近代建築めぐり 夙川カトリック教会


随分と長く休んでしまいました
8月の終わりから9月にかけて 気候が不安定で たぶん夏の疲れがでたのでしょう 体調もあまりよくなくてなんだか書く気力がうせてしまいました
なんにもしたくない病ですね
だらだら ぼんやりしていました

9月中旬になってからは 以前から予定していた市民対象の遠足とか防災講習会 友人のコンサート とかいろいろと頑張って参加してきました

急にあっちこっち動き回って疲れたのか 連休前から風邪をひいてしまって 連休の予定はすべてパー
薬を飲んで休んでいました

そんなことで一か月ぶりの更新です

9月9日 公民館活動で市内の近代建築をめぐるミニバスツアーに参加してきました

まず W.M.ヴォーリズ建築の神戸女学院(12棟が国の重要文化財に指定)の 講堂 チャペル 図書館 中庭 を見学し 少し離れたところにある関西学院大学へ こちらもヴォーリズの設計した美しいキャンパスです
お昼は 関学の同窓会会館のレストラン’ポプラ’でランチをして 午後は カソリック夙川(しゅくがわ)教会へと向かいました

神戸女学院も関西学院大学も 同窓会会館のポプラも すでにこのBLOGで紹介済みですので 今回は カトリック夙川教会をご案内します

この教会は 1921年西宮市の別の場所に設立され 1932年4月にこの地にネオゴシック様式の聖堂が落成しました

夙川カトリック教会

聖堂は聖女テレジアに献げられ 「幼きイエズスの聖テレジア教会」とも「小さき花の聖テレジア教会」とも呼ばれます
正面も両サイドにもステンドグラスのある教会です さぁ なかへ・・・


続きに行く前に いつものお願いです

ブログランキングに参加しています  応援してくださいね

バナー または こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

 今日も 応援 ありがとうございます m(__)m 

応援クリックは 一日一回 有効です
毎日クリックしてくださったら もう とびはねて喜びます うれしい!





続きです

この教会の建っている夙川は 20年前の阪神大震災では 激震地で たくさんの建物が倒壊しました
そんな中で奇跡的に教会は倒壊は免れました

上の写真の向かって左下に 黒っぽいものがありますね これ↓

屋根の棟飾り

これは陶器で作られた屋根の棟の飾り物で これが聖堂の屋根の棟の上に20個ぐらいずらずらと並んでいたのが落ちたのです
とっても重くて ほとんど割れてしまったのですが これは記念に玄関前に置いてあるのです

では 入りましょう

両サイドステンドグラスの窓から 明るい光が さんさんとさして とって美しい光に包まれた聖堂の内部です

カトリック夙川教会内部

この日 午前中は雨が降っていて 昼頃に上がったのです
でもまだ光はそんなにさしていなかったのですが 教会についたころお日様が現れたのです
曇っていたら こんなに美しい光にはお目にかかれなかったのです

聖堂内部

聖堂ステンドグラス

ガラスは つるっとしたガラスと凸Bしたガラスが使われていました

聖堂ステンドグラス

後ろを振り向くと 聖堂の玄関の上のバラ窓のステンドグラス
ここは中2階のようになっていて あの大震災の1か月前に ここにパイプオルガンを設置したのだそうです
激震でパイプオルガンは修復不能に壊れてしまいました

それ以来 パイプオルガンはないままです

聖堂内部後方のステンドグラス バラ窓

聖堂正面は 中央に十字架 右に聖テレジアと子供たち 左に聖母マリアのステンドグラスが配されています

聖堂正面

聖テレジアと一緒にいる子供たちは この教会が建てられたしその当時の子供たちの姿を現しています
昭和初期の阪神間の良家の子女の姿なのでしょう

マリア様と 聖女テレジア

見慣れないものがありました
これは昔の説教壇 今はもう使っていないそうです

説教壇

教会には 尖塔があります

夙川カトリック教会

この尖塔は 鐘楼 カリヨンが設置されているのです

上がっていきました ステンドグラスの光があふれていました

尖塔内部

カリヨンとは 建築物に演奏用の鐘を組み込んだもので鍵盤で演奏します

鐘楼2階のカリヨン展示室は狭くて大勢の人が入ったので写真写していなかったのです
昨年 西宮まちたび博というイベントをした時の写真が 観光協会のBLOGにありましたのでちょっと拝借しました

カリヨン室

鐘楼の上層部分には、11個の鐘からなるカリヨンが1932年(昭和7年)以来設置されています
実物のカリヨンは見学できませんが、練習用の小さなカリヨンがあって それをひきました
このカリヨン展示室では、パネル写真等で夙川カトリック教会の歴史的にも美術的にも素晴らしいカリヨンを紹介しています

カリヨンは 朝 昼 夕べと毎日鳴らされるのだそうです
夕べの鐘は5時ごろ ミレーの晩鐘は夕べの鐘をきいてお祈りをしているのだそうです
電車で二駅ですので いちど鐘を聞きに行ってこようかななんて思っています

この教会は あの遠藤周作氏が子供のころ洗礼を受けた教会なのです
大変ないたずら坊やだったらしくて このカリヨンの塔にも上ったそうです

この教会は 設計施工ともに日本人による建築物です
きっちりと耐震工事をしていつまでもこのかわいい聖堂から鐘の音が聞こえるといいですね

余談ですが JR伊丹駅前にもカリヨンが設置されています
こちらのカリヨンは塔はモダンな形ですが ベルギーから送られた本格的なもので 大小43個の鐘を手動バトン(鍵盤)により4オクターブの音色を奏でることができます。
カリヨンコンサートも行われます
今年は 「フランドルの鐘の日」記念演奏 11月9日(月) 午後1時30分~2時15分 荒天の場合は中止 延期なしだそうです

これ行ってみようかな

ランキング応援クリック まだの方 良かったらしていってくださいね

こちら FC2ブログランキングを プッチンと クリックしてね

花日記「今日の花」は 毎日更新をしています  こちらもよろしければ見てくださいね

過去の記事 一覧は こちらで 見ていただけます お時間のある方は どうぞ


当BLOGで使用している写真 動画の複製 無断使用 お持ち出しは ご遠慮くださいね




カメラ機種名 Canon PowerShot S120
撮影日時 2015/09/09
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する