スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春18切符の旅 倉敷編 2

前回に引き続き 倉敷ご案内です
倉敷編2です 今回は 美観地区と呼ばれているあの白壁の町のご案内です

この春 JR西日本は 岡山をキャンペーンしています
岡山の中でも一番人気は倉敷でしょう

江戸時代 倉敷は 徳川幕府直轄地「天領」でした
倉敷河畔は 米や綿花の集散地として栄えて 商人達は 白壁の土蔵や 屋敷を構えました
其れが今に残っているのです
伝統的建造物保存地区です  ここには プレハブハウスは建てられないのですね

美観地区へは 倉敷駅南口より約800m 歩いて10分ぐらいです

まず 有名なのが 太原美術館ですね
太原美術館は 倉敷を中心に活躍した実業家 太原孫三郎が 昭和5年設立した 日本初の西洋美術中心の私立美術館です
(1)
太原美術館


ギリシャ神殿風の本館は 設立当時のものです
ロダンの彫刻「カレーの市民」「洗礼者ヨハネ」の像が迎えてくれます
隣接して工芸館 東洋館などがあります 写真をコラージュして見ました

真ん中の物は 本館入り口のドアの上にある照明?かしら
白壁だけでなく 赤壁もあったのにはびっくりしました

(2)
太原美術館コラージュ


次は 倉敷考古館です 江戸時代の2階建ての米蔵を利用しています
昭和25年開館です

(3)
倉敷考古館


町並みです 倉敷川には 手漕ぎの観光船が 運航していました
倉敷川舟流しは 1人300円です

(4)
倉敷川


橋は 中橋です

(5)
倉敷川舟流し


向こうに見えている洋館は 倉敷館 観光案内所です

(6)
倉敷館


白壁の家ばかりの中 このお屋敷は目立ちますね

(7)
茶色い屋根の家


道に広げられた露店は このキレイな美観を 損なっていると思いませんか
売っているのは 70年代のヒッピーを思い出させる アクセサリーでした
針金細工の店もありました 売っていたのは その時代を生きたような人でした

(8)
露店商


中橋と倉敷館です 

(9)
中橋と倉敷館


サクラが咲き始めていました この写真気に入っています

(11)
倉敷川と舟流し


倉敷民芸館中庭です ここも 江戸時代後期に立てられた米蔵を活用しています
(12)
倉敷民芸館中庭


内部の写真もあるのですが 其れは次回に回します
お店の写真とかも次回と言うことで 今回はこのあたりまで・・

もう少し後だったら サクラも咲き 柳も芽吹いて よかったのですが 柳並木はまるで枯れ木ですね

倉敷編1は こちら

ブログランキングに参加しています

  一日一回 クリックして応援して下さると とっても嬉しいです 

いつも応援 ありがとうございます

今日も 応援 よろしくお願いします m(__)m



過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital X
撮影日時 2007/03/28
レンズ TAMRON AF 18.0 - 200.0 mm

関連記事
スポンサーサイト

コメント

倉敷の街

倉敷には知り合いが居るので以前此処は一度だけ行ったことがあります。
でも所用の間午前中だけでしたからあまりユックリ見ていません。
でも美術館だけはチャント入ったことだけは良く覚えています。
デジカメの格好の被写体が沢山あるところですね。
未だコンデジしかもって居ない時だったなぁ~。(#^.^#)

2007/04/09 (Mon) 14:17 | KIKO #KFxTBhaY | URL | 編集
懐かしいです~

青春18切符で行かれたんですね~
倉敷は、昔、一度だけ行った事があるので、すごく懐かしく拝見させてもらいました。
昔と全然、変わってない風景、ホッとしました。
駅前、ほんとに明石みたいですね(笑)
帰りに赤穂へ寄ったのでしょうか。
途中下車が、自由に出来て、この切符は、便利ですね。
3~5分咲きの桜と川の写真、素敵でした~♪

2007/04/10 (Tue) 00:10 | shiho #MrRWnLfM | URL | 編集
お返事です ♪

KIKOさんへ

私が以前に行ったのは もう大昔
filmの時代でした
写真写したはずですが (スナップ) 見つかりません
ミニスカートをはいて 帽子をかぶっている写真でした
美術館のとなりの喫茶店に入ったのを覚えています
間だありまして 次から次へと人が入っていました

shihoさんへ

赤穂へは違う日に行っています
倉敷4時半に出ても帰り着くのは8字頃でした
何しろ普通電車ですからね
姫路からは新快速ですが

昔に行ったときは ひかりで行きました
ひかりは 西へ って CMをTVでしていました
ずい分と変っていますよ こんなお店やさん 多く無かったですよ


2007/04/10 (Tue) 00:53 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
おはようございます

倉敷にこの数年は、出掛けていません。
大原美術館には大好きな作品エル・グレコの「受胎告知」があるのでチャンスがあれば出掛けたい場所です。
この作品を初めて見たのは10歳になった頃です。
この絵が日本にあることは奇跡ですね。
児島虎次郎と大原孫三郎が後生に残した素晴らしいプレゼントを時間がある限り美術館で楽しみます。
この時は、カメラはそっちのけで美術館のソファーに座っています。
第二次世界大戦で零戦の工場があった倉敷が爆撃を免れたのは、
この大原コレクションがあったからとも言われています。
エル・グレコの背中にはピカソの作品。
ゴーギャン、モネ、ルノアール・・行きたいな。

2007/04/10 (Tue) 06:10 | ka-ma-kun #RaJW5m0Q | URL | 編集
良いですね!

青春切符で旅情たっぷりですね!
私も3回ほど行ったことありますが、美術館の中に入ったことないです!
上から二つ目、下から二つ目の小船の写真特に気に入りました!

2007/04/10 (Tue) 19:03 | Mukai #xtc7akX2 | URL | 編集
お返事です

ka-ma-kunさん

今回は美術館はパスでした
妹は入ったのですが 私は外でこの写真を写していました

なにしろ 滞在時間が短いのですよ
4時半には駅に行っていないといけないから・・

私が大原美術間の収蔵作品の中で 印象に残っているのは キリコだったかな カンバスを切り裂いたように見える絵があったでしょう
あれには驚きました
ああいう アバンギャルドな絵画がもてはやされて時代もあったのですよね

mukaiさん

ありがとうございます
船は人数がそろうまでなかなか動いてはくれず じっと待っていました

もう一週間遅かったら 柳も芽を吹き さくらも咲いたでしょうが 観光客ももっと多かったでしょう

2007/04/10 (Tue) 19:27 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
こんばんは

倉敷も良いのもですね。
和風と洋風が入り混じった感じが良いですね。
倉敷は そんなに遠くないから
車でも行けますね。
機会があれば行こうかな・・・

2007/04/10 (Tue) 19:54 | ととろ #Bw/UZ7R6 | URL | 編集

GWに倉敷もいいですね。
カメラを持って・・。
倉敷もいいと思いました。

2007/04/11 (Wed) 01:47 | あすとろ #HfMzn2gY | URL | 編集

蔵の町、タイムスリップしたみたいでいいですね
自分は常に過去にいるようなもんですが^^;
露天はたしかに違和感ありますね
まあ、たこ焼きよりはいいかも


2007/04/11 (Wed) 11:14 | 配達人 #- | URL | 編集
倉敷は・・・

ええなぁ~!川を小船で移動なんて・・・行って見たいと思いました。うん!

岡山へは何度も行っているのに、倉敷には行ったことが無い・・・
今度機会があればぜひ行きたいものです。(*^_^*)

2007/04/11 (Wed) 20:14 | 栄ちゃん #2jqmHG1U | URL | 編集
お返事です

ととろさん

倉敷は 車でも2時間ぐらいではないかしら
西大寺にバスで行きましたが 8時20分過ぎに宝塚を出て 西大寺に11時ごろ着いていますよ

ととろ好みの町ですね

あすとろさん

のぞみで行けば 何時間ぐらいかなぁ
岡山にのぞみは止まるのかしら

配達人さんへ

たこ焼との二者択一 むつかしいなぁ
関西に住んでいるといたるところにたこ焼屋があります

でも倉敷にはいらないなぁ

栄ちゃん

ととろも行きたいって行っているから ととろと野次喜多でいけばいいかもね(笑い)



2007/04/12 (Thu) 19:14 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

おはようございます。

倉敷の写真、名前の通り
白と黒の蔵が、情緒たっぷりで。

その下を、船遊びが素晴らしいですね。

2007/04/22 (Sun) 09:44 | マシマロ #n5FQLW2g | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。