FC2ブログ

デジカメ散歩が繋いだ輪 2

「紙のピアノ」見に行ってきました

着いて直ぐにNさんにお会いして メールの主 Aさんにもお会いしました
Aさんの 中学生の息子さんが 重要な役を演じられるのです
そして 空襲のことを中心になって 調べられたのは Aさんの高校生の娘さん
家族一団となって 紙のピアノに取りくんでこられたのです

Nさんも 空襲関連の資料を提供されたり 尽力されたのです


行列そして迎えた 初日
外には 入場を待つ行列ができています




展示1ロビーに展示された 子供たちのレポート
暑い中を自転車で 空襲のあった処をめぐり 慰霊碑を掃除し 関係者に話を聞いて 作り上げた 展示物です
よくやったねと 褒めてやりたいです




展示2昨年トークリレーで使ったなパネルも見られました

受験を控えた3年生も がんばったのです
子供たちの親も知らない戦争について おじいちゃん おばあちゃんの世代の人から聞き取り調査もしたのですよ
たいへんだったね
よくやったね






いよいよミュージカルの始まりです
子供たちが元気よく 通路を走って 入ってきました

オープニング



戦後まなしの 梅田に闇市があったころ 新制中学が出来るんで教員集めをする所から始まります


画像4



校長先生が 大村昆さん
やっぱり観客の気持ちをぐっとお芝居に向けるのがお上手です


オーデションで選ばれた子供たちもイキイキと元気に一生懸命です
音楽監督の前田憲男さんは 確か シャボン玉ホリデーをされていた方と思うのですが とても楽しくて 胸にジンと来るミュージカルを作られました

校舎も教科書も 何もかも無いというところから新制中学は 始まったのです

新制中学と言うのは それ以前の中学校が 5年制で さらに上級の学校に進む子供たちのためのいわばエリート校だったのを みんなが行く 男女共学の3年制中学校に制度がわかったのです

校舎が無いから 焼け残った既存の学校に居候したのです

町には 焼け跡がそのままあり そこいらヘンには不発弾が転がっている
食べるものは無い 着るものも無い そんな時代の中学校

この原作は 殆ど現実にあったことを下に書かれているのです
こんな中でも みんな一生懸命 できることをしたのですね

タイトルの「紙のピアノ」と言うのは 主人公の中学1年生の少年(モデルは 前田憲男さん)が 音楽の先生から 厚紙にピアノの鍵盤を書いた 紙のピアノを貰って それで 練習したことから来ています
紙のピアノからは 音は出ませんが 音楽は生まれたのです

ドビッシーも ショパンも 紙のピアノで ひいたのです

3年になったとき 不良グループとの大喧嘩が あり 駆けつけた先生から 「暴力はいけない 最大の暴力は戦争 あの豊中大空襲の悲劇を忘れたの?」といわれます
生徒たちのもてあますエネルギーを発散させるため 音楽劇を提案し生徒たちは 取り掛かります

少年の指揮で音楽劇「アリババと40人の盗賊」は 上演されます


劇中劇 「アリババと40人の盗賊」



いま 飽食の時代といわれ 食べるものだけでなく 物があふれています
それなのに 心は 飢えている
そんな子供たち 大人たちが目に付きます

最近もいじめからの自殺者が 二人もありました

私たちは どこかで間違ったのでしょうか

もう一度 この時代からやりなおさないといけないのでしょうか

戦後民主主義教育がまちがっていたと いう人もいます

でも それを認めたら 私など 存在を否定されるような気持ちになります

楽しいけれど いろいろなことも考えさせられる そんな ミュージカル観劇 感激でした


ブログランキングに参加しています

  いいなと思った方 クリック お願いね 


上のバナーをプチッと一押しで 10ポイントがつきます  一日一回有効です

いつも応援クリック ありがとうございます

今日も 応援 よろしくお願いします m(__)m



過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ



関連記事
スポンサーサイト



コメント

おはようございます

お疲れ様でした。
学校ってあたりまえにあるものと思い、何の疑問も持たずに勉強してきた?世代でありますが、今だに空の下で勉強している国などもあったりして、ほんとこの国、外側は幸せなんだな・・・と思います。
学校の勉強よりも大切なことを学んでくれたようですね

2006/10/23 (Mon) 06:47 | 配達人 #- | URL | 編集

私も紙のピアノで練習しました。保母になりたかったのですが、受験に音楽があって、ピアノを抽かなければなりませんでした。髪のピアノしかない時代でしたね。
でも、音楽の教科書の付録に紙のピアノが付いていたのです。
自宅にピアノのある家は、知りませんでしたね。

2006/10/23 (Mon) 09:36 | ひみ子 #- | URL | 編集
配達人さんへ

このミュージカルのッ原作を書かれた 山路さんのblog「紙のピアノ メーキング日誌」によると やはり 最初は 子供たち 大変だったようです
「やる気があるンか?」って 怒鳴られたりしたそうです
でも 最後には もう見事にまとまって それは昆ちゃんも 褒めておられましたよ
子供たちにはいい経験になったようで 楽しそうに生き生きと輝いていました

2006/10/23 (Mon) 09:57 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
ひみ子さんへ

たぶん ひみこさん奈良 紙のピアノ 共感してくださると思って お知らせしました


小学校のとき 音楽の教科書の最後に折りたたみ式の紙のピアノが ついていたbのは覚えています

私は近所に2軒 ピアノのあるお家があって 向かいは ピアノの先生だったので 毎日 エリーゼのためにとか バイエルを聞いて育ちました
でも 習わしてはもらえませんでした
家には勿論ピアノはありませんでした
せめてオルガンを買ってといいましたがかってもらえませんでした

最近中高年でピアノ習っている人多いですね
みんな 紙のピアノ世代ですね

2006/10/23 (Mon) 10:03 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
出会い

tossy歩けば出会いに当たる?
良いお話ですね。

2006/10/23 (Mon) 20:19 | KIKO #FQ19IChI | URL | 編集
KIKOさんへ

歩かないで 座っているだけで 出会いにぶつかりました

なんだか 偶然に当事者の所に私は メールを送ったのですよ

Nさんは 昨年の「大阪だい空襲 ほむら野に立つ」を企画された方で存じていたのですが このモデルとなった中学の2期生でした
この時代 舞台で行われたことを経験されていたのですよ
アリババのうたを 何十年も立っているのに 口ずさんだとおっしゃっていました

2006/10/25 (Wed) 11:56 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
おはようございます。

最初に結婚と同時に購入した場所は千里。
車で5分の場所に引っ越しましたが、昆のご自宅の前から後ろになりました。
豊中の写真展を見てきましたよ。

2006/10/26 (Thu) 06:17 | ka-ma-kun #RaJW5m0Q | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する