スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー歌舞伎「ワンピース」 観てきました


3月に入って ぽかぽか陽気になりましたね

大阪松竹座で上演中のスーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」 行ってきました
感想を 一言でいえば 

「めっちゃ 面白かったよ」

歌舞伎の扮装はこんなのですよ

ワンピース扮装

中央の二人が市川猿之助 ルフィーとハンコック 早変わりがありましたよ

続きでほかの写真も見てくださいね

続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!

続きです

大阪での歌舞伎は道頓堀の松竹座で上演します
松竹座は 大正12年竣工の 日本初の鉄骨・鉄筋コンクリートの映画館 でした

1997年(平成9年)2月に、外観を残しつつ最新設備を備えた劇場として新築開場して おもに歌舞伎 松竹新喜劇 歌劇 商業演劇を上演しています
グリコの看板のすぐ近くです

松竹座

原作が人気漫画ですので いつもの歌舞伎の観客だけでなく若い人がたくさん来ていました
開場まえに こんな行列が出来ました

行列

指定席なのにどうして行列するんだろうと思っていたら グッズを買うので早くから並んでいるのだそうです
グッズといっても歌舞伎の手ぬぐいやらセンスではなくて ワンピースのグッズです
2階ロビーにグッズがいろいろ売っていました
私は漫画のイラストのトートバッグやハンカチまず持たないから 買いませんでした

客席に入ると舞台の上には ルフィが いました
いつもと雰囲気が大いに違います

開演前ですから 座っていない人もいますが 大入り満員でしたよ

客席1

上演中の写真撮影はご遠慮くださいなのです
幕間の撮影 これはOKです
案内の方に確認しました

若い人で初めて歌舞伎に来た人も多くスマホで写していましたよ

いよいよ始まりました

音楽 映像 レーザービームみたいな光 斬新な衣装 まるでAKBみたいなのもありましたよ
漫画も読んだことがなく どんなストーリーかも全く知らずに見に行ました
長い漫画だから少し読んだぐらいではわからないだろうと開き直ったのです
でも ちゃんと従来の歌舞伎ファンにもわかる様に解説のような語りも入って 楽しめました
 一幕が終わって 幕が引かれました  

あらまぁ ビックリポン です
特別あつらえの定式幕でした

客席2

持って行ったサンドイッチを食べてから 番付(公演の解説本 配役やらストーリーの紹介が書いてあります)を眺めて 少しお勉強しました

2幕目は も 大立ち回りあり 笑いあり 宙乗りあり 滝みたいに水が流れたり もうハチャメチャ」 なんでもありぃの世界です
エンターテインメントに徹していました

お待ちかねの宙乗り 猿之助は サーフボードに乗って たっぷりと サービス満点 楽しませてくれました
この場面には ゆずの北川さんのつくった曲[TETOTE」がずっと流れています
手拍子 OK うたっても OK 立ち上がってもOK
まるでライブ会場のノリ そういうのを目指したそうです

客席通路にも役者が出てきまして 私はハイタッチしました
中学生のころよく行っていた宝塚歌劇もこんな感じだったなぁと懐かしく思い出しました

TVでおなじみの平岳大さん エースの役で出演です 男前 かっこいいわぁ~~
東京公演は福士さんだったそうですが 私は 平さんがいいです

大河真田丸では 早々と自害してしまって がっかりだったけれど 平さん ほんま 男前で カッコ良かったです
お父さんの平幹さんよりも甘いけれど 舞台で見るとやはりよく似ていますね 

若手の俳優さんは元気よく生き生きと演じていましたが ご老体方も この海賊世界をなんだか楽しんで演じておられるように感じました

まるでプールのような階段状の滝 どれだけの水を使ったのか その中での大立ち回り ビニールを敷いた舞台はびちょびちょ
 水遊びの子供のように ざぶんざぶんと水の中に飛び込んでいました
一階の前のほうの席の観客はみなビニールのカッパを着ています

2幕後の客席 ビニールの河童を脱いで片づけていますよ
それにしても to be contineud には びっくりしたなぁ もう

客席3

後ろの幕にクジラかなぁ 大きな魚が描いてありますねぇ

あれが立体になって 客席上空を泳いだんです ネタバレしちゃいました
大阪梅田のへっぷファイブの赤クジラ見たいでした

3幕目は きっちりお芝居でした
猿之助は この幕ではまた別の海賊の姿で現れました
一人3役 でした

女役の時には まるで紅白の小林幸子のようにせりあがって大きな衣装になりました
とっても 楽しかったです

11時に始まって 終わったのが3時15分 途中休憩55分を挟みますが 長丁場です
この日はマチネーもありましたから 役者って本当に大変ですねぇ
週に4回は2回公演です 一公演が終わったら痩せるでしょうね

すごい人気で チケットはあっという間に売り切れたとか・・
私は生協で回ってくるのでそれで申し込んでいます
生協が毎日一定数の席を貸し切っているのです
申し込み多数の場合は抽選になりますが 今まで外れたことはないです

終演後 ロビーで こんなのを見つけました
ルフィのフィギュア 25センチぐらいだったかな

ルフィ 

予約販売だそうですよ 販売価格:16,799円 
ほしい人は バンダイのこのサイトから どうぞ
7月下旬発送予定ですって
5月人形には間に合わないね

スーパー歌舞伎 ちょっとお高いけれど 楽しんできました

6月には 博多座で公演予定です

歌舞伎を見に行くのは年に一回か2回ですね
シネマ歌舞伎と言って 舞台を映像化したものを月イチ歌舞伎として上映しますのでそれを見に行ったりします
今 神戸国際で11日まで「棒しばり」しているのだけれど 一寸今週は立て込んでいて行けそうもないです
これ見たかったんだけれど・・ 残念です

追記

うれしいニュースです
3月14日 「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー '15/第21回AMDアワード授賞式」において、スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』が、優秀賞を受賞しました。

海外でも大人気の冒険マンガを、歌舞伎という伝統的な様式美の世界に再現させた。
コンピュータグラフィックスやプロジェクションマッピングという最新技術を取り入れる一方、早替りや宙乗りなどの歌舞伎の技法を融合させた演出は観客の度肝を抜いた。若者や外国人を集めることにも成功している。その独創性を評価」されての受賞となりました 歌舞伎公式サイト「歌舞伎美人」より 引用


では今日はここまで 
 ありがとうございました


ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」 こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね




カメラ機種名 Canon PowerShot S120
撮影日時 2016/03/03



関連記事
スポンサーサイト

コメント

すごい!

めっちゃ面白かった、とTOSSYさんに言わせるなんて、
そのことで素晴らしさを実感します(笑

2016/03/08 (Tue) 09:31 | おやつかいじゅう #- | URL | 編集

読ませてもらっているだけでも、たのしめるのに舞台をみておられるのですから、楽しかった事でしょう。うらやましい!

2016/03/08 (Tue) 17:12 | えっちゃん #- | URL | 編集
おやつかいじゅうさんへ

どんな話かも一切の予備知識なく ぶっつけで行ってきました
歌舞伎は辛気臭い心中ものなんかより こういうのが好きです
若い男前が出るのが好きです

2016/03/08 (Tue) 18:24 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
えっちゃんへ

楽しかったですよ
昔から演劇はすきなのです
中学高校のころは宝塚
文学座を見に行っていたこともありました
コンサートも好きでよくいきました
今は 歌舞伎が気に入っています

2016/03/08 (Tue) 18:29 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集
No title

え~~~ 
 歌舞伎で「ワンピース」!! 
 斬新!! 
 いまは こういいのやるのですか 
 へ~  驚いた!
 
 緞帳も「ワンピース」
 今風のレザーマッピングとか
 観客はみなビニールのカッパ 
        わ~ たのしそ~~

 私 歌舞伎って見たころがないのです。 
 近くで お手軽価格で 講演やっていたら
 絶対 いちゃうなぁ~ 
 ふつ~の歌舞伎はちょっと 敷居が高そうですが
 これなら 抵抗ないっていうか
 むしろ興味もちゃいますよ。
 へ~ 歌舞伎も変わったね! 

応援P~☆

2016/03/17 (Thu) 01:56 | kei #CvGXsNjo | URL | 編集
keiちゃんへ

まぁ keiちゃん おひさしぶりでございます
すっかりご無沙汰してしまってごめんなさいね
最近はBLOGも 開店休業で時々思い出したように書いています

これは普通の歌舞伎ではなくて スーパー歌舞伎という一つのジャンルなのです
先代の市川猿之助(香川照之の父親)が 1986年に始めた現代風歌舞伎です
古典芸能化して テンポは遅いし 何言っているのかわからない従来の歌舞伎とは違ってテンポが速く 舞台装置も大がかりで 必ず宙づりがあるけれんたっぷりの演劇です
三代目猿之助病気のため 甥市川亀治郎が4代目をつぎ 今は4代目のスーパー歌舞伎です
面白くてわかりやすいですが 料金は高い・・・

舞台は 地方を回るかどうかはわかりませんが 月イチ歌舞伎と言って シネ歌舞伎があります
これなら舞台を映像にしたのを大スクリーンで 2100円で見ることができます
ワンピースは ありませんが 若手俳優の『歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉』を6月にします
舞台みていますが 面白かったです
群馬は伊勢崎のMOVIX伊勢崎でするようです

ワンピースは 「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー '15/第21回AMDアワード授賞式」で優秀賞を受賞したそうです

映像化されたら もう一度見たいです

 

2016/03/18 (Fri) 01:11 | TOSSY #mXJ0wlpU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。