FC2ブログ

近江八幡の旅5 八幡山 村雲御所

近江八幡の町の背後に かって豊臣秀次の居城が築かれた八幡山(271m)があります

関白秀次の死後 取り壊されて石垣が残るだけです
本丸跡には 秀次の菩提を弔うため 生母が開いた瑞龍寺が 京都から移築されています

日牟禮神社の参道をまっすぐ行くと ロープウエィ乗り場に着きます

たった4分間の空の旅に 参りましょう 料金は 往復 700円です

ロープウエイから1ロープウエイから 八幡の町並みが見えます 甍(いらか)の波がキレイです
ロープウエイから2


山頂マップ山頂マップです
八幡山ロープウエイHPよりお借りしています
クリックで大きくなります
左にコースを取って 山を一巡して行きます

すこし歩くとお願い地蔵堂がありました
参道に沿って並んでいる古びたお地蔵さんが愛らしいでした

お願い地蔵参道



西の丸跡に着きました 何もないのです でも 眺望が もう素晴らしいのです
城主になった気分で眺めてください 
クリックで大きくなります もう一度クリックで 原寸になります おっきいよう

パノラマ1




石垣山道を歩いていくと 石垣が現れてきました
若くして死ななければならなかった 関白豊臣秀次の城です
北の丸からの眺望です
右手に見える手前の低い山は 安土城のあったところです
間には 西の湖が見えています
クリックすると大きくなります北の丸跡からの眺望



中央に大きく広がっているのが 西の湖 
右下に水路のようなのが見えますね 近江八幡水郷です
びわ湖から水を引いています
ここは手漕ぎ船による水郷めぐりをしましたので この次にアップしますね



なおも山道を歩いていくと石段が現れてきました 本丸跡に続く道です
本丸はありませんが 今は そこに 村雲御所瑞龍寺と呼ばれる門跡寺院があります
秀次の生母(秀吉の姉)が 高野山で自刃した秀次を弔うために開いた寺院です
関白の母君によって立てられた寺ですから 当然 尼寺です
後陽成天皇から 村曇という地(京都)に 寺を建てることを許され 寺号瑞龍寺を貰って作られた寺です
京都にありましたが 昭和38年 城跡のある ここ八幡山に移築されました

山門脇の石垣 きれいに残っています

村雲御所瑞龍寺


村雲御所瑞龍寺山門   山門2


本堂です この寺院は 日蓮宗でした
門跡寺院で 日蓮宗というのは珍しいですね

村雲御所瑞龍寺本堂


門跡寺院というのは 皇族や摂家が 出家して住んでいる寺院のことをいい 格が上の寺院なのですね
いまは 皇族や宮家の姫が 仏門に入るなんてことはありませんが・・


瓦にも 菊の御紋章がついています


菊の紋章の瓦



安土桃山時代の城ですので 秀吉が天下を取ったとはいえ まだ 安定していない頃の城です
総石垣の要塞のような山城でした 石垣が見事です

入城するのは 歩いて登ったのでしょうね
殿は 馬ででしょうか とにかく 戦国期の城は 住み心地は悪いでしょうね
普段の居宅は 日牟禮神社の近くにあったようです

いまは簡単に登れますので 行かれるといいですよ
山之内一豊は ここ近江八幡城の宿老(家老?)だったそうですよ
一豊の見た景色を見ることが出来ますよ

春は桜 秋はモミジで美しいと思います


カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital N
撮影日時 2006/08/20


ブログランキングに参加しています

  面白いなと思った方 クリック お願いね 


上のバナーをプチッと一押しで 10ポイントがつきます  一日一回有効です

いつも応援クリック ありがとうございます

今日も 応援 よろしくお願いします m(__)m



過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

 今日もいろいろと勉強になりました。こういう史実があるとは知りませんでした。ゆっくりと読ませていただきました。
 そして、北海道の情報も忙しいところお知らせいただき感謝です。北海道にもいろんな痕跡があるようですが、ここは初めて知りました。うれしいです。BMしました。(^o^)┘

2006/09/11 (Mon) 04:49 | あすとろ #- | URL | 編集
おはようございます

拝見しました。
楽しませて頂きました。
先日は、私は撮影することがなくUターンです。
昨日は、ドームそして難波までふらりです。
プッチとしていきます。

2006/09/11 (Mon) 06:07 | ka-ma-kun #RaJW5m0Q | URL | 編集
琵琶湖周辺

私など東京からクルマで、日牟禮八幡宮から八幡山ロープウエイに乗り、村雲御所瑞龍寺まで行ったのに、何も調べて行きませんでした。
TOSSY さんのページで歴史がよくわかりました。

2006/09/11 (Mon) 15:43 | bunchan #- | URL | 編集
こんばんわ

古い家並みが素敵でまたまた架空旅行を楽しみました。

ありがとうございます。

尾道といいもう少し近ければ、、、

2006/09/11 (Mon) 21:55 | 理恵 #sBpMtSDg | URL | 編集
お返事です

あすとろさん

いつもありがとうございます
いつか義経神社 尋ねてみてくださいね
石段の奥にある小さな神社でした

ka-ma-kunさん

お忙しそうですね
最近 私は近場の散歩は 全然出来ていません
涼しくなったらまたどこかに行きましょうね

bunchanさん

私も行く前に調べておけばよかったのだけれど 全然よ
これは 帰ってきてからのお勉強です

秀次の城跡があるってことぐらいでしたね 知っているのは・・

理恵さん

ご一緒にパーチャルツァーをしましょうね
この後 醒ケ井に行きますよ
中山道醒ケ井の宿です

2006/09/11 (Mon) 22:16 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
楽しかった

一緒に歴史を学びながら楽しみました。
パノラマの景色実物を見て見たいです。
TOSSYさんは写真も文もお上手なのでいつも惹きこまれます(^・^)

2006/09/11 (Mon) 22:36 | らぶなな #9QLPcBxg | URL | 編集

まさに下界を見下ろす殿様気分
気分最高でしょうね~
でも配達人は高いところ駄目なのでちょっと勘弁・・・
昔は登るの大変だったろうな~

2006/09/12 (Tue) 08:02 | 配達人 #- | URL | 編集
お返事です

らぶななさん

楽しんでいただけて嬉しいです
らぶんななさんの所からも近いですからまたいらしてね

配達人さん

あれ 配達人さんは 高い所だめですか
まぁ 私も つり橋は渡れませんが・・

2006/09/12 (Tue) 08:40 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
興味深く拝見しました

 近江八幡は仕事で良く行きましたが、街を見物する時間がなかったので今度は遊びで行ってみたくなりました。
 隣の安土城址もいいですよ、私が行った時はまだ整備中でしたが関ヶ原が一望でき戦略、戦術上の重要拠点だった事が良く解りました。

2006/09/12 (Tue) 11:31 | azusa #/ggmU9FQ | URL | 編集
歴史探訪

功名が辻を見てますので
興味深く拝見しました

秀吉はなんでしょうね
氏より育ちでしょうね
秀次さんは邪魔者になるのでしょう

でも立派ですね母が建てたのでしたね 母は強しか・・・

2006/09/12 (Tue) 15:11 | tonko #RgyCeBHA | URL | 編集
近江八幡

近江八幡、行ったことはあるんですが、八幡城へは登った事ないんです。
見晴らしいいですね、大画面の迫力です。
尾道でも、空中からのショット、すばらしいですね。

レンズもいいのを買われたんですね、撮影がますます楽しくなりますね。
室内も夜景もOK!ですね。

2006/09/12 (Tue) 19:26 | TOSHI #EjKEifoI | URL | 編集
こんばんは

近江八幡の旅拝見しました。
一度は行きたいと思っている場所なので
とても参考になりましたよ
写真から楽しそうな雰囲気が感じられますよ

2006/09/12 (Tue) 19:39 | みぽはは #YmjtW3u. | URL | 編集
此処は行けなかった。

tossyさん
此処は時間が足らなくていけませんでした。
ここでお勉強が出来ました。
相棒が迷子で行けなかった水郷と其の向こう野町へ又行かないかですって、
でも今度は従妹とみなとみらいが見たいなぁ~
姪っ子が横浜に居ます。
アルバム更新しておきました。
有り難う。

2006/09/12 (Tue) 20:01 | KIKO #FQ19IChI | URL | 編集
お返事です

azusaさん

是夫いらしてください いいですよ
安土は 高校のときに遠足で行ったことがあります
何にもなくてのんびりした村でした
道に古い石仏が 一里塚のようにありました
道租神だったのかしら
番号を読みながら歩いたのを覚えています

tonkoさん

よく母が言っていた言葉を思い出します

「血は汚いと言うから・・・」

身内のためとなると すごく汚いことでも平気でするのが人間だというわけです
自分の子が可愛いのでしょう

でも 秀頼は 本当に秀吉の子供だったのかしら?

toshiさん

京都からだと八幡は近いですよね
また 是非行ってくださいね
見晴らし最高
と言うことは軍事拠点としていい位置だったってことですね

レンズ 楽しみです

みぽははさん

金沢からも一直線ですね
古い町並みも素敵だし ふぜいがあります

とっても楽しいでした
3姉妹 そろって参加したのですよ
私は 姉とも妹とも旅行は何べんもしていますが 3人そろったのは初めてでした

KIKOさん

ヨコハマいいですね
私の妹も横浜の近くなのですよ
みなと未来 行ってみたいですね

2006/09/13 (Wed) 02:06 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

訪問する度に
いろんなことを教えられています。
ありがとうございます。
(^o^)┘

2006/09/13 (Wed) 04:04 | あすとろ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

1585年(天正13年)太閤 豊臣秀吉の甥 豊臣秀次が近江43万石の領主として任命される。時に秀次18歳である。秀次はさっそく新しい城の築城に取り掛かる。新城を建てるのに目を付けたのは、琵琶湖に臨む標高286mの八幡山。八幡山は東西に内湖をもち、南側には

2008/10/15 (Wed) 22:02 | 武士の如く