スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖畔の佐川美術館


先週 滋賀県守山市にある佐川美術館に行ってきました

1998年(平成10年)、佐川急便創立40周年を記念して開館した滋賀県の登録美博物館です
収蔵作品は 日本画家平山郁夫と彫刻家佐藤忠良の作品が中心で 十五代樂吉左衞門の陶芸 楽茶碗を収蔵する新館「樂吉左衞門館」も作られています

水庭(人工池)に浮かぶように平屋建ての切妻屋根の展示館が2棟建っています 
一番奥に見えている屋根は 新館の「楽吉左エ門館」です こちらは展示は地下室です

佐川美術館

ここへは こうべCOOPの店舗の平和学習のバスツアーでやってきました

平山郁夫画伯といえば シルクロードの三蔵法師をテーマにした青い絵で有名です
この美術館にももちろん砂漠を行く隊商の絵はありますが 一風変わった絵があるのです
決して戦場の絵を描かなかった画伯が サラエボ戦跡のがれきの中に立つ子供たちを描いた作品です

では つづきでどうぞ


続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!




続きです
守山市は 琵琶湖の東岸 湖東です
名神高速道路を京都東で降りて 湖西道路真野まで行き琵琶湖大橋を渡り少し南へ下がったところに美術館はありました
隣は守山球場でした


対岸には雪をかぶった山山 たぶん蓬莱山か比良山ではないかしら そこには スキー場があります
この写真は湖東から撮影しています ですから山は湖西です

雪の山

佐川美術館の建物は本当に美しい
少し丸みを帯びた切妻屋根 
丸みをおぼているさまを建築用語で むくり といいますが 柔らかくて暖かい感じがする関西には多い屋根のかたちです

敷地のほとんどが水庭です

佐川美術館館内MAP

入ってすぐ目の前に広がっている人工池には エゾシカが後ろ足で立っていました
エゾシカは札幌オリンピックを記念して作られたとか・・

佐藤忠良 蝦夷鹿1

展示館には 橋を渡って入ります

美術館正面入り口

入って左手には 若い女性像 「萌」がで迎えてくれました

佐藤忠良 萌

右手の水際の通路を奥へと進みます

廊下

蝦夷鹿を正面から眺めることができました

佐藤忠良 蝦夷鹿2

展示室へのエントランスホールです

展示館入り口

ここから先 展示室内での撮影は禁止です

まず 平山郁夫館を見ます

平山郁夫は尾道市瀬戸田出身です 尾道からしまなみ海道を行くのです 井口島という島の生まれです
10年ほど前ですが 井口島に行っています
井口島には向上寺という中国観音霊場札所があり 国宝の美しい五重塔があります

少年時代の平山画伯は向上寺の境内を遊び場所とし 写生をしていたそうです
向上寺の山門のところに平山画伯スケッチポイントとして 少年時代のスケッチが陶板に焼いて設置してありました
左が陶板 右がスケッチした景色を同じアングルで写してみました

平山郁夫向上寺スケッチ

町には 1997年に平山作品の常設展示美術館「平山郁夫美術館」が開設されています
平成29年3月18日(土)~5月21日(日) 「平和の祈り展」が 開催されます
佐川美術館で 見た絵も瀬戸田に行きます

平山郁夫美術館

湿度のある日本の風景 シルクロードの青い夜空とラクダのシルエット 金色に輝く砂漠を行くラクダの隊商
乾ききった風景と 湿度を感じる絵 そういう絵を見て最後のほうの部屋に サラエボ戦跡はありました

サラエボは その昔 第一次世界大戦の発端の地であり 1980年代には冬季オリンピックも開催されたのですが 90年代になって ユーゴスラビアから独立しようとするボスニアヘルツゴッビア それを阻止しようとするユーゴスビア軍とセルビア人勢力がサラエボを長期にわたって包囲し 激しい戦火にさらされました

平山画伯は 1996年4月から5月にかけて、国連の平和親善大使として依然緊張の残るこのボスニアを訪問されました
がれきの山となった街角でスケッチをしていると子供たちが集まってきたのだそうです
子供たちの表情は意外と明るく 済んだ瞳を見て力を感じられたのでした

平山画伯は 広島原爆の被爆者です
中学生の時に被爆してるのです 「戦争の苦しみから生まれる芸術は、泥沼に咲く蓮の花だ。」 この言葉がをよく言われておられたそうです
がれきの中に立つ子供たちの姿が泥の中に咲く真っ白な蓮の花にも見えたのでしょう

すくすくと力強く生きてくれよ こんな戦争のない世界にしなくてはという祈りの思いを込めた絵です

ネットの海にこの絵が漂っていました

平和の祈り 

1996年というと今から21年前です この子たちももう大人になっているでしょう
サラエボの街は今はどういう状態なのでしょうか

ちょっと調べてみましたら観光客も増えているようです

最後にもう一つの水庭風景

中庭の池の中にマントを着た若い女性像 これは佐藤忠良さんの娘である女優の佐藤オリエさんがモデルの作品「冬の像」

冬の像

佐藤オリエさん お若い方は知らないかな

あの有名な「若者たち」(1966年版 TVドラマ  1967年映画)の佐藤オリエ役のオリエさんです
続「男はつらいよ」 のマドンナもしています
すてきな女優さんでしたが 最近は全く見かけません
舞台をされておられるようです

今回は観光バスで行きましたが 電車とバスで行くのには JR堅田駅 または守山駅からバスが出ているようです
本数は少ないです 注意なさってください

このあたりに なぎさ公園というのもあって 菜の花畑と雪をかぶった山の景色が美しいのですが 車でないと行きにくいので行けていません 

最後までありがとうございました

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」 こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G7X MarkⅡ
撮影日時   2017/02/15

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。