FC2ブログ

近江八幡の旅1 

私は毎年 夏合宿と称する一泊旅行をする
昨年は 摩耶 その前は 牛窓

何時も大体30名前後のグループの旅行です
近くで水彩画教室を主宰している市山先生が 毎年計画されるのです
スケッチをする人 散策をする人 好きなことをして過ごします

近江八幡といえば 古い町並み これはもうデジカメ散歩にピッタシです

さぁ 歩きましょう

朝 早い新快速で 近江八幡まで行き 現地集合
集合場所は 日牟礼ヴィレッジ 日牟礼八幡宮境内にあるたねや前です

JR駅前から バスで大杉町下車 
すぐ近くに 大きな鳥居が見えます 日牟礼八幡宮の大鳥居です

大鳥居


鳥居をくぐって進むと橋です この橋の下は 近江八幡を象徴する八幡堀です

八幡堀1


ここで 歴史のお勉強をちょっとしましょうか

近江八幡は 城のあったところです でも 歴史のほんの一時期なのです
時は 秀吉の時代 そう 「功名が辻」の時代です
城主は 秀吉の甥 関白になった後に 淀殿に秀頼が生まれたことによって 秀吉から疎んじられて非業の死を遂げる 豊臣秀次です  成宮です 成宮寛貴が 演じています
話それるけれど あのこ いいわねぇ すっかりおばさん ファンしています

八幡堀は 秀次の都市計画で 出来たのです
八幡山山上に 築城し それを囲むように堀をめぐらし 交通にも使ったのです
当時びわ湖を航行することは 重要な交通手段でした
それを八幡まで 引き入れたことで 商業を発展させたのです

秀次の死のあと 豊臣は滅び 城は廃城になりました
が 八幡堀を利用して栄え 近江商人発祥の地といわれ 天下にその名をしられるようになりました

お勉強は このあたりで お終い

八幡堀界隈の写真です
夕暮のそぞろ歩き 古い町屋 中に入ると 喫茶店だったり 居酒屋だったり
ゆったりとした時が流れています


橋の上から1


観光客をのせた船がゆきかっています

橋の上から2


この船は モーターで走る船ですが 茶髪の娘船頭さんですね

遊覧船




八幡堀2



八幡堀3



八幡堀4


スケッチをしているのは わがグループの人たちです
周りに黒い影が出来ています
フードによるケラレです フードがきっちりとついていなくて緩んで回ってました
こんな失敗 しょちゅうしています 皆さんもご注意を・・

八幡堀5


写真は 2日間で写しています 青空と曇り空があるのはそのためです
白壁に蔵は やはり青空に映えてきれいです


今日は ここまで 次回は 古い町並みのなかを歩きましょう
すごい豪邸が いっぱいありましたよ

カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital N
レンズ TAMROB AF ]18.0 - 200.0 mm
撮影日時 2006/08/19  2006/08/20


ブログランキングに参加しています

  面白いなと思った方 クリック お願いね 


上のバナーをプチッと一押しで 10ポイントがつきます  一日一回有効です

いつも応援クリック ありがとうございます

今日も 応援 よろしくお願いします m(__)m



過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ



関連記事
スポンサーサイト



コメント

近江八幡

近江八幡といえば滋賀県にある古い家並みときれいな水で有名ですね。
テレビとか雑誌でたまに見ますが,
一度も訪ねたことはありません。
私は仕事と子育てで遠出はできません。
こちらで架空旅行楽しみました。
ありがとうございます。

2006/08/29 (Tue) 20:20 | 理恵 #sBpMtSDg | URL | 編集
理恵さんへ

近江八幡 私も初めてなのよ
新快速で行けば 1時間半ほどなのに・・
十分に日帰り可能な お出かけ先なのです

理恵さんは 子育て最中 いまは 子供を取り巻く環境は よくないですから 注意しすぎてもしすぎるということはありませんので 一寸自分のしたいことは 我慢してね
あっという間にそういう時期は終わって 自由に動けるようになりますよ

いまは NETで パーチャルツァーを楽しんでくださいね
私と 同行二人で行きましょう
出来るだけ 一緒に歩いているような感じになるような編集で お届けしますね

2006/08/29 (Tue) 21:21 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

近江八幡
まだ出かけたことありません
いいところですね。風情たっぷりですね。(^o^)┘済

2006/08/30 (Wed) 06:20 | あすとろ #- | URL | 編集

おはようございます
こういった古い町並みを守るのって大変らしいですね
そのおかげでいつまでも素敵な風景が楽しめるんですけど^^;)
でも茶髪の船頭さんは今風ですね

2006/08/30 (Wed) 08:14 | 配達人 #- | URL | 編集
あすとろさんへ

いいところですよ

この景観地区は狭いですから 歩いて回れます
というより タクシーも流しはないのよね
機会がありましたら 新幹線で途中下車して どうぞ!

2006/08/30 (Wed) 08:58 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
配達人さんへ

この堀も 一時は どぶ川状態だったらしいです
生活排水路でもあったのです

一級河川八幡川似指定して 保存運動が 昭和40年代に始まったそうです
埋めて駐車場に使用なんて意見もあったそうです
保存整備運動を進めた人に感謝ですね

2006/08/30 (Wed) 09:05 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

お久しぶりです。
しばらく PCから離れていました。
チェックはしているのだけど
書き込みは出来なかった・・・

近江八幡も古い町並みがあるのですね。
水郷だけだと思ってました。
で 早速 行こうかな?なんて思ってます(苦笑)
難波の大君に連絡しなくては!!(笑)

近江八幡は 駐車場ありましたか?
車で移動だから それが心配なんです(^^;

2006/08/31 (Thu) 04:50 | ととろ #Bw/UZ7R6 | URL | 編集

18-200なんですね。
見やすい写真ばかりですね。
今後ともよろしくお願いします。済

2006/08/31 (Thu) 06:30 | あすとろ #- | URL | 編集
ととろさんへ

駐車場ねぇ
私たちのグループは 日牟禮八幡境内の 日牟礼ビレッジで食事をしたので そこに夕方まで止めていました
古い町ですから ほかに駐車場は 見かけなかったよ
全部 歩きで回りました

なにわのヒメと道行きですか

2006/08/31 (Thu) 10:32 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
あすとろさ

何時もスナップは 18-200です
1本で 殆どカバーしてくれます
旅行用にはもってこいのレンズです

もう少し明るければ言うことないのですが・・

お忙しいのに ありがとうございました

2006/08/31 (Thu) 10:35 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
Hello

うわ~情緒があっていいな~
画像を見ているだけで歴史が
辿れそうなふいんき、、まだまだ
昔のう家屋敷などもありそうですね、、ラブポチッ

2006/09/01 (Fri) 08:22 | マリリン #- | URL | 編集

ここは 秀吉の頃に作られた町です
その後は 城もなく商人の町として栄えましたので 歴史の舞台には もう出てこないのですが しっかりと栄えた町になりました

武家屋敷はないのです
あるのは 豪商の屋敷ですね

2006/09/01 (Fri) 23:20 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

2年前に一度来た道。其の時は家族の病後復帰のリハビリの旅の一停車所だった。だからこの神社を参拝しただけ。今日の友は古い町並みのファン。私は何を見つけようか?それでも人並みに主なスポットは  FOCUS。 

2006/09/07 (Thu) 20:56 | Out of Focus*