近代建築めぐり 関西学院


わが西宮市は文教都市として人気の高い街です
公民館の近代建築めぐりで 映画「阪急電車」でも登場した 素敵なキャンパス ヴォーリズ建築の関西学院に行ってきました

関西学院は 1889年 神戸原田の森に神学部と普通学部だけの小さな学校として誕生しました
小さな学校から発展をつづけ 1929年に西宮市上ヶ原に移転しました
そして ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計したクリーム色の壁に赤い屋根のスパニッシュミッション様式と呼ばれる威圧感のない校舎です
 今もその校舎は使われていて その後新しく建てられた校舎も その建築様式を模したものにした統一感のある美しいキャンパスです 

以前に 大学祭の様子をご紹介したことがありましたが 今回は 夏休み期間中でしたので学生の姿もほとんどなく 建物をゆっくりと眺めることが出来ました

関学と言えば 時計台とその前に広がる中央広場 いかにもミッションスクールらしい雰囲気です
正門から少し入ったところから写しています

関西学院

この日は 朝から雨で 関学についたとき雨は上がっていましたが 曇っていました

では 続きでヴォーリズ建築をご覧くださいね


続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
続きです

今回の公民館活動は 大人のバス研修 モダニズム建築の探訪ということで 神戸女学院 関西学院 夙川カトリック教会に行ってきました
夙川は前回 書きまして 今回は関西学院です

設計したW.M.ヴォーリズについて簡単に説明しておきますね

アメリカ人で 明治38年(日露戦争の翌年)近江八幡商業学校に英語教師としてやってきました
キリスト教伝道に熱心すぎたために教師を解任 解任された後も 八幡に留まり 建築の仕事をはじめ また メンソレータム販売の会社を起こした人です
大正末期から昭和初期にかけて 住宅はじめ教会や学校 商業施設など1500を超える建築を全国に残しています
年末で閉鎖し建て替えが決まっている大阪心斎橋の大丸百貨店もヴォーリズ建築です

私はなぜかこの人の建物が好きで 滋賀や京都 大阪 あちこち見に行っています
関学も一度写真を写しに来ていまして 再訪です

まず トップバッターは 
① 学院本館

学院本部

2階に旧院長室があります 非公開です

② ランバス記念礼拝堂

ランバス記念礼拝堂

創立70周年を記念して建設され 学院のキリスト教行事やコンサート また卒業生を中心とした結婚式にも使用されています
プロテスタントの教会なので 内部は 簡素な作りです

③ ベーツ館

ベーツ館 外国人住居一号館

上ヶ原移転当時に キャンパスの北に10軒の外国人住宅が建築されました
東端の一号館は 第4代院長のC.J.L.ベーツの住居であったことからベーツ館とも呼ばれています
現在は ゲストハウスとして使われています

④ 神学部

神学部

中央芝生広場の左側に立っています
塔屋には 他の学部にはない十字架があります
夕日が当たると美しいのです

関学 神学部

⑤ 文学部

文学部

神学部の隣に並んで建っています
神学部の入口に比べるとやわらかい雰囲気ですね
入口の小屋根の上にも赤い瓦が乗っています

芝生の中央広場 いかにもミッションスクールという雰囲気です
学生時代という歌を思い出してしまいそう・・・
正面左側は 経済学部です

中央広場

右側が 関学の象徴 時計台
図書館として長く使われていましたが このたび関西学院大学博物館としてオープンしました
時計台の中に入ってみましょう

⑥ 時計台 関西学院大学博物館

関西学院大学博物館

平常展で「ー新制中学部の誕生と草創期ー」というのをしていました
第二次戦争終結後の1947年 学制改革にしたがって新制中学を創立 これまであった旧制中学とは全く別組織として作られたそうです 

博物館入口から広場を見れば こんな風景 海まで見える?
曇っていたからよくわからなかったのですが たぶん見えるでしょう

右側の建物は中央講堂 125周年記念の講堂ですから新しい建物ですが 古い建物と違和感なく立っています

中央広場

時計台の左側(正門から見て)は 経済学部です

⑦ 経済学部

経済学部

広場に面して建っている校舎は 移転当時からあった学部です
今はどうか知りませんが 私たちの受験時代は 経済学部が一番難しかったのです

次は ちょっと雰囲気のとがうモニュメント ヴォーリズとも無関係です

⑧ 旌忠碑 せいちゅうひ と読みます

旌忠碑

中央講堂東側の広場に立つ記念碑で 1940年に建てられています
日中戦争の本格化とともに 学生 教職員に応召が相次ぎ 犠牲者も出始めたことから 学校 同窓会 学生会で慰霊碑を建立しました
石碑には碑文と日清戦争以降の学院関係戦死者168名の氏名が刻まれています

「旌忠」とは国家に対する忠義を顕彰することを意味し、碑の前面には神武東征を象徴する八咫烏の図像が配置された当時の時代背景が反映されたおよそミッションスクールの校内にあるものとは思えない記念碑です

この碑が建てられた1940年暮れには 学院長が帰国 他の外国人宣教師も 翌年春までにはすべて帰国という事態になったのです

カタカナ名前の学校は校名も変えたのでした
そんな時代を忘れないように この碑は この学校には全く似合わないけれどこうして 今も存在しています
そして由来を書いたプレートも設置されていました

⑨ 商学部

商学部

⑩ 大学院一号館前門柱



原田の森キャンパスから移築されたもので 歴史的な意味を持つ門柱です

同じく 原田の森から移築された建物 ハミル館

⑪ ハミル館

ハミル館

不思議な形をした建物です 
多角形です 今も使われているのですが 正直使い勝手がいいとは言えないとか・・
部屋の角が直角でないから隙間ができるのね

ハミル館内部

この日は それぞれ好きなところでお昼をすることになっていました
学食もいろいろあって 生協のしている店 少し高級なステーキレストラン ケンタも校内に学食として店舗があったり まぁ変化にとんでいます
夏休み中ということで 関学会館(同窓会会館)内のレストランポプラに行ってきました
ここは宝塚ホテルが経営していておいしいのです
以前にディナーに行ったのを写真アップしたことがあります 「関学会館レストラン「ポプラ」でディナー」
今回は 月替わりのお弁当をいただきました 1080円でした
学食よりは高いですが 手ごろな価格で おいしいでした

関学会館 日替わり弁当

レストランの窓から 外国人住宅がみえるのです
左が関学会館 レストランは一階にあります 

ポプラ

長くなりましたが 最後までありがとうございました

関学は 自由に校内に入ることが出来ますし 校内の食堂はどこも一般人も利用OKです
ただし 日曜祭日や 店によっては土曜日もしていないところがあります
また 春夏冬の休み期間は しまっています
この日もステーキレストランの三田屋は閉まっていたそうです
関学会館はそういうことはないのですが結婚式などもしますので貸切の日も結構あります
行く前にチェックが必要ですね

大学祭は
関西学院 上ヶ原キャンパス 10月31(土)~11月3日(祝) です

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね




カメラ機種名 Canon PowerShot S120
撮影日時 2015/09/09

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する