中之島中央公会堂 特別室内部公開

中之島公園にある中央公会堂のことは 以前にもご案内したのですが (その1 その2)今回は 夜の公会堂です

ライトアップされた公会堂は とってもきれいでした

中之島の公会堂の正式名称は 大阪市中央公会堂です

引用 Wikipedeaより
設計は、懸賞付き建築設計競技により岡田信一郎案が1位となり、岡田の原案に基づいて、辰野金吾・片岡安が実施設計を行った。1913年(大正2年)6月に着工、1918年(大正7年)11月17日にオープン。岩本栄之助は第一次大戦による相場の変動で大きな損失を出し、公会堂の完成を見ないまま1916年(大正5年)に自殺した



国の重要文化財に指定を受けています そして現在も 各部屋は 申し込めば使うことのできる現役の公会堂です
これは側面 堂島川側から見たところです

中之島公会堂


今回は 普段は入れない 元貴賓室(現在は 特別室)も 入ることができ 学芸員の人から建物の説明も受けました

続きに行く前に こちらを よろしく

ブログランキングに参加しています
下のバナーをプチッと一押しで ランキングページに跳びます


一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです   今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

下のMoreをクリックすると 続きが開きます よろしく

続きです

正面部分では 車の展示をしていました

中央公会堂


大ホールでは コンサートをしているようです
私たちは横の入り口から 3階の集会室へ行き そこで ~光風景~を見たわけですが その集会室の向かい側は 特別室 昔は貴賓室といわれていた部屋です
そこも開放されていて 中では 学芸員による建物の解説がされました

特別室内部


窓には 大阪市の市章 みおつくし と 鳳凰が デザインされています
昼間は きれいですよ~~
以前に写した昼間のステンドグラスです
クリックで 大きくなりますよ


特別室といえば 天井画 天地開闢(てんちかいびゃく)が有名です
天地開闢とは 国生みの神話で 矛を受け取ったイザナギ イザナミのみことが 混沌とした世界をかき混ぜ 落ちたしずくが 日本列島になったという”壮大”な 神話です

天井画 


壁面にも 絵がかかれています
窓の反対側 廊下側の壁には 仁徳天皇の 視察風景 です
民のかまどは 賑わいにけり といっていますよ

壁画3


左右には 大阪を象徴する絵になっています
左が 交易を 右は 産業を描いています

壁画1 壁画2



この特別室は 今は 申し込めば誰でも使用することができるのですよ
ここで結婚式をするのも できるのです
そして 光アートをしていた中集会室での披露宴  いいですねぇ

窓の外は クリスマス まん前が 東洋陶磁器博物館です
ここも イルミで飾っていました

イルミの木立


今回の写真は コンデジPowerShot G9と イチデジ EOS Kiss DX 併用しています
見分け方は 縦横比 イチデジが 3:2 コンデジは 4:3 です

今回で年内の更新は おしまいです
アップできなかったものも たくさんあります 年が開けたら ぼちぼちと 季節はずれになりますが アップできなかった散歩を書きますね

今年 いつも見てくださって ありがとうございました
来年も よろしく御願いします


花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね


過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



関連記事
スポンサーサイト
Theme: 夜景 | Genre: 写真

コメント

公会堂

大正時代にこんな立派な公会堂作ったんですね
今も現役とは驚きです
ライトアップされて一段ときれいです

2007/12/28 (Fri) 14:47 | たなちゃん #c7SWrKlU | URL | 編集
天井画

外観がきれいに撮れていますね。
中央公会堂や図書館は昔からよくうろうろしてました。
地下の食堂もよく行っていました。定番のオムライスもよく食べに行きました。
地下の食堂は改装されてきれいになったんですよね。
よく行っていた時はレトロな感じで雰囲気もよかったです。
実は、大学に入る前に中ノ島美術学院に通っていた時期があったんです。
20年以上前になるかな…。毎日デッサンばかりしていた時期がありました。
でも公会堂の中は入ったことがありませんでした。
天井画や壁画があったなんてまったく知りませんでした。いい絵ですね。
TOSSY様には私のブログにもいろいろコメントも書いていただいて感謝しています。
来年もよろしくお願いいたします。

2007/12/29 (Sat) 00:51 | 新之介 #- | URL | 編集

こんばんは~。

公会堂、外観美しいですが中もすばらしいですね。
一度は中を隅々まで歩き回ってみたいものです。

今年一年、MyBlogにもお付き合い頂きありがとうございました。
来年も色んな場所の記事を楽しみにしてますね。
どうかよい年をお迎えください。
来年もよろしくです。(^^)

2007/12/29 (Sat) 01:46 | とっぷん #zRY05/.E | URL | 編集
お返事です

たなちゃんへ

明治の終わりごろに寄付があって それから設計コンペ 建設に取り掛かって 完成したのが7年だそうです
そのときには もう自殺されていたのですよ
これは有名な話で私など子供のころから親に聞いて知っていました

新之介さんへ

オムライス 私も当たらし、苦なってから 食べに行きました
カツヲのお出しで作ったようなソースがかかっていました
若いころのは母もこのオムライスを食べたのだなぁと思いながら食べました 
でも 昔のレストランと今とは 違うのだそうです

公会堂の中 ぜひご覧になるといいですよ
大ホールも いいですよ

とっぷんさん

とっぷんさんも中には入っていないのですか?
私も きれいにやり直してからしか入ったことは無いのですが 数回 いっています
特別室も 2回目です

ご丁寧にご挨拶ありがとうございます 
こちらこそ いつも楽しみに伺っています
来年もよろしく御願いします

2007/12/29 (Sat) 02:21 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

こんにちは。
洋風な建物のようですが、きれいですね。
設計者は、ヨーロパッパの建築物を参考にしたのだろうか。

2007/12/29 (Sat) 07:24 | kawahiro #- | URL | 編集

そんないわれがあったのですか?
重要文化財の指定があったのは。
大正時代のふるきなつかしさ。
そして、忘れかけてしまった趣ある文化財ですね。

2007/12/29 (Sat) 08:47 | あすとろ #- | URL | 編集
手抜きですが・・・

TB有り難うございました。
tossyさんほど盛りだくさんではないですがこちらにもTBさせてくださいね。

2007/12/29 (Sat) 21:02 | KIKO #FQ19IChI | URL | 編集
お返事です

kawahiroさんへ

いらっしゃいませ 
この設計はコンペで第一席だった岡田信一郎原案で 東京駅を作った 辰野金吾が 手を加えています
ネオルネサンス方式で 建てられていますが 何を参考にしたのかは ちょっと分からないですね

あすとろさん

有名な話なのです
中之島公会堂といえば 必ずこの悲運の株式仲買人の話が出ますね
明治末年の100万円は今のお金に直したら 途方もない金額です
現在のIT産業の長者たちは 自分が贅沢をすることだけを目的として事業をしているようにおえてなりません


大阪人は がめついとかけちとか言われなき侮蔑を受けていますが 昔の公共の建物(今は重文になっているものが多い)で 個人が寄贈したものが多いです

中之島公会堂は 現役の公会堂として使われながらの指定と言うところがすごいと思います

2007/12/29 (Sat) 21:21 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
こんばんは~☆

やっぱり、中之島周辺は、華やかで綺麗ですね。
特別室、ゴージャスな雰囲気に圧倒されそうです。
ブルーの車も色を添えて素敵ですね。

毎年、行きたいと思いながら、いつの間にかクリスマスが終わってしまいます(^^;

今年も楽しい1年になりました。
ありがとうございました。
来年もヨロシクお願いします♪

2007/12/30 (Sun) 00:05 | shiho #MrRWnLfM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

中央公会堂・特別室 重要文化財の館内を学芸員さんがご案内です。 天井画「天地開闢」 大きさ12m×11mで天之御中主大神が伊邪那岐、 伊邪那美の2神に天の獏矛を与えてこの...

2007/12/29 (Sat) 21:04 | Out of Focus*