FC2ブログ

近江八幡の旅3 ヴォーリズの建物

今回の旅の目的のひとつは ヴォーリズの建物を訪ねることでした
ヴォーリズといっても たぶんご存じない方が殆どでしょうね

ウイリアム・メリル・ヴォーリズ 
アメリカ人で 明治38年(日露戦争の翌年)近江八幡商業学校に英語教師としてやってきました
キリスト教伝道に熱心だったために教師を解任された後も 八幡に留まり 建築の仕事をはじめ また メンソレータム販売の会社を起こした人です

メンソレは大いにあたって 一家に必ずひとつはおいてある常備薬としてよく売れました

生涯 近江八幡に住み 戦争前に帰化して日本人「一柳米来留」をなのりました

全国に沢山の建築物を残しています あなたのお近くにもあるかもしれませんよ

全作品リストは こちら ヴォーリズ委員会のHPの中にありました

2年ほど前でしたか 豊郷小学校校舎の取り壊しか存続かでもめましたね
あれはヴォーリズの建物だったから保存運動が起こったのです
リンクつけています 素晴らしい建物です

有名なのは 西宮市にある 関西学院 神戸女学院 聖和大学 関東では 共立 フェリス 東洋英和  古いミッションスクールは殆ど彼の手で立てられたといっても過言ではないようです
それと 大阪大丸 心斎橋店が ヴォーリズ作品です
ここは 本当に素晴らしいです

近江八幡には 住宅 病院 学校などがあります

メンソレータムの販売権の期限が切れ いまは近江兄弟社は メンソレは作っていませんね
メンタームという名前で同種の薬を販売しています

お勉強は これぐらいで 見て歩きましょう


ヴォーリズの自宅


この木造2階立ての質素な建物は ヴォーリズ夫妻の晩年の自宅です
豪商たちの堂々たる家屋敷を見た後では 質素という印象は ぬぐえませんね
現在は 一柳記念館になっています 内部見学は要予約です

側面です

ヴォーリズ自宅側面


内部は 洋式で 後に夫人のために和室もこしらえています
夫人は 神戸女学院の卒業生でアメリカにも留学経験を持つ 子爵一柳家の令嬢でした
もと大名のお姫様 です


応接間
屋内に入ってすぐの応接間 ここで ヴォーリズに関するヴィデオを見ました

肖像画とピアノ
このピアノも当時のものです 
ピアノの上の写真は メリル夫妻

神の国
メリルは毎年正月に書初めをしたそうです
神の国 これは近江のことです
メリルの夢は 近江を神の国にすることだったのです
けれどもメリルは宣教師ではないのです
あくまでも民間人だったのです

書初め近江兄弟社
こちらは社名 近江兄弟社
この兄弟というのもキリスト教で使われるときの意味合いが強いのでしょうか 


お二階も見せていただいたのですが 残念ながら撮影は出来ませんでした
こちら内部見学は予約制になっています

八幡では あと旧八幡郵便局に行ってきました
1921年 特定郵便局としてヴォーリズの設計で建てられた木造2階建て モルタル仕上げです


旧八幡郵便局


9月3日(日) NHKの「関西思いでシアター」という番組で きんき紀行「城下町の洋館物語~滋賀・近江八幡市~」というのをしていました
これは 昭和61年に放映された番組で この郵便局はじめ ヴォーリズの洋館を尋ねていましたが その当時 この建物は 荒物屋さんでした 
正面郵便局入り口部分は 失われていて いま見ているのは近年の修復です
現在も修復作業中で 撮影した翌日は 足場が組まれて テントが張ってありました
こうして撮影できたのはラッキーでした

旧八幡郵便局 1階
その後 建物は 空き家になり荒れ果てていましたが 修復され いま 一階は雑貨やに貸し出されていました
一寸骨董的なものもあるおしゃれな空間でした

旧八幡郵便局 内部
一階にある小部屋です
もっとは 何に使われていたのでしょうか
建物の修復は ヴォーリズ建築保存再生運動「一粒の会」が中心となって 市民の手で進められています


他にも 近江八幡には 旧YMCA会館やヴォーリズ記念病院 八幡商業などがありますが 時間の都合で 今回は見ることが出来ませんでした

ヴォーリズの建物は こじんまりとしていて 威圧感が全くなく とっても親しみやすい人に優しい建築のように思います 
とても懐かしい感じがするのです

今回調べていて わかったことがありました
私が中学生の頃から 20年ほど住んでいた大阪の町にもヴォーリズ設計の教会があったのです
それも毎日通学通勤にのっていたバスの窓から見える教会でした
見るともなく 毎日眺めていたのですね
その教会では 友達が結婚式を挙げたので 中にはいったこともありました
今度 撮影させてもらおうかなと思っています

また この旅行に同行した妹が通っていたミッションスクールの校舎もヴォーリズでした
本当に初期の頃の建物で 妹が通学していた当時 中学部の校舎として使われていたそうです
高校になればきれいな校舎に写れると生徒に言われるほど老旧化していたそうです 
残念ながら ヴォーリズ初期の作品は 現存していません
戦後に立てられた建物もヴォーリズ事務所の作で 近年の改修も ヴォーリズ事務所が行っています

ヴィーリズがなくなった後も設計事務所は その理念を引き継いで 存続しているのです
まさに 「一粒の麦」の精神を見る思いです


ヴォーリズ像
街角にあった ヴォーリズの銅像です

可愛い女の子が 花を差し出しています


女の子



この郵便局も80年ほど前の建物です
保存は大変だと思いますが いまある建物が出来るだけ長く使われることを祈っています

びわ湖周辺のほかの町で写したものともあわせてアルバムにしようと思っています


カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital N
レンズ 18.0 - 200.0 mm
撮影日時 2006/08/19 13:54:29


ブログランキングに参加しています

  面白いなと思った方 クリック お願いね 


上のバナーをプチッと一押しで 10ポイントがつきます  一日一回有効です

いつも応援クリック ありがとうございます

今日も 応援 よろしくお願いします m(__)m



過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

懐かしく思い出しました

関西学院の旧図書館もそうだったのですか。
大昔、4年間通っていたので、非常に懐かしい風景に出会えて、うれしく思っています。
11月には、帰阪して、一度、見に行きたいと思いました。

2006/09/07 (Thu) 21:09 | 昭 JIJI #- | URL | 編集
昭 JIJIさんへ

昭 JIJI さんは 関学でしたね
関学の建物はほぼすべて ヴォーリズだと思います
となりの女学院も聖和も そうです

11月 こられるのですね
学びや 再訪 いいですね

2006/09/08 (Fri) 00:01 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

ヴォーリズの建築物素敵ですね
いつか、絶対わたしも行きます。
(^o^)┘

2006/09/08 (Fri) 05:42 | あすとろ #- | URL | 編集
あすとろさんへ

是非行かれるといいですよ
和風洋風 両方の古い建築画を見ることが出来ますよ

2006/09/08 (Fri) 07:56 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
外から見ました。

不勉強な私にはとても勉強に成りました。
何も考えずにただ一日中歩き回りましたが、
此処のショットだけはtossyさんのお話を思い出してGet!
この辺を歩いた頃は肌がジリジリするほど焼けちゃったなぁ~

ブログの応援有り難うございます。
真だ遅々と進みません。m(__)m

2006/09/08 (Fri) 10:19 | KIKO #FQ19IChI | URL | 編集

貴重な情報に感謝です。義経は
衣川で死なないで、北海道に渡ったという伝説があります。北海道のどこか、分かる範囲で結構ですので教えてください。(^-^)

2006/09/09 (Sat) 06:14 | あすとろ #- | URL | 編集
あすとろさん

義経神社は 北海道沙流郡平取町本町です
千歳から 富良野へ行く途中にありました

ここに いろいろ載っていますよ

http://hokkaido.yomiuri.co.jp/tanken/tanken_t030125.htm

2006/09/10 (Sun) 01:08 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
感動しています

八幡でお会いした笛吹きの相方です。 毎日少しづつ、美しい写真と
中身の濃い記事を楽しんでいます。
知らないことを教えてくださって有難うございます。 嬉しいです。

2006/09/10 (Sun) 21:00 | リリー #- | URL | 編集
リリー様へ

その節は本当に楽しい贅沢な時間を過ごさせていただきました
ありがとうございました

湖面に渡る篠笛の音色に合わせて みんなで琵琶湖周航の歌を歌ったこと とってもいい思い出になりました

時間経過の順にアップしていってますので まだ絵bb総会 水郷めぐりともにアップできていなくて ごめんなさいね

水郷めぐりはどのような趣向でアップしようかと思案中です
動画も写してあるのですよ
もうすこし お待ちくださいね

これからもよろしくい願いいたします

2006/09/10 (Sun) 22:39 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する