スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南北バスに乗って2 山口町 公智神社

続きです

南北バスで 山口町名来北で降りて 隣接する三田市の田んぼの稲刈りを見て お昼になったので食事をしてから またバスに乗り 昔からある山口地区に戻りました
地図です
広域を見るのは 地図左上の -のマークをクリックして切り替えてくださいね


拡大地図を表示

下山口でバスを降り さてどこに行こうかなと前を見たら 地区のセンターがありました
開いていたので ちょっと中に入れていただきました

中には年配の方が二人おられましたので 「公智神社に行きたいのですが どう行けばいいですか?」と お尋ねしました

道を教えていただき 10月のお祭りにはだんじりが出るので 見に来たら良いよって教えていただきました

ほかにどこかいいところありますかと聞いたのですが お寺は普段は開いていないそうです

明治橋で有馬川をわたって 古い地区に入りました

公智神社(くちじんじゃ)は 広田神社と同じく平安時代の延喜式神名帳に名前の載っている神社 式内社です

延喜式がまとめられた10世紀初頭には朝廷から官社として認識されていた神社ということです 由緒がある神社なのです

民家古い大きな家の続く道を歩いていきました
家には こんな家紋が入っていました


御旅所しばらく歩くと こんな石碑が目に付きました
公園のような一角に立っています
「孝徳天皇行在所跡」と彫ってあります


神社由来によると

大化三年(西暦六四七年)冬、孝徳天皇が有馬温泉に行幸せられた際、御滞在の行宮造営の御用材を当神社地よりお採りになり、その良好なことを喜ばれ「功地山」(功ある山の意)の山名を賜わり、当社を厚く崇敬祈願されました


と書いてありました
大化というと大化の改新(645) その2年後ですよ
孝徳天皇は改新で天皇になった軽の皇子ですね
そのころから 有馬温泉は 天皇が都から来るほどの温泉だったのですね


この横手が 参道になっていました 宮前通りと標識がありました
 
参堂


鳥居が見えてきました 奥に本殿が 見えていますね もうすぐです

鳥居


道路から見た社殿です

公知神社1


本殿です 
えぇ~ コンクリート製と思いましたが これは本殿覆い
中に江戸時代末期の 木造流造檜皮葺です。

本殿1


本殿2


狛犬さんです
クリックすると大きくなります 左奥に見えているのは 神輿殿です

狛犬1 狛犬2


西宮市指定文化財の公智神社旧神輿殿は、室町時代末期の建築と推定されています。
神仏習合時代の様式を伝える貴重な建物です。
神輿殿は 元は釈迦堂と呼ばれていたが 明治以後神輿殿と呼ばれるようになりました

旧神輿殿1  旧神輿殿2


旧神輿殿3


山口地区は かっては竹細工が盛んで 有馬温泉の土産としても 売られていました
私も 子供のころにきれいな有馬篭を持っていた記憶があります

もう20年以上前ですが 篭がほしくて土産物屋で探してもありませんでした 
聞けば そのころでももう作る人がいなくて 売っていないと言われ 非売品のものを見せてもらったことがありました

有馬篭を作って生計を立てていた村人たちが 竹かごの神様を祭ったのが 塩津神社です

塩津神社 塩津神社由来


ほかにも お稲荷さんも祭ってありました

公智神社の秋祭りには だんじり(山車)が出ます
下山口(大・小)・上山口(大・小)・金仙寺・中野・名来各地区総勢7台のだんじりが 村中の道を行くのです
土地のかたによると 「うちのだんじりは 京都のだんじりやよってに走らへんのや」 そうです

例祭(秋祭り)7日午前11時 例祭 同午後1時 神幸祭 同午後3時頃宮入り です

せっかく直通バスが走っている期間にあるのだから行ってみようかなと思っています
お祭りのときは 車で行ってもとめておくところなんか無いのですよ


このあと 違う道を歩いて 山口支所前まで行って 有馬方面行きの南北バスに乗りました

途中で見つけたかわいい風景です 
どうも保育所のようですね とっても メルヘンティック

保育所


続きは またこの次に・・


ブログランキングに参加しています
下のバナーをプチッと一押しで ランキングページに跳びます
今日は 何位にいるかしら


一日一回 クリックして応援 とっても嬉しいです   今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 



花日記「今日の花」は 毎日更新をしています 
こちらもよろしければ見てくださいね


過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね




カメラ機種 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2007/09/15
レンズ TAMRON AF 18-200



関連記事
スポンサーサイト

コメント

えべっさんにもだんじりはありまっせ

初めまして。
私も南北バスができてから公智神社に行ったくちですが、えべっさんにも西宮神社若戎会というだんじりがありますよ。詳しくはこちら。↓
http://wakaebisukai.com/
いきなりツッコミになってしまい申し訳ありません。

2007/09/25 (Tue) 00:57 | ぎをらむ #mQop/nM. | URL | 編集
ごめ~~ん

きょうは 頭が回りません
 
 今日はプッチンだけで カンニンね 
 

2007/09/25 (Tue) 01:00 | kei(け~ちゃん) #CvGXsNjo | URL | 編集
ぎをらむさんへ

ご指摘 ありがとうございます
ちゃんと調べないで 書いてしまいました
西宮祭りにだんじりが 出るのは存じていましたが 越木岩のだんじりと思っていました
船渡御 陸渡御は 見物させてもらっていますが だんじり巡行には行ったことがなかったものですから・・

早速 訂正させていただきます

ところで このだんじりは 若戎会のだんじりなのですね
西宮神社には 各町内会の持つだんじりというのは ないようですが 昔からなかったのでしょうか?

2007/09/25 (Tue) 09:19 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

バスって乗ったことないんです
どこか遠くに連れて行かれそうで・・・

というのは冗談ですけど、たまには人の運転で移動するのもいいですね
知らない町を歩いてみたい
なんて歌のようです

2007/09/25 (Tue) 18:08 | 配達人 #- | URL | 編集

いつもしっかりと足で歩いて記事や写真をのせているので、どんなガイドブックより参考になります。
わたしは手抜きで、恥ずかしい限りです。
この間は、三十三間堂の落書き事件を報道するネットニュースに関連として、「デジカメ散歩日記 三十三間堂」として紹介されていました。ほんと!すごいですね。

2007/09/26 (Wed) 06:33 | あすとろ #- | URL | 編集

配達人さんへ

どこかでぶらっと降りて というのも面白いです
ここは同じ市内ですが いつもみき方面に行ったりするときに通過するだけのところだったのです
神社も前は何度も通っているのですよ
それで一度行ってみたいとおもっていってきました

あすとろさん

三十三間堂 のあの日は すごいアクセスで 同士tのかしらとおもって ちょっと調べたのですよ
そうしたら みんなyahooからでした

東大門は国宝でもなんでもないので 写真載せているところが少ないのでしょうね

私は真っ赤で きれいだったから 内側からですが写していました

2007/09/27 (Thu) 13:39 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。