晴れ)
可愛い普段着の舞妓さん、建物にも歴史がありますね。
京都・昔を偲ばせるものが、今でも沢山残っています。
だから、京都だけは空襲にも遭わなかったのです。
アメリカさん、良くご存知です。
TOSSYさんの、説明が素晴らしい・・

2008/02/20 (Wed) 09:11 | ちびころ #- | URL | 編集
お返事です

あすとろさん

< そうそう、TOSSYさんの和服姿も見てみたいですね!

もう 20年ほど着ていませんよ
ブーツやスニーカーを履くようになった足には 足袋は寒すぎます
ちぎれそうですよ

春に着ると汗をかいてしみを作って悉皆やさんのお世話にならないといけないし 着物は お手入れに凄くお金がかかります

ちびころさん

京都は 古いものが残っています 町やもいま 人気が出て若い人たちが住んだりお店をしたりしています
でも あの 町やと言うのは 暗くて寒いですよ
とても快適な住空間とはいえないですね
中学のとき先生が蛸薬師戸言うところの町屋に住んでいる京都人でした
遊びに行ったことがあります

2008/02/20 (Wed) 11:00 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する