重要文化財内子座を見学しました



内子座は 大正5(1916)年 大正天皇即位を祝って商家の旦那衆が建てた芝居小屋です
木造2階建て 瓦ぶき入母屋造りで 回り舞台や花道 升席などを整えた本格的な劇場です

内子座

建設当時 内子は 木蝋や生糸 和紙などの生産で栄えてたといいます
商売繁盛してくると旦那衆は謡などの習い事に励んだりするものです
芸術・芸能に目覚め 愛してやまなくなる  この劇場を建てた人たちも多分そうだったのでしょう

こけら落としの出し物は 人形浄瑠璃だったそうです
娯楽の少なかった時代 人々は弁当持参で楽しんだのでしょう

では 続きで 館内をご案内します

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!



続です

内子座の由来を書いた説明がありました
戦後は映画館として使われ その後 商工会館として使われたのち 昭和57年内子町に寄贈され 修復事業に着手 現在の姿になって今も現役の芝居小屋として使われています
劇場として催しが行われているときは 内部見学ができないのです
空いているときでよかったです

内子座案内

農閑期には 歌舞伎がやってきたのでしょうね
演目が掲げられています

内子座正面 ガラス窓ですね
以前(2008年) こんぴら歌舞伎の金丸座に行ったのですが ガラスはなく 障子でした
金丸座は 天保6年(1835)に建てられた現存する日本最古の芝居小屋です 

内子座は大正初期 やはり新しいものを使っていますね

内子座正面

切符売り場です
入場券は 大人400円 セット券(木蝋資料館上芳我邸、内子座、商いと暮らし博物館共通券)900円
セット券を買いました

内子座切符売り場

入口です

内子座入口

入口入ったところです

時代ですね WI-FI 入っていました
内子座の沿革を細かく記載した木の額が掲げられていました
大工棟梁はだれで 払ったお金はいくらなどというところまで書かれています

そして役者の写真も上がっています
スリッパに履き替えて さぁ 館内見学です

館内通路

入ってすぐ右手の客席です
升席というより木製ベンチみたいです 劇場として使うとき 座布団の升席では困る人も多いので ここに座布団を置いて椅子席にしているようです
長椅子一つに3人のようですよ
見やすいように傾斜もつけてありますね

内子座客席後部

花道です
花道というのは 舞台の下手(観客から見て左側)にある通路のことで ここを通って役者が出入りします
舞台よりの七三と呼ばれる場所に 小型のセリがあり すっぽんと呼ばれています
ここは 妖術使いや 妖怪・幽霊などが出入りする場所です
主役はここから出てきたり 引っ込んだりしません

内子座花道

舞台と平席 升席です
升席とは 木組みによって四角形に仕切った席で 一桝として提供されたので桝席と言われるようになりました 相撲もそうですね
舞台には 回り舞台があります

舞台右手黒い幕のかかっている部分は 義太夫席 義太夫語りがこの中で語ります

内子座 舞台と平席 升席

舞台から見た客席です
正面のガラス窓から光が差し込んで 見事に逆光写真になりました
買って間もないカメラをもっていって操作不慣れなのです 

内子座 舞台から見た客席

舞台から見た客席 上手側
平席の周囲にも桟敷があります

客席上手側

では次は地下に参ります
劇場の地価は奈落と呼ばれています
昔は真っ暗で 地下水がわきだし じめじめとして 地獄みたいなところで回り舞台を動かしていたのです
それで地獄を意味する奈落という言葉が使われるようになりました
「奈落に突き落とされる」なんて慣用語がありますよね

その奈落です

内子座奈落

奈落とはと説明書きがありました
内子座の奈落は 最初はこんなきれいなところではなかったのです
立って歩くのも難儀するような暗くて地下水が出て ひどい状態だったようです
地下水の水位が高くて完全な形の奈落は作ることができなかったようです
その後持ち主が変わったり映画館になったりしましたが奈落は手つかずのママでした
昭和60年の大改修の時にも奈落改修工事は見送られ 平成6年(1994)の第二次大改修の際に現在の形になりました
きれいに整備され 幽霊も閻魔様も出てこない雰囲気です

内子座奈落

ここは回り舞台を動かすところです
人力で動かすのです

内子座奈落

暗かったので フラッシュをたいて 写してみます

内子座奈落 明るい

この途中で切れている柱のようなのを押して舞台を回すのです
上の暗いほうの画像の左手前と 明るいほうに右奥に写っています
何人で回すのでしょうか
この間TVで どこの小屋だったか忘れましたが 回していたのですが 何人もの人がかかっていました

奈落回り舞台した

奈落から無事出まして 次は2階です
二階西桟敷席(下手側)から舞台を見てみますと 3列あるのですが後ろの席からだと 舞台は半分しか見えないですね

内子座二階西桟敷席から

前に出ました よく見えます
次の見学の方が入ってきておられます
舞台に立つと見えを切ってみたくなりますね

二階から舞台を見る

ここは 大向こうと呼ばれている席です
2階正面にい位置する比較的価格の安い席で この席に座るのは常連や芝居通の人なのです
大向こうをうならせるなんて言いますね
また 何とか屋って掛け声をかけるのは大向こう席からなのです
歌舞伎座では 3階の一番後方B席が大向こうになるのかしら
2階正面前列は 一等席です

二階 大向こう席

周囲の客席農上に広告が出ていますが みな昔のものを復刻しています
面白いのがありました 自転車屋さんの広告です
輸入品を売っていたのですね 高級品ですね
どんな自転車だったのかしら

自転車屋の広告

こんなのれんもありました
これはたぶん芸者さんが贈ったものでしょう

内子座暖簾

8月に 内子座では 文楽を上演します
出し物は仮名手本忠臣蔵 
毎年していて今年で20回目とか 竹下景子さんも来るのね

文楽は大阪が本場ですが 観客数が伸びなくて 橋下市長時代に補助金を打ち切ると言われて 文楽協会ももっと文楽を広める営業努力をするべきと発破をかけられたのでした

大阪育ちの私も生文楽は見たことがありません

内子文楽

こんな昔の小屋でする文楽見てみたい気がするけれど 遠すぎます
大阪の文楽劇場にすら行ったことがないのです

内子座 上から下まで 見学してきました

ここで ちょっと おまけ写真 

ここを出てから 内子の保存地区のアンティックの小物を売っているお店で こんなのを見つけました
いつ頃作られたものかわからないのですが 内子座のコーヒーカップです
制作したのはたち吉です 販促賞品でしょうか

この旅のちょっとした記念品になりました

内子座 コーヒーカップ

そして特別大サービスのおまけ画像

ハッピ姿の3美女(ド厚かましい)の登場です
こっぱずかしいけれど 出しちゃえ 恥のかき捨てだわい

内子座舞台の3美女

では では おあとがよろしいようで・・・

次回は 古い商家の建物をそのまま使った暮らしの博物館 お食事処などご案内します

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」 こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね



カメラ機種名 Canon PowerShot G7X MarkⅡ
撮影日時   2016/05/12

関連記事
スポンサーサイト

コメント

乗り鉄でしょうか

四国は歩きお遍路してますが、まだ徳島県内がやっと終わって
次回は室戸岬からですが八十八ヶ所廻るのに何年かかりますかね。

2016/07/26 (Tue) 21:31 | azusa #- | URL | 編集
azusaさんへ

はい どちらかというと乗り鉄でございます
撮り鉄ではありません
歩き遍路されておられるのですか 
私は中国地方の33観音はバスで回りましたが お四国さんは 回っていません
道後温泉のすぐ近くにもお寺がありましたが 行っていないです
私は建物がすきなのです で今回のは城と温泉本館と内子座が目的地でした
それと乗ったことのない路線 航路に乗れるのが楽しみでした

2016/07/26 (Tue) 21:48 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する