田辺聖子講演会に行きました

今日 伊丹文化ホールに 田辺聖子さんのお話を聞きに行った

高校の同窓生から電話がかかってきてのお誘いだった
彼女とは クラスも一緒になったこともなく 顔も定かに覚えていないという間柄
どちらも 同期生のメールリンクに参加しているので 彼女は私のメールをよんだり ホームページをみてくれていたらしいのです
それで 私は 本が好きと書いてあったので との お誘いでした

田辺文学は すきなのです
最近こそあまり読んでいませんが 相当読んでいます
喜んでお誘いを受けました

久しぶりに 阪急電車に乗って 伊丹まで行く
西宮北口から 塚口で伊丹線に乗換える

実は この沿線 懐かしいのです
子供時代にすんでいました
毎日 電車の音を聞いて育ちました

電車の窓から見える家は 建て直され 昔とは全く違った家になっていました

でも 私の住んでいた家の前を通ります





阪急伊丹駅
阪急伊丹駅に着きました 塚口から3駅です
伊丹駅は あの大震災の時 ペッちゃんこになったのです
TVで何度も放映されたので ご記憶の方もおられるでしょう
いまの駅舎は 場所もすこし動いた新しい駅舎です


ポスター
阪急伊丹駅で ポスターが貼ってありました
田辺聖子文学館という展覧会が開かれているのです
それの記念講演に行くのです



いたみホール
いたみホールは 駅のすぐ近くでした
近くにいる警備の人に年配の方が行きかたを尋ねておられました
市外からの参加者が多いようです

という私も市民ではありませんけれど・・



会場
講演会は 2部構成
「田辺文学を語る」
ミニコンサート

そして 対談「夢とユーモアを追って」
この対談に 聖子さんが出られたの
写真は 報道陣以外ご法度



と 言うわけで 講演会の写真はありません

田辺聖子さんの話される大阪言葉が好きなんですが 今日は 大阪アクセントの標準語で話されていました

田辺さんは 伊丹市にお住まいになって 30年 それを記念して市が展覧会を企画して柿衛文庫で 「ひとつきだけの 田辺聖子展」が 開かれているのです

本格的な展覧会は初めてとのことで 単行本 自筆原稿 可愛い物好きのおせいさんの書斎を再現してあるそうです

フワフワとした雰囲気の田辺さんのお話もフワフワとしていて お年は召しておられるけれど とってもかわいらしい人でした

好きな宝塚のこと 先年なくなられたご主人 カモカのおっちゃんのこと
あっという間に45分間はすぎてしまいました

展覧会は時間がなくていけませんでした

伊丹の町は 清酒の発祥の地なのです
古い家なども残っていて 城はもうありませんが 史跡「有岡城」が JR伊丹駅前にあります

公園のあと 古い酒蔵の内部を煮たり お茶をして 改めて自己紹介ではないけれど おしゃべりをしました
始めてお話したのだけれど 同窓生って面白いですね
話し始めたとたんに 異空間っていうか 異時間の空間に行ってしまうのね
HPを見てくれているっていうのも 親しく感じることの出来る大きな要素でしたね


Sさん さそってくれて ありがとう
楽しい時間を過ごせました

HPや Blogのお陰で net上だけでなく 新しいつながりが増えています
していてよかったなぁと おもいました


今回はここまで 

また 日を改めて 伊丹の散策 お届けします

田辺聖子展は 8月27日まで
伊丹市宮ノ前2丁目五番20号
柿衛文庫(かきもりぶんこ) 月曜休館です



ブログランキングに参加しています

  クリック お願いね 


上のバナーをプチッと一押しで 10ポイントがつきます  一日一回有効です 
 

これからも 応援 よろしくお願いします m(__)m



過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する